劇中とは? わかりやすく解説

げき‐ちゅう【劇中】

読み方:げきちゅう

上演されている劇のなか。「—の人物


劇中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 14:07 UTC 版)

綾波レイ」の記事における「劇中」の解説

『序』での描写旧世紀版から大きな違い見られないが、割れたゲンドウ眼鏡保管携帯している描写がある一方ヤシマ作戦終了後シンジ救出に来るシーンではゲンドウ思い出カットなくなりシンジ差し伸べた手にレイが手を重ねカット追加されている。 『破』ではシンジの手料理心を動かされたことをきっかけにシンジゲンドウの距離を縮めるために食事会企画する登校して教室に入る時に「おはよう」と挨拶したり、声をかけてきたシンジ微笑みながら応対する3号機起動実験テストパイロット代わってくれたアスカ電話礼をいうなど、旧世紀版以上に人間らしくなってゆくエレベーターアスカ会話するシーンでは、「(自分にエヴァしかないけれど)あなたにエヴァ頼らない生き方がある」と話しかけ平手打ち旧世紀版とは違い手で受けている第10の使徒襲来に際してはシンジ捨てたS-DATコクピット持ち込み、「碇くんがもうエヴァ乗らなくていいようにする」と口にするなど、彼女にとってシンジ大切な存在になっていることがより明確に描写されている。N2兵器抱えて特攻試みるも失敗し零号機ごと捕食吸収されてしまうが、シンジ覚醒した初号機によってサルベージされ、後に初号機からシンジサルベージされた後も初号機内部で保存されることになる。 『シン』Dパート初号機プラグ内にて髪のずっと伸びた姿で再登場し、アディショナルインパクト発動後、仮想世界スタジオでエヴァ乗らない生き方もある」「(そのためにエヴァがなくてもいい世界書き換える」とシンジに諭され「ありがとう」握手をして現世に還っていったその後書き換えられた後の世界ではシンジとは対岸ホームカヲルと話をしているレイらしき人物後ろ姿描かれている。

※この「劇中」の解説は、「綾波レイ」の解説の一部です。
「劇中」を含む「綾波レイ」の記事については、「綾波レイ」の概要を参照ください。


劇中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:59 UTC 版)

コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事における「劇中」の解説

クシャナ率い親衛隊旗艦クシャナ搭乗艦として物語序盤から登場しペジテ市から逃走したブリッグ (大型貨物飛行艇) の追跡辺境諸国ガンシップ先導バカガラス (大型輸送機) の船団護衛などに当たったアスベルの操るペジテ市ガンシップ交戦した際は当初は銃座から射撃を行うばかりで護衛していたバカガラス甚大な被害を受けるが、クロトワが操縦代わったことで見違える動き見せ以降戦闘での局面ではクロトワが主に操縦桿握った艦隊壊滅後単独で腐海南進途中土鬼 (ドルク) のサパタ付近活動していた第2軍のバムケッチ2機と交戦した。1機は不意を突く形で撃墜し、2機目はドッグファイトの末撃墜した機動力に勝る相手だったが、クロトワの高い操縦技術がこれをカバーした。これにはナウシカ同乗している。物語前半多くの場面登場して活躍したが、最後トルメキア占領中のサパタ着陸中に土鬼飛行船砲撃を受けて大破炎上火薬引火して爆発起こしたエンジンはクロトワによって回収されている。その後土鬼カボへの移動際に将軍所有だったケッチ用いた

※この「劇中」の解説は、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の解説の一部です。
「劇中」を含む「コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事については、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の概要を参照ください。


劇中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:59 UTC 版)

コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事における「劇中」の解説

序盤クシャナ率い艦隊護衛機として登場している点は漫画版共通ながら、クシャナ搭乗せず旗艦としては扱われていないのが大きな違いとなっている。また兵隊装甲兵ではなく軽装強襲兵で、風の谷急襲した際は後部の開口部から城に兵士乗り移るなど、強襲揚陸艦の様働きもした。 中盤ペジテ市ガンシップ交戦した際は機動性に劣るのか苦戦 (漫画版異なりクロトワは搭乗していない) 、バカガラス乗っていた装甲兵苛立たせている。最終的にはアスベルナウシカに気を取られ隙にロケット砲撃墜するものの、艦隊バカガラス全滅してしまった。 物語後半では単艦で作戦行動をとり、遭遇したペジテ市ブリッグ砲撃加えたり押し付けたりするなどの攻撃行い後部開口部からロープ伝い兵士乗り移らせてブリッグ接収試みた。またブリッグからメーヴェ脱出したナウシカ追い回す。しかし風の谷ガンシップ遭遇真正面から砲弾を受けて撃墜された。

※この「劇中」の解説は、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の解説の一部です。
「劇中」を含む「コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事については、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の概要を参照ください。


劇中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:59 UTC 版)

コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事における「劇中」の解説

物語中盤から終盤にかけて3回登場しており、少なくとも2機から3機の存在確認できる最初カボ駐屯するトルメキア第3皇子搭乗艦として登場部隊からバカガラス接収目論むクシャナ作戦信号旗発砲による警告頓挫させ、さらにクシャナとクロトワが乗ったケッチ体当たり、これを大破させた。しかし (むし) の襲来からの逃走失敗空中破壊され墜落した2回目上述した経緯で行方不明となった第3皇子捜索単機で行う様子描写されている。クシャナが「兄の船か」と呟くが、具体的に誰が乗っていたかの描写は無い。墜落地点風の谷ガンシップ遭遇砲火浴びせる反撃出たガンシップから翼の付け根攻撃され炎上し、煙を噴いて逃走した3回目は第1・2皇子搭乗艦、艦隊旗艦として登場土鬼聖都シュワ目指し道中巨神兵遭遇した時に進路妨害され巨神兵と共にいたナウシカ人質に取り、巨神兵を操ろうとした。その後ナウシカ呼びかけ応じた巨神兵より上装甲破壊されナウシカ2人皇子さらわれた上に巨神兵艦隊近くの空に向かい威嚇射撃をした為、逃走した2回目ガンシップ攻撃され機体別のもの。

※この「劇中」の解説は、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の解説の一部です。
「劇中」を含む「コルベット (風の谷のナウシカ)」の記事については、「コルベット (風の谷のナウシカ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「劇中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「劇中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

劇中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



劇中のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの綾波レイ (改訂履歴)、コルベット (風の谷のナウシカ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS