発動とは? わかりやすく解説

はつ‐どう【発動】

読み方:はつどう

[名](スル)

動き始めること。活動を始めること。「情意の―」

悪人にもなお純善なる良心ありて、時にする事あり」〈逍遥小説神髄

事件など処理するために、法的権限行使すること。「強権を―する」

動力起こすこと


発動

作者佐藤大輔

収載図書想定状況
出版社徳間書店
刊行年月2005.3
シリーズ名徳間文庫


発動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 09:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「発動」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「発動」を含むページの一覧/「発動」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「発動」が役に立つかもしれません。


発動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 05:39 UTC 版)

イデ」の記事における「発動」の解説

「発動」とは、“イデ”の最期の切り札ともいうべきエネルギー放出を指す。イデ最終発現とも言われる。“イデ”が発動すると、その瞬間地球バッフ・クラン全ての人類、宇宙消滅し全人類の意志であるメシア先頭にして新し宇宙へ旅立つのである。これは両星の人類を融合させて、アメーバ人間という過程を経る人類の進化再度繰り返させるめである理論上無限のエネルギー有するイデ”だが、この発動を最期まで使用せずにいた理由は、それは発動を行った場合、“イデ自身消滅しない、ギリギリの線までのエネルギー放出しなければならないからであり、発動を行えば、“イデ”はエネルギー充填の為とても長い休息必要とされるばかりか新しい星において、必ずしも善き進化をするという保証もない人類再生をまた億という単位年月待たなければならない。“イデ”にとっての発動とは、最期の切り札というばかりでなく、賭け局面併せ持っているのであるTVシリーズ39話「コスモスに君と」で、イデはカララ・アジバとイラ・ジョリバをドバ・アジバがいるバイラル・ジンまでワープさせた。しかし交渉決裂し、アジバはカララ異星人の子身籠った事を知り激昂自分の手で殺害しようとする。カララもまた自分の子どもを守る為、父親であるアジバを殺害する決意宣言するその後カララとジョリバは小型機脱出中にビーム撃墜されるが、カララお腹の中赤ん坊の力でバリアー張った事により生還するお腹から輝き放射するカララ微笑んでコスモ脱出促しイデオンと共に帰投する。そしてアジバは「全艦追跡しろ!宇宙の果て果てまで追いかけてでも、ロゴ・ダウの異星人の船を叩け!」と追撃命令出したその瞬間である。イデの発動が起こったのは。イデ与えたドバカララ親子対面こそ、最後のチャンスだったのだが、人々お互いにそれを拒否した結果イデはその無限力解放していき、イデオン自身含めた全て因果地平彼方に吹き飛ばしてしまった。

※この「発動」の解説は、「イデ」の解説の一部です。
「発動」を含む「イデ」の記事については、「イデ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発動

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:01 UTC 版)

名詞

はつどう

  1. 事件などを処理するために法的権限行使すること。
  2. 動力起こすこと。
  3. 動きはじめること。活動起きること。

発音(?)

は↗つどー

動詞

活用

サ行変格活用
発動-する

「発動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「発動」に関係したコラム

  • FXのIFDでの注文方法

    FX(外国為替証拠金取引)のIFDとは、注文時において、決済価格も同時に指定する注文方法のことです。IFDは、IF DONE、イフダンともいいます。FXにおける注文には成行、指値、逆指値の3つの方法が...

  • 株365の注文方法

    株365では、投資家が有利に取引できるように次のような注文方法が用意されています。▼成行注文価格を指定しないで、相場の価格に従って注文を出す方法です。成行注文ではすぐに約定したい時に用います。相場が大...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発動」の関連用語

発動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイデ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS