ギリギリとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ギリギリの意味・解説 

ギリギリ

限界に近いこと。限度すれすれであること。「ギリギリで間に合った」などと使われる。「ぎりぎり」という風に平仮名で書かれることが多いが、特に限度いっぱいであることを強調したい場合などに、しばしば「ギリギリ」という風にカタカナ表記されることがある漢字で書く場合は「限り限り」。

ぎり‐ぎり

頭頂にあるつむじ。転じて、頭の頂上

爪先(つまさき)より―まで打ち込み」〈浄・宵庚申


ぎり‐ぎり

[副]

物が強く擦れ合う音やそのさまを表す語。「歯をぎりぎり(と)食いしばる

強く力を入れるさま。また、強く巻きつけるさま。「ひもでぎりぎり(と)縛る」

気がいらだつさま。

「もう―して来た葉子は剣を持った声で」〈有島或る女


ぎり‐ぎり【限り限り】

[名・形動限度いっぱいで、それ以上余地がないこと。また、そのさま。副詞的にも用いる。「しめきり限り限りに間に合う」「経済的に限り限りな(の)状態で生活する」「限り限り許容できる線」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギリギリ」の関連用語

ギリギリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギリギリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS