或る女とは?

あるおんな〔あるをんな〕【或る女】

有島武郎(ありしまたけお)の長編小説大正8年1919)刊。自我目覚めた女、早月葉子(さつきようこ)が、旧弊周囲反抗して奔放生き、ついに自滅する姿を描く。


あるおんな あるをんな 【或る女】

小説前後二編。有島武郎作。大正八年一九一九)刊。ヒロイン早月葉子近代的自我にめざめながらも社会受け入れられず、自滅してゆく半生を描く。


或る女

作者有島武郎

収載図書大正結婚小説
出版社おうふう
刊行年月2005.9

収載図書朗読文学のしずく」 第6巻
出版社中経出版
刊行年月2007.9
シリーズ名楽書ブックス


或る女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 08:28 UTC 版)

或る女』(あるおんな)は、有島武郎大正時代に発表した長編小説。


  1. ^ 秋庭功『ポプラ物語 北海道のポプラの父─森廣』(文芸社、2004年)


「或る女」の続きの解説一覧



或る女と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「或る女」の関連用語

或る女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



或る女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの或る女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS