フェミニズムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > フェミニズム > フェミニズムの意味・解説 

フェミニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 14:48 UTC 版)

フェミニズム: feminism)とは、女性解放思想、およびこの思想に基づく社会運動の総称であり[1]、政治制度、文化慣習、社会動向などのもとに生じる性別による格差を明るみにし、性差別に影響されず万人が平等な権利を行使できる社会の実現を目的とする思想・運動である[2][3]。女権拡張主義、男女同権主義などと訳されることもある[1]




  1. ^ a b c 井上輝子, 上野千鶴子, 江原由美子, 大沢真理, 加納実紀代, ed (2002). 岩波 女性学事典. 岩波書店 
  2. ^ 1952-, Hawkesworth, M. E., (2006). Globalization and feminist activism. Lanham, Md.: حRowman & Littlefield. ISBN 074253782X. OCLC 62342167. https://www.worldcat.org/oclc/62342167 
  3. ^ Chris., Beasley, (1999). What is feminism? : an introduction to feminist theory. London: Thousand Oaks, Calif.. ISBN 9781446210420. OCLC 731677122. https://www.worldcat.org/oclc/731677122 
  4. ^ Richards, Anna; Weedon, Chris (2008-07-01). “Gender, Feminism, and Fiction in Germany, 1840-1914”. The Modern Language Review 103 (3): 896. doi:10.2307/20467993. ISSN 0026-7937. https://doi.org/10.2307/20467993. 
  5. ^ Condorcet, « Lettres d’un bourgeois de New-Haven à un citoyen de Virginie sur l’inutilité de partager le pouvoir législatif entre plusieurs corps ». Œuvres de Condorcet publiées par A. Condorcet O’Connor et M. F. Arago, tome neuvième, Paris, Firmin Didot Frères, 1847.
  6. ^ 武藤健一「コンドルセの女性参政権論 : 「女性の市民権の承認につ いて」を中心に」『一橋論叢』第112巻第1号、一橋大学、1994年7月1日、 152-169頁。
  7. ^ a b c エステル・フリードマン『フェミニズムの歴史と女性の未来-後戻りさせない』西山惠美・安川悦子訳、明石書店、2005年。ISBN 4750320595
  8. ^ 在日アメリカ合衆国大使館. “第5章「西への拡大と各地域の特徴」”. 米国の歴史の概要. 2015年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月26日閲覧。
  9. ^ 1848 : la révolution des femmes” (フランス語). www.lhistoire.fr. 2019年7月9日閲覧。
  10. ^ ベティ・フリーダン『新しい女性の創造』三浦富美子訳、大和書房、2004年。
  11. ^ Setch, Eve (2002). "The Face of Metropolitan Feminism: The London Women's Liberation Workshop, 1969-79". Twentieth Century British History. 13 (2): 171-190. doi:10.1093/tcbh/13.2.171.
  12. ^ 松田史生 (1996年6月). “フェミニズムと環境問題について”. 興味のるつぼ第1号. 京大農薬ゼミ. 2015年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月21日閲覧。
  13. ^ http://arlindo-correia.com/a_dworkin.html
  14. ^ “Françoise d'Eaubonne, une figure du féminisme français” (フランス語). Le Monde.fr. (2005年8月5日). https://www.lemonde.fr/disparitions/article/2005/08/05/francoise-d-eaubonne-une-figure-du-feminisme-francais_677960_3382.html 2019年1月11日閲覧。 
  15. ^ 参考文献 2003年04 『与謝野晶子とその時代 女性解放と歌人の人生』入江春行著、新日本出版社 より やや簡易化 また、女性参政権から一部転載
  16. ^ a b c 天野 2006, pp. 303-312.
  17. ^ よりみちこ (2015年4月9日). “1位は7万6千円も違う!男女の賃金格差が激しい職業トップ10”. 仕事. Suzie. 2016年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月21日閲覧。
  18. ^ 提言 男女共同参画社会の形成に向けた民法改正 日本学術会議
  19. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p206 1990年8月21日初版第1刷
  20. ^ 日本共産党「女性国会議員―世界で15%超える」『しんぶん赤旗』2005年3月5日
  21. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXNASGU04003_Y3A500C1SHA000/ 「ルワンダの奇跡 崩れる慣習、可能性開く」(Wの未来 世界を動かす(4)) 日本経済新聞 2013年5月13日 2015年5月26日閲覧
  22. ^ http://www.sankei.com/world/news/150305/wor1503050043-n1.html 「女性議員比率 日本9・5%で113位 なお先進国で最低水準」 産経ニュース 2015年3月5日 2015年5月26日閲覧
  23. ^ http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/books/data/hakusyo_tokusyu2008_01.pdf 「男女共同参画と弁護士」日本弁護士連合会 2015年5月26日閲覧
  24. ^ 主要先進国で日本の「男女間賃金格差」は最下位!いまだに“女だから稼げない”っておかしくない? - Woman type[ウーマンタイプ|女の転職type]” (日本語). Woman type[ウーマンタイプ] 働く女のワーク&ライフマガジン - 女の転職type. 2020年5月13日閲覧。
  25. ^ 平成26年度コース別雇用管理制度の実施・指導状況<速報版>を公表します。 |報道発表資料|厚生労働省”. www.mhlw.go.jp. 2020年5月13日閲覧。
  26. ^ 山下悦子著『女を幸せにしない「男女共同参画社会」』洋泉社
  27. ^ 私のフェミニズム<上> 北原みのりさん 性差別に鈍感になった平成 女性たちもっと怒っていい” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年5月13日閲覧。
  28. ^ ジャネット・K・ボールズ、ダイアン・ロング・ホーヴェラー『フェミニズム歴史事典』水田珠枝・鵜殿えりか・安川悦子訳、明石書店、2000年。ISBN 9784750313252
  29. ^ 大貫隆宮本久雄・名取四郎・百瀬文晃『岩波キリスト教辞典岩波書店、2002年。ISBN 400080202X
  30. ^ 今度は胎児をバッサリ、過激化するウォーマド蛮行”. 2018年7月17日閲覧。
  31. ^ 去る8月28日は「女性がお胸をさらけ出す日」だった! 女性だけが乳首を隠さなければならない風潮に疑問を投げかける日『ゴー・トップレス・デー』”. ロケットニュース24 (2016年9月1日). 2016年9月13日閲覧。
  32. ^ 「大きすぎるiPhoneは女性差別」著名フェミニストたちがAppleを批判”. 2020年3月4日閲覧。
  33. ^ Emma Watson to United Nations: I'm a feminist - YouTube”. 2019年1月26日閲覧。


「フェミニズム」の続きの解説一覧



フェミニズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェミニズム」の関連用語

フェミニズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェミニズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェミニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS