概略とは? わかりやすく解説

がい‐りゃく【概略】

読み方:がいりゃく

おおよそ内容あらまし大略概要。「調査の—」「—次の通り


概要

(概略 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/18 07:53 UTC 版)

ウィキペディアには「概要」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「概要」を含むページの一覧/「概要」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「概要」が役に立つかもしれません。


概略(1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 20:00 UTC 版)

橋下徹」の記事における「概略(1)」の解説

国会で2009年平成21年11月2日沖縄県選出国民新党下地幹郎政調会長は、普天間飛行場移設問題について、「普天間嘉手納基地統合した上で嘉手納一部訓練本土空港移設すべき」との考え示した下地幹郎は「関西空港B滑走路が全く稼働率ゼロだから」「あそこを活用して外来機の訓練をやると嘉手納騒音半分になる」と提起した下地は「普天間基地移設本土受け入れ可能な候補地については常に考えており、関空はいつも選択肢だった」と話し関空移設案は数年来腹案であった明かしたその上で、「(関空は)地理的に日本中心にあるうえ、北朝鮮にも近い。米側にとって悪くない立地だ」との見解語った11月13日橋下は、記者からコメント求められた。 11月17日下地は、「(橋下の)コメントを私は非常に重く受けとめている」と述べた。これに対して北澤俊美防衛大臣は、「橋下知事の申されることは極めて勇気のあることで、国民のみんなが一度考え直さなきゃいかぬことだ」とした上で関空移設案について「せっかくの御提言でありますので、私もしっかり胸に秘めて今後の対応参考にさせていただきたい」と答弁した11月30日橋下関西移設案について「あくまで個人的な見解」と断った上で、「国から正式な話があれば(議論を)受け入れ方向考えたい」と発言12月2日橋下は、下地社民党阿部知子政審会長沖縄県議会議員4名らと意見交換行なった2009年平成21年12月1日岡田克也外務大臣関西移設議論について、「(橋下の)そういった気持ちは非常に歓迎すべきこと」と表明3日には武正公一外務副大臣が、「(関西移設の)一例挙げる訓練移転」とした上で、「沖縄県外で色々な可能性を探ることは否定しない」と述べ検討対象になりうると示唆した国土交通省成長戦略会議中条潮委員慶應義塾大学教授)が、6日に「防衛省関空借りて米軍基地として使うことは、関西空港会社負債軽減空港維持為の選択肢一つ検討課題にすべき」と発言また、米空軍嘉手納基地のケネス・ウィルズバック(英語版司令官9日関西移設について「提案があれば、我々も実現向けた計画立案開始するかもしれない」と言及共産党府議は、「普天間基地は、県内国内たらい回しではなく即時撤去が(沖縄県民大多数の声」と問題視した「普天間にいる海兵遠征隊は、抑止力ではなく侵略力」。 沖縄県議会において、仲井眞弘多沖縄県知事は「防衛・外交は国の仕事全国知事会余り近寄らない雰囲気があったが、橋下発言全国知事防衛・外交についても関心持っていく糸口になる」との見解示した

※この「概略(1)」の解説は、「橋下徹」の解説の一部です。
「概略(1)」を含む「橋下徹」の記事については、「橋下徹」の概要を参照ください。


概略(2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 20:00 UTC 版)

橋下徹」の記事における「概略(2)」の解説

ジョン・ルース駐日アメリカ合衆国大使12月2日、「ロードマップ唯一実現可能な選択だ」と述べ現行以外の可能性否定前原誠司沖縄北方担当大臣11日関西移設案について「首相官邸閣僚から指示があれば検討するが、話は一切ない」として、検討考えがないことを示唆2010年平成22年5月27日全国知事会において、鳩山由紀夫内閣総理大臣は、沖縄米軍基地分散先への「立候補」を求めたが、各知事からは否定的な意見相次いだ唯一鳩山理解示した橋下は、「沖縄県などの犠牲の上に、大阪府民は安全をタダ乗りしている」とした上で、「ただ、自治体動いても、米国からダメだと言われる動けない。2006年米軍再編ロードマップ履行し政府第2段階の基地負担軽減という時に話を振ってもらえれば、できる限りのことはする」と述べた7月14日橋下は、沖縄米軍基地負担問題について「(5月全国知事会以降に)何か進展があるかといったらない、国からも何か方針出たわけではない」と述べた上で、「むしろ国の方針意気込み後退したようにも感じる」との認識示した

※この「概略(2)」の解説は、「橋下徹」の解説の一部です。
「概略(2)」を含む「橋下徹」の記事については、「橋下徹」の概要を参照ください。


概略(3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 20:00 UTC 版)

橋下徹」の記事における「概略(3)」の解説

2010年平成22年4月25日前原誠司国土交通大臣は、「神戸切り離し関空大阪国際空港)の一体運用考えている」と明言11月22日国交省関空大阪空港統合民間売却案を提示橋下24日、「今までやり方でやって立ち行かないなら、新しい方法踏み出すほかない」として、統合民間売却案に支持表明した11月29日沖縄県知事選再選果たした仲井眞は、「県外移設」を選挙公約としていた普天間飛行場移設先について、「本土の方が(沖縄より)空間が広いのでむしろ可能性がある。橋下知事が『関空はどうか』と言っているので一度見てきたい」と述べ関空視察意向表明11月30日橋下は「政治状況日々刻々と変わっている残念ながら関空大阪空港との統合で、運営民間売却する話がスタートしている。関空基地負担軽減受け皿になることは今の方向ではない」と発言。「経営統合が決まる前に政府から軍用の話を持ちかけられていれば検討もありえたが、今はありえない」とした上で、「(仲井眞には)できたら神戸空港見ていただきたい将来性見えない海上空港神戸だ。(視察する場合)僕もついていく」と述べた橋下翌日前日発言が「受け入れ撤回」と報じられたことについて、「撤回したつもりはない、関西受け入れ考えなくてはいけないことは一貫して言っている」とした上で、「候補地は国が決めて決められ場所について住民説得するのが知事の仕事」「国が決めたことなら協議の場は拒否しない。それはずっと一貫している」と説明。さらに、「今は国の方針伊丹関空経営統合」が進んでいるとして、「関空軍用機を飛ばすというだけでは大阪府(民)に説得しようがないそうするのだったこうするという全体プランを(国が)出してくれたら、そこから話をする」と語った

※この「概略(3)」の解説は、「橋下徹」の解説の一部です。
「概略(3)」を含む「橋下徹」の記事については、「橋下徹」の概要を参照ください。


概略(4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 20:00 UTC 版)

橋下徹」の記事における「概略(4)」の解説

2012年平成24年2月23日橋下は自らが代表を務め大阪維新の会公約にあたる「維新八策」に、普天間飛行場県外移設を含む方針固め、「普天間基地問題維新何らかの見解を出すのであれば、(沖縄に)ご挨拶には伺う。沖縄県担当者会ってもらえればありがたい」と話したまた、仲井眞との面会については「会っていただければありがたいが、いちローカル政治集団が伺うのは失礼ではないか」と述べた。これに対して28日仲井眞知事県議会において、「(橋下が)沖縄お見えになるか、ないしはどこかでお目にかかれれば(話を)伺ってみたい」と答弁した3月10日大阪維新の会維新政治塾レジュメの中で、外交・防衛政策課題として「日本全体沖縄負担軽減を図る更なるロードマップ作成着手」することを明記。「2006年米軍再編ロードマップ普天間問題」を議論課題挙げた

※この「概略(4)」の解説は、「橋下徹」の解説の一部です。
「概略(4)」を含む「橋下徹」の記事については、「橋下徹」の概要を参照ください。


概略(日本国外)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 01:28 UTC 版)

キス釣り」の記事における「概略(日本国外)」の解説

キスは主に沿岸域生息する近海魚総称であるが、これらの中には成魚最深180mまでの沖合砂州岩礁帯に移動する種も存在する一般的には干潟砂浜などの砂地や泥地の海底付近に広く生息し海草岩礁帯に隠れることもある。また、海水魚ではあるが、河口生息する種も存在する。例としてen:Sillaginopsis panijus河口の上流部にも生息することがある。これらの種は、共存するサギ類との競争避けるために特定の環境ニッチ獲得しているとされるキス全般的に移動速度遅く稚魚海流によって分散することが確認されている。 また、底生肉食魚であり、食性調査が行われた複数の種ではいずれ類似した餌の傾向示された。タイフィリピンオーストラリア海域行われた研究によると、多毛類様々な種類甲殻類軟体動物棘皮動物小魚類などが主なとなっている 。大型キスは、突出した吻と管状の口を「鍬」のように使い海底掘り進み獲物吸い上げるようにして捕食する捕食の際には視覚頼らず獲物発する振動感知していることが分かっている。 オーストラリアなどでは、キス釣りはそのスポーツ性と食味良さから多く釣り人人気であり、釣り人漁師よりも多く漁獲する地域もある。 釣り方はどの種においても類似し、主に浅い場所に生息するため、細い道糸静かな仕掛け動き求められるまた、キス釣り釣り場行きやすいことも人気一因であり、海岸河口干潟付近からボートを使わなくともまとまった数を釣ることができる 。潮の干満月の満ち欠け釣果影響与え、潮が動いている時にアタリ」が出やすい。仕掛け警戒させないように軽いものを使用し、鉤と軽い錘を道糸直接結ぶ簡単なものが多い。船釣り場合潮流早い場合はより重い錘を付けた胴突き仕掛け使用するオーストラリア波打ち際桟橋堤防などからキス専門に狙う漁師中には、赤いビーズチューブ用いて呼び寄せることでより多くを釣ることができると言う人もいる。餌は多毛類二枚貝エビカニなどの甲殻類などが有効であり、他の多く魚種同様に生きた餌の方が釣果良いことが知られている。キス狙ったルアーフィッシングはあまり行われないが、ソルトウォーターフライや小型のソフトプラスチックルアーが使用されることもある。 また、一部地域では、漁業当局により釣獲量やサイズ規制設けられている。

※この「概略(日本国外)」の解説は、「キス釣り」の解説の一部です。
「概略(日本国外)」を含む「キス釣り」の記事については、「キス釣り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「概略」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

概略

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:43 UTC 版)

名詞

がいりゃく

  1. 大体内容

発音(?)

が↗いりゃく

「概略」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「概略」の関連用語

概略のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



概略のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの概要 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの橋下徹 (改訂履歴)、キス釣り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの概略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS