言及とは? わかりやすく解説

げん‐きゅう〔‐キフ〕【言及】

読み方:げんきゅう

[名](スル)いいおよぶこと。話がある事柄までふれること。「あえて古い事件に—する」

「言及」に似た言葉

言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 18:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「言及」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「言及」を含むページの一覧/「言及」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「言及」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:57 UTC 版)

菅野完」の記事における「言及」の解説

2016年5月2日中島岳志北海道新聞菅野連載紹介6月19日橋爪大三郎毎日新聞に、沼田良東京新聞それぞれ日本会議研究』の書評寄稿7月14日池上彰文芸春秋同書取り上げ、「デモ陳情署名抗議集会勉強会といった「民主的な市民運動」をやり続けていたのは、極めて非民主的な思想を持つ人々だったのだ」とする菅野指摘紹介した9月5日朝日新聞は「日本会議って何だ 関連本ブーム海外メディア特集」と題しブーム火付け役として同書取り上げた9月5日には「日本会議って何だ? 関連本ブーム」と題し、『日本会議研究』が青木理の『日本会議正体と共に紹介された。

※この「言及」の解説は、「菅野完」の解説の一部です。
「言及」を含む「菅野完」の記事については、「菅野完」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 04:52 UTC 版)

辻元清美秘書給与流用事件」の記事における「言及」の解説

逮捕者土井たか子元秘書含まれていたため、当時野党党首であった鳩山由紀夫は、似たような境遇土井に対して政治家金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば『あれは秘書のやったこと』と嘯(うそぶ)いて、自らの責任逃れようとしますが、とんでもないことです政治家基本的に金銭関わる部分秘書任せており(そうでない政治家もいるようですが)、秘書犯した罪政治家罰を受けるべきなのです」「土井党首は身を退かれべきではないでしょうか」と発言している。

※この「言及」の解説は、「辻元清美秘書給与流用事件」の解説の一部です。
「言及」を含む「辻元清美秘書給与流用事件」の記事については、「辻元清美秘書給与流用事件」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/31 18:16 UTC 版)

コミンテルン執行委員会国際連絡部」の記事における「言及」の解説

ドイツ共産党創設者ひとりであるルート・フィッシャーはその著書において、1923年オムス集団ドイツ送られたことについて、「13年後のスペイン国旅団にも比肩する」と述べている。ヴィクトル・セルジュ(フランス語版)はその死後出版された自叙伝において、オムス彼のベルギーの(偽装パスポート詳細記入する際に子供のことについて記入することを忘れていたと言及している。オットー・クーシネンはその著書"Before and After Stalin"において、オムスを「コミンテルンの脳にして至聖所であった」と述べている。

※この「言及」の解説は、「コミンテルン執行委員会国際連絡部」の解説の一部です。
「言及」を含む「コミンテルン執行委員会国際連絡部」の記事については、「コミンテルン執行委員会国際連絡部」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 04:30 UTC 版)

ファントム (スーザン・ケイの小説)」の記事における「言及」の解説

この作品続編ではないが、ルルー『オペラ座の怪人』改作に近いとされる。主にルルー文章なぞっているが、身の上を語る上でアンドルー・ロイド・ウェバーミュージカル『オペラ座の怪人』歌詞一部いくつか使用されている。またロン・チェイニー主演映画オペラの怪人』からも引用されている。ジャヴェールの名はヴィクトル・ユーゴー小説『レ・ミゼラブル』20年亘りジャン・ヴァルジャン追跡するジャヴェール警部から採られている。虚栄心の強い幼稚な母はギュスターヴ・フローベールの『ボヴァリー夫人』のエマ・ボヴァリーと同様平凡な田舎町住み医者不倫する。 ケイはこの作品完成させるのに18ヶ月をかけ、この間ケイアメリカローマへ赴き、小説の舞台となる19世紀の様々な生活様式研究したケイ他にマンロー・バトラー・ジョンソンによるニジニ・ノヴゴロドヴォルガ川紀行ジョージ・カーゾンやレディ・シェルによるペルシア紀行、クリストファー・ミードによるシャルル・ガルニエに関する論文などを参照した。 多くの参考文献があるが、結末他の作品と全く違っているためケイはこの小説オリジナルとしている。大きな差異は、ルルー小説での有名なバッタサソリシーン完全に削除されている他、ルルー小説大きく触れられていないエリックペルシア時代詳述している。

※この「言及」の解説は、「ファントム (スーザン・ケイの小説)」の解説の一部です。
「言及」を含む「ファントム (スーザン・ケイの小説)」の記事については、「ファントム (スーザン・ケイの小説)」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 03:32 UTC 版)

ドローン・ミュージック」の記事における「言及」の解説

ホセ・マセダ音楽根源を「ドローンメロディー」であると定義している。インドの伝統音楽ではタンブーラ一つの音が強調され続けるため、ドローン・ミュージック源泉として讃えられることが多い。

※この「言及」の解説は、「ドローン・ミュージック」の解説の一部です。
「言及」を含む「ドローン・ミュージック」の記事については、「ドローン・ミュージック」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 07:00 UTC 版)

高原書店」の記事における「言及」の解説

坪内祐三は、1998年東京人』で古本屋特集組んだ頃の高原書店触れ後に出来たBOOKOFF引き合いに出してBOOKOFFに通じる店舗広さ並んでいる本、安さ、の一方BOOKOFFにない「哲学」を感じるとして「極めて質の高いBOOKOFFと形容した。また、高原書店従業員から書店作り同様の「におい」を感じさせる古書店輩出している人脈注目した

※この「言及」の解説は、「高原書店」の解説の一部です。
「言及」を含む「高原書店」の記事については、「高原書店」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 00:09 UTC 版)

リオレ」の記事における「言及」の解説

ピエール・ブルデューは「ディスタンクシオンの中で下のようにリオレ言及しており、リオレ大衆的なものと位置付けている。 たとえば一口に「米」と言っても、そのなかにはどちらかといえば大衆的なリオレ」や「リオグラ」もあれば、むしろブルジョワ的な、というより正確に言えばインテリ的な「リオキュリ」――それだけでひとつの生活様式思わせる「リ・コンプレ」は言うに及ばず――などもあるのだから またカミーユ・ルモニエ(fr:Camille Lemonnier)の小説Le vent dans les moulins」では、リオレはいった食器を錫製のスプーンとともに持ちネコ食事対比させている様子描かれている。 Tout le monde tenait dans les mains des écuelles de riz au lait et en raclait le fond avec des cuillères d'étain. L'enfant aussi, assis sur une botte de paille près du chat, mangeait dans une petite écuelle.

※この「言及」の解説は、「リオレ」の解説の一部です。
「言及」を含む「リオレ」の記事については、「リオレ」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 04:56 UTC 版)

ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか」の記事における「言及」の解説

明石書店 出版元明石書店は、「在日コリアンなどへの人種差別」に対抗する必読包括的入門書」としている。 書評 訳者山本武秀は、「今回翻訳カウンター活動の一環」と述べた駒澤大学法学部政治学科准教授山崎望は、「いわゆる当事者」やアカデミズム範囲明らかに超えたインパクト持ちうる画期的な本」と本書位置づけた。 自由法曹団常任幹事弁護士神原元は、しんぶん赤旗寄せた書評において、在日特権を許さない市民の会の名を挙げ日本でのヘイトスピーチ法規制議論から起稿し、概略紹介、ブライシュの上結論引用して見事だと思う。」と評価日本の歴史文脈考えると「日本のヘイトスピーチは、石原慎太郎安倍晋三に代表される極右政治家言動起源と考えられる。」とした。 フリーライター昼間たかしは、ヘイトスピーチ法規制制定されれば、「法律実態とは別にさまざまな表現が「ヘイトスピーチ」であるという批判恐れて萎縮してしまうのは想像に難くない。」と懸念した政治学者五野井郁夫は、「本書原題は「人種差別主義者になる自由?」だ。当たり前だが、他者傷つけなければ成立しない自由な誰も持ち得ない。だが、近年この「当たり前」が危ぶまれている。」とし、「表現の自由をめぐる理論的背景から立法過程市民運動まで網羅している本書は差別と戦うすべての人々にとって強力な武器となるだろう。」と結んだ

※この「言及」の解説は、「ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか」の解説の一部です。
「言及」を含む「ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか」の記事については、「ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 01:33 UTC 版)

ヒュメナイオス」の記事における「言及」の解説

ヒュメナイオスは、エウリピデス著『トロイアの女』の作中言及されており、そこでカッサンドラ次のように語っている。 さあ、掲げて下さい捧げて下さい運んで下さい明かりを。ご覧ください私は崇めます、照らします、この神殿を、松明で。おお、主なるヒュメナイオス様。花婿様はお幸せです。アルゴスの町で、王様寝床へと嫁ぎ行く私もまた幸せですヒュメン、おお主なるヒュメナイオスヒュメナイオスまた、ウェルギリウス『アエネーイス』およびウィリアム・シェイクスピア戯曲7作品ハムレットテンペスト空騒ぎタイタス・アンドロニカスペリクリーズアテネのタイモンお気に召すまま)でも言及されている。『お気に召すまま』の最後でヒュメナイオスハイメン)はカップルたちに列席して次のように告げる。 町々に子を増やすハイメンのつとめ、称えよ、しあわせを産む夫婦誓い称えよ、その名を声高らかに称えよ、 町々にしあわせをもたらすハイメンの名を。 W.S.ギルバートとA.サリバンによる喜歌劇軍艦ピナフォア作中ヒュメナイオスの歌がある。他にも紀元前7世紀から紀元前6世紀詩人サッポーの詩にもヒュメナイオス登場するヒュメナイオスは、一般的にアポローンムーサ達の一柱との間に生まれた息子とされるセネカ悲劇メデア』では、ディオニソス息子と書かれているそれ以外伝説的な起源述べ物語もある。ヘーシオドスとされる『名婦列伝 (Megalai Ehoiai) 』の現存する一節は、マグネースが「とても美しい子ヒュメナイオスをもった。アポローンその子見て好きになり、マグネースの家をなかなか去ろうとしなかった」と伝えている。 アリストパネスの『平和』は、農夫トリュガイオスと聖歌隊結婚歌を歌うところで終幕し、そこでは"オー・ヒュメン、オー・ヒュメナイエ"のフレーズ繰り返されるヒュメナイオスは、サッカレーの『虚栄の市』第20章でも言及されている。 1921年ヒルダ・ドゥリトル詩集Hymen』は、花嫁になる古代ギリシア女性儀式想像して作られた長大な詩である。

※この「言及」の解説は、「ヒュメナイオス」の解説の一部です。
「言及」を含む「ヒュメナイオス」の記事については、「ヒュメナイオス」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 05:02 UTC 版)

愛にさよならを」の記事における「言及」の解説

愛にさよならを」はSFシチュエーション・コメディ宇宙船レッド・ドワーフ号」の第2シリーズ第11話お払い箱ホリー最大のピンチ!」で使われている。ノーマン・ラヴェット(英語版演じホリー宇宙船コンピュータ)が後継機登場電源切られる時、ホリーがこの曲を歌う。

※この「言及」の解説は、「愛にさよならを」の解説の一部です。
「言及」を含む「愛にさよならを」の記事については、「愛にさよならを」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 07:37 UTC 版)

イヴの墓」の記事における「言及」の解説

アンジェロ・ペッシェのジッダに関する著書の中でこの場所についての過去の言及について以下のように書いている。 ハマダーニー英語版)(10世紀)は、「アダムマインにいた時、イヴ会いたい感じた伝えられている...イヴジッダから来たもので、アラファトで彼女を知ったと」と述べている。イヴの墓ジッダあること最初に述べたのはイドリースィー12世紀半ば)である。しかし、イブン・ジュバイル12世紀後半)は、直接の経験から(イドリースィーとは異なり彼は巡礼のためにジッダ行った)、ジッダには「古くて高いドームを持つ場所があり、そこはイヴメッカに向かうときの宿泊場所だったと言われている」と述べている。イブン・ムジャウィール (13世紀)はジッダイヴの墓について明確に言及しており、イブン・ハッリカーン(英語版) (13世紀)も同様であるイブン・バットゥータ14世紀)はこれを完全に無視している。タバリーマスウーディーその他の歴史家は、伝統によればイヴジッダ埋葬されている述べているが、彼女の墓の詳細について述べていない。

※この「言及」の解説は、「イヴの墓」の解説の一部です。
「言及」を含む「イヴの墓」の記事については、「イヴの墓」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 17:06 UTC 版)

あゆみトラスト・グループ」の記事における「言及」の解説

2012年5月週刊文春が「月10万円から始め資産1億への道」としてアブラハムプライベートバンク投資助言サービス紹介した2012年日本銀行副総裁であった岩田規久男同社急成長関与している懸念について週刊誌フライデー報じたが、岩田否定した後年2016年)、代表の高岡は、このような記事出たことを、大規模なテレビCM弊害であり「珍事だ」と自著述懐している。 2013年10月、「いつかはゆかし」は、金融商品取引法における「紹介」なのか「勧誘」なのかが問題となり、「勧誘」と認定され結果投資助言登録し有しない同社無登録営業見做され2013年10月に6か月間業務停止受けた弁護士桑原義浩は、業務停止の中で最大級述べている。日本経済新聞は「金商法で「紹介」と「勧誘」の違い曖昧になっていることにも原因がある」と報じた2014年4月行政処分に関する業務改善終えた旨、金融庁公式HP掲載された

※この「言及」の解説は、「あゆみトラスト・グループ」の解説の一部です。
「言及」を含む「あゆみトラスト・グループ」の記事については、「あゆみトラスト・グループ」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 19:12 UTC 版)

SEALDs」の記事における「言及」の解説

2015年7月22日作家自称する人物が「民青+過激派+在日+在日チンピラ」「全労連街宣車SEALDs使っている」などとブログ投稿。この投稿自民党政務調査会調査役田村重信自身のTwitterで、賛同の意を表明してリツイートした結果田村Twitter炎上削除する騒ぎとなった。この騒ぎを受け、SEALDs奥田愛基が「田村さんの引用ツイッター自民党レベル低さ改め証明したと思いますいい大人学生向かって侮蔑的な差別発言を吐くなんてどうかしてます。全労連さんから車借りたのは事実ですが、それはたまたま車が空いていたから。大体、政治職業にしているプロ”にプロ市民なんて言われたありませんよ。それに『レッテル貼りとか、デマゴギーみたいなことは控えるべき』と安倍首相言っているのに、自民党こそトンデモないレッテル貼りデマ流してます。きちんと謝罪して欲しいですね」と発言した自民党広報部田村発言を「党の見解ではありません」とした。 2015年7月31日自民党当時)の武藤貴也は、SEALDs国会抗議について自身のツイッターへの投稿で「彼ら彼女ら主張は『戦争行きたくない』という自己中心極端な利己的考え基づく。利己的個人主義ここまでまん延したのは戦後教育せいだろうが、非常に残念だ」などと批難した。これに対し民主党の枝野幸男は「自分戦争行きたくない、みたいなレベルでしか受け止めておらず、法案問題本質理解していない戦後平和主義民主主義積み重ねられてきた歴史に、全く目が向いていない」と、維新の党柿沢未途は「権力を持っている政党所属議員として、もってのほかの発言だ」と、それぞれ武藤批判した。。 アメリカ合衆国ウォール・ストリート・ジャーナルは、彼らの学生運動高齢化傾向にある国内リベラル団体勇気づけた報じている。さらにこの団体の略称はSEALDsだが盾を意味する英語「シールズshields)」と発音し、これは民主主義を守る「盾」になるという彼らの目標示している、と報じている。また、団体名抗議に使う看板などに英語を使用したり、メンバー一部金髪に染めていたり、ヒップホップ乗せてスローガン叫んでいるのは、西側影響受け入れてることの表れだ、と分析している。 上智大学のデヴィッド・スレイターは「人々SEALDs普通の大学生集まりだと承知している過激派ではなくアクティビスト活動家)でさえもない。普通の学生たちがこの国の政治行方懸念しているのだ」と述べた筑波大学のロビン・オデイは、SEALDs中心メンバーキリスト教系大学明治学院大学国際基督教大学上智大学法政大学に通しており、同じ高校出身者であると述べ明治学院大学トム・ギルは、キリスト教多数派の国では保守主義結びつきやすいが、少数派信仰の場合は進歩主義となる、と述べた立命館大学本名純は、SEALDsについて、非党派イデオロギーとらわれない新しい学運動であると述べたメルボルン大学小川晃弘は「SEALDsメンバーは必ずしも憲法改正反対ではなく、立憲主義基づ政治求めている」と述べたフランスの経済紙「ロピニオン」のクロード・ルブランは、「若者中心とした安保法案への反対運動は、既成政党距離を置いている点で欧米広がった格差是正運動共通項があり、台湾香港マレーシアなどで起きている動きとも無関係ではない」と分析し、「自民党政権を倒すほどの力はないかしれないが、次の総選挙自民党退潮させる潜在力を持っている」と話した政治評論家屋山太郎は「シールズのおかげで日本の安全が保たれているとでもいうのか。日本の平和は憲法9条のおかげで保たれているわけではない。「徴兵制始まる」というのもひたすら不安をあおる手口だ。安保法なくなったら日本の安全はどうなるのか。「選挙終わったら解散する」という無責野郎から国を守るには、このタチの悪い吹き飛ばし視界明瞭にすることだ」と述べた同世代政治運動家青木大和SEALDs活動について従来ピラミッド型組織はないた参加しやすかった利点を評価する一方、「活動全体最終的なビジョン見えない」とも評している。 台湾で「ひまわり学生運動」を率いた林飛帆は「SEALDs現れ、同じ世代として興奮した日本にも、いよいよ出てきたか」と関心寄せたジャーナリスト山村明義は、この団体を「劣化左翼」 と呼んでいる。 内田樹は「この(新有権者240万人に対して今一影響力を持つ組織は、自民党でも民主党でもなく、SEALDsだからです。」と述べた著述家古谷経衡は、右派左派ともにSEALDsに関して理性的な評価ができなくなっていると評している。

※この「言及」の解説は、「SEALDs」の解説の一部です。
「言及」を含む「SEALDs」の記事については、「SEALDs」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 02:44 UTC 版)

アクセスモデル」の記事における「言及」の解説

2013年、米レコード協会RIAA)はレポートで、レコード産業が所モデルからアクセスモデル移行しつつあること報告2012年アメリカレコード産業売上のうち15%がアクセスモデルによる収益であった伝えた。翌2013年にはアクセスモデル割合は、倍の34%に拡大している。 日本では音楽業界サイトmusicman-netにおける榎本幹朗連載2012年アクセス権ビジネスへの移行について言及し音楽業界知られることになった

※この「言及」の解説は、「アクセスモデル」の解説の一部です。
「言及」を含む「アクセスモデル」の記事については、「アクセスモデル」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/26 01:20 UTC 版)

グループ1984年」の記事における「言及」の解説

批判対象となった日本共産党はリジョインダーとして第1論文に対し上田耕一郎工藤晃民主連合政府綱領批判への反批判」(『文藝春秋1974年7月号)、第4論文に対し近藤忠孝神崎敏雄鉄面皮な大企業弁護論--どちらが"魔女狩り"か」(同誌1976年2月号)を寄稿し第2論文、第5論文はその反批判として書かれた。 石坂啓作品エルフ』に、右傾した内容論文文芸誌発表するグループ一九四〇」が登場する。 「日本の自殺」(第3論文)は2度書籍化されている。朝日新聞主筆若宮啓文2012年1月10日付けの「朝日新聞朝刊座標軸」にて第3論文触れたことがきっかけとなり、「文藝春秋誌上での抄録再掲新書での再出版となった

※この「言及」の解説は、「グループ1984年」の解説の一部です。
「言及」を含む「グループ1984年」の記事については、「グループ1984年」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 16:38 UTC 版)

ヘイトスピーチ」の記事における「言及」の解説

ミルドベリー大学教授のエリック・ブライシュは「反マイノリティ発言標的にして精緻作られた法制度が、むしろ人種的宗教的マジョリティ支配批判するマイノリティ適用されてしまう、というものがある。(中略)しかし、最悪のシナリオは、最も可能性の高いシナリオというわけではない。」とし、「どの程度の自由をレイシスト与えるべきなのか。その最終的な答えはこれである。歴史見て文脈影響注意せよ原則練り上げ友人説得し議員訴えよ。そして、うまくつきあっていける価値バランスとともに歩んで行くのだ。」と結論したバード大学教授ジャーナリストイアン・ブルマ意見記事としてヘイトスピーチ規制間違っている主張、「法律特定の意見禁止することが賢明だろうか。特定の意見表明禁じても、その意見なくならない水面下で表現され続け、さらに有害なものになる中東ほかの地域テロ社会的政治的基盤を成すものは、外国人差別的な言論公的に禁じただけでは、決し消えない」とした。 ニューヨーク大学ロースクール教授のジェレミー・ウォルドロンは、ヘイトスピーチ法規制する根拠は、不快感からの保護にあるのではなく、人の尊厳傷つけられることから保護することにあるとした。 ジュディス・バトラーは「もしも憎悪発話がつねに前から引用でしかないなら、その使用者はその責任をとる必要がないということなのか。(中略あらゆる言説引用であるという事実は、言説に対する責任増し強めるものだと主張したい憎悪発話をする人は、憎悪発話をどう反復したかということに対して、また憎悪発話にふたたび活力与えたということに対して、また憎悪中傷文脈をふたたび作り出したということに対して責任がある。」と述べたイギリス非営利団体であるRights for Peace国際人権法における「ヘイトスピーチ」の定義については、コンセンサス得られていないとしている。また、単に攻撃的であっても他人に危険を及ぼさない言論は、一般的に人権侵害とはみなされない、としながらも、ヘイトスピーチ人種宗教民族その他の要素によって定義され個人グループに対する差別敵意暴力誘発する場合人権侵害になるとしている。さらに、ヘイトスピーチ通常社会における「他者」対象にするとし、これはマイノリティグループを「他者化」することによって顕在化される、と述べている。 師岡康子弁護士ヘイトスピーチの「中核にある本質的な部分は、マイノリティに対する差別敵意又は暴力煽動』(自由権規約ニ○条)、『差別あらゆる煽動』(人種差別撤廃条約四条本文)であり、表現による暴力攻撃迫害である」としている。 外務省総合外交政策局国連企画調整主査野口有佑美は、多くの国々批准する国際人権条約である「市民的及び政治的権利に関する国際規約第二条第一項及び第二十条第二項、また、あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約第四条から、「ヘイトスピーチとは、人種皮膚の色、性、言語、宗教政治的意見その他の意見国民的若しくは社会的出身財産出生等一定の属性に基づいて特定の個人あるいは集団に対し憎悪的又は差別的言論を行うこと、またその差別助長扇動唱道する言論を指すという、各国の一応の共通理解」が導き出せるとしている。

※この「言及」の解説は、「ヘイトスピーチ」の解説の一部です。
「言及」を含む「ヘイトスピーチ」の記事については、「ヘイトスピーチ」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 00:51 UTC 版)

谷中生姜」の記事における「言及」の解説

長谷川時雨回想録『旧聞日本橋』1935年)には谷中生姜登場する名物谷中生姜青く生々していて、黒い土がおとされると、真白な根のきわにほの赤い皮が、風呂から出た奇麗な人血色のように鮮か目立った

※この「言及」の解説は、「谷中生姜」の解説の一部です。
「言及」を含む「谷中生姜」の記事については、「谷中生姜」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/13 00:32 UTC 版)

椛島有三」の記事における「言及」の解説

朝日新聞記者藤生明によると、長崎大学学生時代に、当時は反共愛国路線であったとされる生長の家信仰しており、学園正常化目指しデモ反対全学連反対」のビラ配っていた際、リンチ遭って全学連打倒決意し学生自治会選挙仲間擁立して活動民族派自治会誕生させることに成功したとしている。また、日本青年協議会は、生長の家学生会全国総連合の(生学連)の仲間らとOB組織結成したとされ、統一教会系の原理研究会」とも協力して長崎大学学生協議会」(長大学協)を結成した述べている。また、椛島生み出した「学協方式」と呼ばれるビラ新聞講演会学習会駆使する学内マスコミ確立といった組織的な戦術」は生学連を通じて全国学生運動広まっていったとしている。 BuzzFeed Japanは、菅野完著書日本会議研究』の出版停止求める申入書が「日本会議事務総長 椛島有三」を差出人として発行元扶桑社2016年4月28日送付された報じた。申入書は『日本会議研究』について「日本会議について裏付け取れない証言並べ活動貶める目的で編集されており、団体個人名誉を傷つける。」とし、「日本会議が、宗教的背景を持つ特定の人物」に関連づけられた結論については、「全く事実に反している」と主張している(同書2017年1月東京地裁一部記述について、取材客観的資料もないことを著者自身認識しており「真実でないと言ざるを得ない」と名誉棄損認め該当箇所一部伏せ字しなければ販売不可という販売差し止め仮処分決定下したその後2017年3月31日東京地裁扶桑社不服申し立て認め差し止め命令取り消逆転決定出した差し止め認めた1月決定一部記述について「真実ではない可能性が高い」と判断したが、今回決定差し止めにはより厳格な立証が必要と言及し上で、「真実ではないことが明白である認めるのは困難」と認定され前回決定を受けて墨塗りされていた箇所元通りになったものが復活した

※この「言及」の解説は、「椛島有三」の解説の一部です。
「言及」を含む「椛島有三」の記事については、「椛島有三」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 08:36 UTC 版)

鋼鉄の時代」の記事における「言及」の解説

ピートリッキーらを「スクービー・ドゥー彼のギャング」と呼び、彼らのバンをミステリー・マシンと比較したコメンタリーノエル・クラーク述べたところによると、ミッキーローズ電話で "I'm coming to get you!" と告げ場面は、「バッド・ウルフ」のクライマックスでのローズへの9代目ドクター言葉反映している

※この「言及」の解説は、「鋼鉄の時代」の解説の一部です。
「言及」を含む「鋼鉄の時代」の記事については、「鋼鉄の時代」の概要を参照ください。


言及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:17 UTC 版)

ロスヴィータ」の記事における「言及」の解説

1973年バート・ガンダースハイムではロスビータの名にちなんだ「ロスヴィータ賞(Roswitha-Preis)」を制定し毎年賞が贈られている。

※この「言及」の解説は、「ロスヴィータ」の解説の一部です。
「言及」を含む「ロスヴィータ」の記事については、「ロスヴィータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「言及」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

言及

出典:『Wiktionary』 (2021/06/21 08:28 UTC 版)

この単語漢字
げん
第二学年
きゅう
常用漢字
音読み 音読み

発音

名詞

(げんきゅう)

  1. の中である事柄にまで言い及ぶこと。ある事柄ふれること。

動詞

活用


「言及」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言及のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの言及 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの菅野完 (改訂履歴)、辻元清美秘書給与流用事件 (改訂履歴)、コミンテルン執行委員会国際連絡部 (改訂履歴)、ファントム (スーザン・ケイの小説) (改訂履歴)、ドローン・ミュージック (改訂履歴)、高原書店 (改訂履歴)、リオレ (改訂履歴)、ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか (改訂履歴)、ヒュメナイオス (改訂履歴)、愛にさよならを (改訂履歴)、イヴの墓 (改訂履歴)、あゆみトラスト・グループ (改訂履歴)、SEALDs (改訂履歴)、アクセスモデル (改訂履歴)、グループ1984年 (改訂履歴)、ヘイトスピーチ (改訂履歴)、谷中生姜 (改訂履歴)、椛島有三 (改訂履歴)、鋼鉄の時代 (改訂履歴)、ロスヴィータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの言及 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS