SNSとは? わかりやすく解説

エス‐エヌ‐エス【SNS】

social networking service個人間のコミュニケーション促進し、社会的ネットワーク構築支援する、インターネット利用したサービスのこと。趣味職業居住地域などを同じくする個人同士コミュニティーを容易に構築できる場を提供しているソーシャルネットワーキングサービスソーシャルネットワーキングサイトソーシャルネットワークサービス

[補説]  
2013年10月実施したあなたの言葉辞書に載せよう。」キャンペーンでの「SNS」への投稿から選ばれた優秀作品。

始めると、友達が増えたように感じるが、実は増えていない減ることもある。
wacocoさん

煩悩ドッジボール会場見栄を張ったり、自慢したり、異性誘惑したりして、物欲性欲など様々な欲をぶつけ合う場。
zinc in 大坂さん

◆「どや顔」ならぬ「どや文章」の競演場所。
さん

◆会ったことのない外国人趣味知っているが、隣人の顔も知らないという現象起こすサービス
つぼさんさん

知り合い現状を影からこっそりと見守る場所。
タローさん

プライバシー喪失代償に、「つながっている」安心感獲得できる場。ハサミ同程度、「使い方」で、毒にもクスリにもなる。
tommyさん

電脳空間の井戸端会議多く場合井戸にはではなく油が湧いている為、火気には注意要す
Karinaさん

◆【S】それなりに【N】なかよく【S】していたい
てらかどりょうすけさん

どうでもいい近況報告呆れつつも、みんな元気でなによりと思う場所。
ゆうさん

世界中公開される日記帳
すうぱまんさん

人生で会うはずのない人々日常垣間見ることのできるツール
ぴこさん

◆人と人のつながり可視化したもの
星野るなさん

◆人と人とを結びつけるが、ときに縛ってしまう窮屈なもの。
わらび小僧さん

あっという間に広がったコミュニケーションツール表層的人間関係拡大した。
YoKoChinさん

◆人同士つながり攪拌するツール
くらげさん

現代において自己他者の「意識の高さ」を較べそれぞれ秘密裏格付けし合うための仮想現実空間
しゃのああるさん

普段会えない友だち繋がることができる場所。
さん

発言しなくてもいいのについつい発言してしまう場所。みんなに見られているのでなかなか本音言えないが、みんなが見ているからこそ本音を叫んでみたくなる場所。
タイガーさん

口下手な人たちが、なぜか饒舌になっている不思議な場所。
希望さん

人間社会覗き窓
もーりーさん


SNS(ソーシャルネットワーキングサービス/ソーシャルネットワーキングサイト)

別名:ソーシャルネットワーキングサイトソーシャルネットワーキングサービス

SNSとはインターネット上でコミュニティ作り人間関係構築促進するサービスである。
代表的なSNSには以下のものがある。

国内
mixi
GREE
モバゲータウン
海外
Facebook
MySpace

企業内で独自にSNSを作り、SNSを人材マネジメントツールとして利用するケースもある。
その場合の主な利用目的としては、以下のようなものがある。

休職中の従業員復職支援(例:産休中の従業員企業情報共有ツールとして用いることで、復職後の情報格差緩和される)
社内人間関係構築支援(例:入社前の内定者間のコミュニケーションツールとして用いることで人間関係構築促進をする)
社内情報共有(例:業務日報などを記載させることで業務の見える化をする)

ただし、SNSを適切に運用できないと、以下の問題引き起こすことがある

・SNSが定着することなく形骸化してしまう。
書き込むことが目的化し、業務必要のない私的内容含まれるなど、本来の目的異なった用途で用いられてしまう。

こうした問題への対策としては、SNSの利用時間限定することが考えられる(例:利用可能時間年に数回というイベントのような扱いにすることで、SNS自体ロイヤリティ向上させる)。


SNS

フルスペル:Social Networking Service, Social Networking Site
読み方エスエヌエス
別名:ソーシャルネットワーキングサービスソーシャルネットワーキングサイトソーシャルネットワーキング

SNSとは、参加するユーザー互いに自分の趣味好み友人社会生活などのことを公開しあったりしながら幅広いコミュニケーション取り合うことを目的としたコミュニティ型のWebサイトのことである。

SNSで提供されている主な機能としては、自分のプロフィールアバターなどを公開して自己紹介するためのマイページ機能、SNS上で交流ある友人知人を登録しておけるアドレス帳機能、マイページを訪問したユーザー履歴を参照できる「あしあと機能ブログのように簡単にエントリー更新できる日記帳機能、同じ趣味感性を持った人同士コミュニティを作れる掲示板機能、などがある。

SNSの中には既存参加者から招待されると参加できるシステム採用しているものも多い。また誰でも自由に参加できるタイプのSNSもある。

SNSは、米国では2003年頃に成立し、日本おいても2004年頃には登場始めた代表的なSNSとしては、MySpaceFriendsterFacebookorkutCyworldなどがあり、国内においてはmixi筆頭GREEYahoo! Daysなどがある。また、Last.fmTwitterどのように、ある特定のサービスを主眼しながらSNSの要素を融合させているサービス数多く登場している。


参照リンク
MySpace
mixi
Webサービスのほかの用語一覧
モバゲータウン:  モバゲーAPI  モバ友  夢宝谷  SNS
価格.com:  価格.com  カカクコム  食べログ

SNS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 00:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

SNS

SnS

sns



「SNS」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SNS」の関連用語

SNSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SNSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSNSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSNS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS