掲示板とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > > 掲示板の意味・解説 

けいじ‐ばん【掲示板】

読み方:けいじばん

掲示する文書貼り出すための板。

電子掲示板システム」の略。→ビー‐ビー‐エスBBS


掲示板

作者雪屋よう子

収載図書夏の海辺で
出版社文芸社
刊行年月2006.6


掲示板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:51 UTC 版)

掲示板けいじばんとは、連絡や告知の目的で、文字を書いたり、掲示物を貼り付けたりして表示するために設けられた他者に伝えることを目的としたのことである。




「掲示板」の続きの解説一覧

掲示板(フォーラム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 19:01 UTC 版)

ニフティサーブ」の記事における「掲示板(フォーラム)」の解説

利用者もしくは管理者のみ)が、その会員に対して伝達事項などを記入しておける場所である。システムコメント付けられず、発言の特定困難だったほか、書き込み数週間消えてしまうため、完全に利用しなかったり専らスタッフからのお知らせ程度用いフォーラム大多数だったようである

※この「掲示板(フォーラム)」の解説は、「ニフティサーブ」の解説の一部です。
「掲示板(フォーラム)」を含む「ニフティサーブ」の記事については、「ニフティサーブ」の概要を参照ください。


掲示板(マグフォーラム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:50 UTC 版)

マグネット (ウェブサイト)」の記事における「掲示板(マグフォーラム)」の解説

マグフォーラムでは、ジャンルごとに「スクエア」が用意されているそれぞれスクエア内にマグネッツスレッド作成できるが、マグネットではスレッドのことをテーマ呼んでいる。それぞれのテーマ新し書き込みがあっても、そのテーマ上部移動することはない。 マグフォーラムには、スクエア全体で共通のルール事務局からの「お願い」という形で用意されていた。それにもかかわらず煽り荒らしギャル文字使用頻発するなどの問題発生することがあった。 マグドル 2000年入ってから旧アイドル&スタースクエアで「マグドル」と呼ばれるいわゆるアイドルごっこが一部マグネッツによって行われるようになった主なマグドル活動内容以下の通りである。 i)作詞。またそれを公開ii)掲示板への定期的なメールマガジン形式での記事の投稿 iii)掲示板上における仮想のコンサートなどの開催。(コンサートごっこ) iの作詞に関しては、特に公開することを「CD販売」、ii投稿については「"雑誌販売"をする」等と呼ばれていた。 作詞した物を公開するには掲示板に書き込むか、希望者のみに配布するためにマグポストを利用するといった2つの方法があった。 本来、アイドル&スタースクエアは芸能情報等について語る所であったが、ある日突然マグドル」の活動場所になってしまった事で事実上ジャックされる格好になってしまい、また明示的なローカルルールがなかったためスクエア荒れこともしばしばで、本来の住人との争い絶えなかった。そこで、前者2004年4月大規模なスクエア再編時にマグドル専用のマグドルスクエアを新設することで解決。また後者新設する際にマグネット事務局公認ローカルルールマグドル名簿まとめたマグドルBOOK」を制定することで緩和された。もっともローカルルール制定前自治が行われていた模様である。 ココロスクエア 悩みなどの相談を行うココロスクエアでは論争罵倒荒らし出現深刻化していた為、2004年頃から住人マグネッツ同士ココロスクエアローカルルール制定しようとする動きがみられた。この動きマグネット事務局介入し、まずココロスクエア独自のココスクサポーター制度の導入発表され2004年6月にかけて募集が行われる。ココスクサポーターはマグネット事務局連携しわからないことなどのマグネッツからの質問答えたり論争起きた場合はそれを正しく解決させるなどが役割である。サポーター立候補したマグネッツ中から事務局審査して合格した数人サポーターに就任したその後同年9月住人出し合ったローカルルール案がまとめられ公式なローカルルールが「ココスクBOOK」として制定された。

※この「掲示板(マグフォーラム)」の解説は、「マグネット (ウェブサイト)」の解説の一部です。
「掲示板(マグフォーラム)」を含む「マグネット (ウェブサイト)」の記事については、「マグネット (ウェブサイト)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「掲示板」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

掲示板

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:54 UTC 版)

名詞

  けいじばん

  1. 文書掲示するための板。
  2. 電子掲示板システム」の

発音(?)

け↗ーじばん

関連語

翻訳

語義1)

語義2)


「掲示板」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



掲示板と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掲示板」の関連用語

掲示板のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掲示板のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの掲示板 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニフティサーブ (改訂履歴)、マグネット (ウェブサイト) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの掲示板 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS