学寮とは? わかりやすく解説

がく‐りょう〔‐レウ〕【学寮】

読み方:がくりょう

学校寄宿舎

寺院で、僧を寄宿させて修学させる所。学林


学寮

読み方:ガクリョウ(gakuryou)

僧侶寺院内で寄宿舎し、また学問修めた場所。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/17 06:39 UTC 版)

学寮(がくりょう)




「学寮」の続きの解説一覧

学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 02:11 UTC 版)

カレッジ」の記事における「学寮」の解説

日本カレッジにあたる学寮は、西洋同じく僧侶養成学校貴族公家の子弟を対象とした官僚養成学校として発達した興福寺東大寺などは、仏教の寺院であると共に僧侶養成学校として、既に奈良時代には成立している平安時代には、最澄比叡山延暦寺を、空海高野山金剛峯寺開いたまた、律令制下国立教育機関である大学寮中心に貴族一族の子弟を対象とした寄宿舎として大学別曹創設する藤原氏勧学院源氏奨学院和気氏弘文院橘氏学館院などが、代表的な大学別曹である。 江戸時代に入ると、江戸幕府漢学奨励政策と共に仏教各宗派ごとに学寮が設けられ幕府昌平黌と共に学問発展に寄与し、明治期には専門学校として、大正期には旧制大学として、今日至っては新制大学として、寺院後継者や一子弟教育貢献している。 学寮を起源とする仏教系大学としては、駒澤大学1592年創立曹洞宗)、龍谷大学1639年創立浄土真宗本願寺派)、大谷大学1665年創立真宗大谷派)、花園大学1872年創立臨済宗)などがある。

※この「学寮」の解説は、「カレッジ」の解説の一部です。
「学寮」を含む「カレッジ」の記事については、「カレッジ」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:06 UTC 版)

大谷大学」の記事における「学寮」の解説

大谷大学では学生寮旧例倣い「学寮」と呼ぶ 貫練学寮(京都市北区大宮薬師山西町1980年開寮の男子寮。『無量寿経』の「貫練群籍群籍(ぐんじゃく)を貫練(かんれん)す)」から命名自灯学寮(京都市左京区松ヶ崎御所内町1967年開寮の女子寮であるが老朽化により、1984年開寮の男子寮「知真学寮」を1996年に休寮とし、その建物改装して移転したもの。『涅槃経』の「自灯明法灯明(自(みずか)らを灯明とうみょう)とし法を灯明とせよ)」から命名

※この「学寮」の解説は、「大谷大学」の解説の一部です。
「学寮」を含む「大谷大学」の記事については、「大谷大学」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:24 UTC 版)

洛南高等学校・附属中学校」の記事における「学寮」の解説

睦寮という男子学寮がある。入寮希望者出願時に入寮願」を提出しなければならない。その他、寮である塔頭宝菩提院もあったが、現在廃寮となっている。 入学後登校困難となり入寮する場合もある。 学業生(空パラダイム・海パラダイムα)とスポーツ生(海パラダイムβ)の割合それぞれ1:4程度である。 2021年現在、睦寮は閉寮中であり、寮希望者一人一室アパート型の寮を割り当てられている。 睦寮には、解体する案などもある。

※この「学寮」の解説は、「洛南高等学校・附属中学校」の解説の一部です。
「学寮」を含む「洛南高等学校・附属中学校」の記事については、「洛南高等学校・附属中学校」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:40 UTC 版)

西大和学園中学校・高等学校」の記事における「学寮」の解説

青雲寮中学1年生高校1年生)が学園敷地内に、清榮寮(高校2年生高校3年生)が隣接する白鳳短期大学敷地内にあるいずれも男子寮自宅からの通学所要時間片道2時間上であること入寮条件となっているが、大学受験の配慮として、主に高校2年生から、通学時間2時間以内でも入寮許可得られる場合がある

※この「学寮」の解説は、「西大和学園中学校・高等学校」の解説の一部です。
「学寮」を含む「西大和学園中学校・高等学校」の記事については、「西大和学園中学校・高等学校」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:47 UTC 版)

泉岳寺」の記事における「学寮」の解説

境内には学寮があり、後に吉祥寺旃檀林学寮青松寺獅子窟学寮と統合して駒澤大学発展したほか、現在でも僧侶境内の学寮で共同生活行いながら大学に通学している。 中門2019年4月14日撮影大石内蔵助良雄銅像2019年4月14日撮影山門2019年4月14日撮影義士入口の門(2019年4月14日撮影赤穂義士記念館2019年4月14日撮影義士木像館(2019年4月14日撮影講堂2019年4月14日撮影庫裏・衆遼(2019年4月14日撮影檀家墓地2019年4月14日撮影義士祭の様子(2019年12月14日撮影

※この「学寮」の解説は、「泉岳寺」の解説の一部です。
「学寮」を含む「泉岳寺」の記事については、「泉岳寺」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 17:03 UTC 版)

琉球大学」の記事における「学寮」の解説

大学運営する学寮として千原寮(せんばるりょう)が設置されている。千原キャンパス北口宜野湾口)のそばに位置し男子寮5棟(南星棟・北辰棟・海邦棟・男子住棟男子新混住棟)と女子寮3棟紫陽花棟・女子住棟女子新混住棟)および共用棟と呼ばれる学寮事務室自販機備えた談話室ホールからなる。 全棟鉄コンクリート造で、全部個室居住者専用駐車場設けられている。

※この「学寮」の解説は、「琉球大学」の解説の一部です。
「学寮」を含む「琉球大学」の記事については、「琉球大学」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 00:14 UTC 版)

弘学館中学校・高等学校」の記事における「学寮」の解説

2010年度より、中学生男子は「アカデミアハウス」、高校生男子は「陽光学舎」、希望者高校生女子中学女子は「ドーミー・パル」と呼ばれる学寮に入寮する。男子生徒中学高校入学後1年間寮生活義務づけられており、2年目以降希望者退寮通学認められる。しかし、ほとんどの生徒2年目以降寮生活行っている。 学寮には毎晩ではないが学習時間教師交代で赴き、生徒からの質問相談受け付けたり学習態度の悪い生徒への指導行ったりしている。また、卒業生現役佐賀大学医学部生も学習時間交代で赴き、生徒からの質問(ただし難問は除く)を受け付けている。 寮生インターネットなどを利用することはできない職員向けには整備されている)。また、ゲーム機パソコン携帯電話ヘアーアイロン電気ポット漫画iPodなどの持ち込み禁止されている。なお、菓子に関して2017年度より許可された。 2021年より学習教材としてiPad全生徒配布されており学校、寮、自宅生徒自由に使用することができる。 実家への帰省は、基本的に午前中授業受けた後の毎週土曜日午後から翌日曜日までできる。ただし必ず「帰省書」というものを書かねばならず、さらに帰寮は日曜日午後6時30分まで、長期帰省の場合は午後6時までに済まさなければならないまた、定期考査模試期間中土日帰省はできずに、残寮しなければならない公式サイトには、「国・英数・理・社の正課授業担当する教師が、毎日交代で4名ずつ寮に出向き寮生夜間学習指導を行う。」と記載されているが、2015年現在中学1,2年生を対象に英語、数学のみ夜間の復習授業「イブニングスクール」がある。

※この「学寮」の解説は、「弘学館中学校・高等学校」の解説の一部です。
「学寮」を含む「弘学館中学校・高等学校」の記事については、「弘学館中学校・高等学校」の概要を参照ください。


学寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 06:39 UTC 版)

岩手大学」の記事における「学寮」の解説

上田地区大学キャンパス内)に自啓寮、同袍寮、高松地区大学から約2km)に国際学生宿舎の北謳寮、紅梅寮を置く。

※この「学寮」の解説は、「岩手大学」の解説の一部です。
「学寮」を含む「岩手大学」の記事については、「岩手大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学寮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学寮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学寮」の関連用語

学寮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学寮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学寮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカレッジ (改訂履歴)、大谷大学 (改訂履歴)、洛南高等学校・附属中学校 (改訂履歴)、西大和学園中学校・高等学校 (改訂履歴)、泉岳寺 (改訂履歴)、琉球大学 (改訂履歴)、弘学館中学校・高等学校 (改訂履歴)、岩手大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS