空海とは?

くうかい【空海】


くうかい 【空海】

平安初期真言宗開祖醍醐天皇よりの贈号弘法大師讃岐香川県佐伯氏の出。幼名真魚。京で学び一八歳で仏門を志した。以来四国奈良修行勉学し、二四歳の時、儒教仏教道教比較をした『三教指帰』を著す。三一歳に入唐し二年して帰り高雄山寺高野山東寺などで密教弘め学校綜芸種智院開き高野山寂した。能筆三筆一人とされ、『十住心論』他著書多数。ほぼ全国教化伝説がある。高野大師。(七七四~八三五

空海―勤念のかなた

作者澤田ふじ子

収載図書風浪の海
出版社広済堂出版
刊行年月2001.11
シリーズ名広済堂文庫


空海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 04:15 UTC 版)

空海(くうかい、774年宝亀5年〉- 835年4月22日承和2年3月21日〉)は、平安時代初期の弘法大師(こうぼうだいし)の諡号で知られる真言宗の開祖である。俗名佐伯 眞魚(さえき の まお[1][2]




注釈

  1. ^ 母の名は「玉依御前」「阿古屋御前」などと称されるが、正確なところは不明である。
  2. ^ 空海の出生月日が6月15日であることを裏付ける史料はなく、後世の付会であることは、多くの空海関係書で言及されている。たとえば次の文献を参照。上山春平『空海』、朝日新聞社(朝日選書)、1992、p.49。竹内信夫『空海入門』、筑摩書房(ちくま新書)、1997、p.79。
  3. ^ 空海の誕生日を「6月15日」とするのは、頼瑜1304年没)の『真俗雑記』が初見である[4]
  4. ^ 『聾瞽指帰』は、序文と巻末の十韻詩が『三教指帰』とは異なるが、本文は同一である。なお、『聾瞽指帰』については、近年空海筆に対する賛否があり確定していない。米田弘仁「三教指帰」(『日本仏教の文献ガイド』所収)などに詳しい。
  5. ^ 太政官符の得度年については延暦22年が多いが醍醐寺の聖賢『高野大師御広伝』写しでは延暦23年としている[7]
  6. ^ 空海が朝廷に献上する経典の目録「御請来目録」に「闕期の罪、死して余り有りと雖も、ひそかに喜ぶ得がたき法を生きて将来せることを」 と書いているから、規則違反で「闕期の罪」に問われたと、専門家の書籍[19] まで書いているが遣唐使判官の承認での経由と唐朝短縮許可という正規の手続きを経て、罪にも問われていないし、軽い謹慎の扱いである。謙譲的な文言との意見もある[20]
  7. ^ 真済に仮託して10世紀ごろ書かれたとするのが通説。
  8. ^ 映画の制作に当たり、十八派に分断されていた真言宗が、祖師のもと一致団結すべしという機運が盛り上がり、宗派を縦断した映画制作委員会が結成される。
  9. ^ 『経国集』の全20巻中、伝存するのは梵門(仏教詩部門)を収めた巻十を含む6巻しかなく、全容が不明であることを考慮しても、空海の詩は仏教詩だけでなく、雑詠の巻十一、巻十三にもある。
  10. ^ 史実としては、南側の複数の門を担当している。東側の諸門は嵯峨帝自身が、北側を橘逸勢が、西側を(三筆に数えられていない)小野美材が担当。

出典

  1. ^ 弘法大師の誕生と歴史”. 高野山真言宗 総本山金剛峯寺. 2019年1月18日閲覧。
  2. ^ 得度の延暦24年太政官符も俗名「眞魚」とする。
  3. ^ 『続日本後紀』承和3年(836年)2月紀。
  4. ^ 佐藤良盛『わが家の宗教 真言宗』、大法輪閣、1988、p.38
  5. ^ 007 平城京の寄宿先「佐伯院」|空海誕生 -エンサイクロメディア空海-”. 密教21フォーラム. 2019年1月18日閲覧。
  6. ^ 頼富 2015, p. 76.
  7. ^ 頼富 2015, p. 78高木訷元校訂
  8. ^ 頼富 2015, p. 77.
  9. ^ 頼富 2015, p. 54-55.
  10. ^ 東野治之 2007, pp. 111-118、「薬生」史料は、安然『真言宗教時義』
  11. ^ 東野治之 2007, pp. 122-123.
  12. ^ 石田実洋 2011, pp. 222-223.
  13. ^ 東野治之 2007, pp. 111-118..
  14. ^ 空海「遍照発揮性霊集」。
  15. ^ 渡辺照宏宮坂宥勝『沙門空海』筑摩叢書 1967年 pp.69、242
  16. ^ 一条真也『超訳 空海の言葉』(KKベストセラーズ)6ページ
  17. ^ a b 渡辺照宏宮坂宥勝『沙門空海』筑摩叢書 1967年 pp.87-92
  18. ^ 平山徳一『五島史と民俗』(私家版 1989年[要ページ番号]
  19. ^ 松長有慶『空海・心の眼をひらく - 弘法大師の生涯と密教』 大法輪閣 2002年 p,106、高木訷元, ‎岡村圭真『密教の聖者空海』<日本の名僧4> 吉川弘文館 2003年 p.72 など
  20. ^ 宮坂宥勝『空海の人生と思想』春秋社 1976年 p.26
  21. ^ 入澤宣幸『ビジュアル百科 日本史1200人』(西東社)35頁
  22. ^ 阿部龍一「『聾瞽指帰』の再評価と山林の言説」『奈良平安時代の〈知〉の相関』根本誠二・秋吉正博・長谷部将司・黒須利夫編、岩田書院、2015年。 ISBN 978-4-87294-889-9[要ページ番号]
  23. ^ 高野山奥之院御廟 〜1200年間続く弘法大師空海の食事〜|わかやま歴史物語”. 2020年5月18日閲覧。
  24. ^ 「高野山真言宗壇信徒必携」新居祐政 高野山出版社[要ページ番号]
  25. ^ 伝説では、『拾遺往生伝』によると「土佐の金剛頂寺十一世住職・蓮臺が承徳2年(1098年)6月7日に高野山からの帰路「南無弘法大師遍照金剛菩薩」と唱えたのが最初という」
  26. ^ 東寺の僧・亮禅が嘉元4年(1306)に唱え東寺を中心に広まったとされ、一方、八字の宝号は室町時代中期に高野山の印融らにより作られ、六字の宝号をしのぎ広まった。(印度学仏教研究45巻2号平成9年3月日野西真定/著による)
  27. ^ 「本朝伝法灌頂師資相承血脈」(『大日本古文書』家わけ19、醍醐寺文書之一、279号)所載。
  28. ^ 「弘法大師影像図考」水原堯栄 国立国会図書館デジタルコレクション
  29. ^ 高野山開創1200年「高野山の名宝」リーフレット 2014~2015年 あべのハルカス美術館・サントリー美術館
  30. ^ 森正人『四国遍路の近現代-「モダン遍路」から「癒しの旅」まで』創元社、2005年。[要ページ番号]
  31. ^ a b 木村卜堂日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)P.18 - 21
  32. ^ 鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月、ISBN 978-4-8195-0145-3)P.212
  33. ^ 空海・酒麻呂の関係については、『日本三代実録』貞観3年11月11日条に記載されている。
  34. ^ 日本文理大学・河野研究室 名水の部屋”. 2011年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月18日閲覧。弘法水の水文科学的研究
  35. ^ a b 湯山賢一 「後醍醐天皇宸筆天長印信」、西川新次; 山根有三編 『醍醐寺大観』 3巻 岩波書店、2001年、解説部87–88頁。ISBN 978-4000089180 
  36. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “『護摩の灰』”. コトバンク経由. 2020年4月1日閲覧。
  37. ^ “染谷将太がチェン・カイコー監督作「空海―KU-KAI―」で主演”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/eiga/news/205591 2016年10月17日閲覧。 



空海

出典:『Wiktionary』 (2019/01/02 06:11 UTC 版)

人名

 くうかい

  1. 日本史》 平安時代初期密教で、真言宗(wp)教祖開祖1.)にして真言八祖(wp)の八祖。774年宝亀5年) - 835年承和2年)。俗名(wp)佐伯真魚(さえきのまお)(うち、真魚幼名(wp))。法号空海灌頂(wp)・密号は遍照金剛諡号弘法大師の名でも知られ、一般に「大師」「御大師おだいしさま」「お大師さんといえば、空海を指す。「弘法様」「弘法さん」とも呼ぶ。能書家としても著名で、中国では五筆和尚(wp)一人日本では入木道(wp)とされ、三筆(wp)筆頭にも挙げられる。
  2. 日本史》 室町時代(wp)戦国時代(wp)茶人東山流。通称は島右京

由来

室戸岬御厨人窟修行(wp)んでいた24彼の口に、明星飛び込んできて、そのとき悟りいたといわれるが、洞窟の中から見た景色だけであったため、それ以後、空海と名乗るようになった伝えられる。

諺・格言

解釈人間は、生まれては死に、死んでは生まれて、何度も転生するが、生まれ始め無明(wp)真理などせず、死にんではの闇にあって真理解すには遠い人間というものは、いったい何度生まれ変われば生と死真理理解し得るのか。

関連語




空海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空海」の関連用語

空海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの空海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS