江戸幕府とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 江戸幕府の意味・解説 

江戸幕府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/29 23:30 UTC 版)

江戸幕府(えどばくふ)は、江戸時代における日本武家政権1603年慶長8年)に徳川家康征夷大将軍に補任し、江戸を本拠として創立した。その終末は、諸説あるが大政奉還が行われた1867年慶応3年)までの約264年間とされる。


注釈

  1. ^ これに対して、財政・司法・行政などの日常の政務に従事する、寺社勘定の三奉行及びその配下の職や将軍家の家政に関わる職を役方と言った。ただし、番方と役方とは対立した存在ではなく、両者の間には身分の相違があるものでもなく、役方の頭領(奉行)の多くは番方出身者で占められているように人事の交流がみられた。
  2. ^ この東国の後進性の問題はなかなか解消されず、江戸中期になっても依然として幕府財政は上方経済に依存していたことが指摘されている[27]

出典

  1. ^ 明治維新史学会 2011, pp. 3–5.
  2. ^ 幕府(ばくふ)/ 時代劇用語指南(2008年5月29日)”. 山本博文 (解説) / 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス. 2021年11月15日閲覧。
  3. ^ 関山 1943, pp. 63.
  4. ^ 家康公の生涯 - 隠居でなかった家康の晩年”. www.visit-shizuoka.com. 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ a b 藤野保『徳川幕閣』1990年、中央公論社
  6. ^ 駿府から発信された幕府政治”. 静岡県立中央図書館. 2020年11月3日閲覧。
  7. ^ 鎌田、1992年、50頁。
  8. ^ a b 跡部 2019, p. 81.
  9. ^ a b 藤田 2019, p. 115.
  10. ^ 藤田 2019, p. 120.
  11. ^ 太田牛一『信長公記』。 
  12. ^ 谷口克広『織田信長合戦全録』中央公論社、2002年1月、146頁。ISBN 978-4121016256 
  13. ^ 佐藤大規「豊臣大坂城天守の復元的研究」『史學研究』第270巻、広島史学研究会、2011年2月、35頁、ISSN 03869342 
  14. ^ 本多博之『天下統一とシルバーラッシュ』吉川弘文館、2015‐06、114頁。ISBN 9784642058049 
  15. ^ 玉野 富雄、金岡 正信「大阪城石垣の技術史」『大阪産業大学論集. 自然科学編』第125巻、大阪産業大学、2015年3月、10頁、ISSN 02871394NAID 110009900716 
  16. ^ 天野 光三他「徳川期大坂城城郭石垣構造の土木史的研究」『土木学会論文集』第2000巻第660号、土木学会、2000年、102頁、ISSN 18827187NAID 130003801661 
  17. ^ a b c 藤田 2019, p. 117.
  18. ^ 跡部 2019, pp. 78‐79.
  19. ^ 藤田 2019, pp. 116–117.
  20. ^ 中村 博司「徳川時代の大阪城再築工事をめぐって : 甲山石切丁場と城内巨石の紹介を中心に」『時計台』第76巻、関西学院大学図書館、2006年4月、19頁、ISSN 09183639 
  21. ^ a b c 藤田 2019, p. 116.
  22. ^ 久保 1988, p. 30.
  23. ^ 藤田 2019, p. 113.
  24. ^ 藤田 2019, p. 114.
  25. ^ 跡部 2019, p. 82.
  26. ^ 「初期幕政における二元政治論序説」『奈良史学』第10巻、奈良大学史学会、1992年12月、53-54頁、ISSN 02894874NAID 120002677113 
  27. ^ 鶴岡実枝子「享保改革期の米価政策からみた江戸の位置」『史料館研究紀要』第10巻、史料館、1978年3月、121‐122、ISSN 03869377NCID AN00119099 



「江戸幕府」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江戸幕府」の関連用語

江戸幕府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江戸幕府のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江戸幕府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS