大目付とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 目付 > 大目付の意味・解説 

おお めつけ おほ- [3] 【大目付】

江戸幕府職名1632年設置当初総目付といわれた。老中の下にあって、大名旗本諸役人の政務行状監察主な任務とした。大名目付大横目

大目付

読み方:オオメツケ(oometsuke)

江戸幕府職名老中配下要職


大目付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/01 07:43 UTC 版)

大目付(おおめつけ)は、江戸幕府及び諸藩の役職の一つ。古くは惣目付(そうめつけ)、大監察(だいかんさつ)とも呼ばれた。目付の上位。


  1. ^ 加賀爪上杉氏。「寛政重修諸家譜」などでは「加々爪」とも表記される場合あり。9,500石の大身旗本。
  2. ^ 軍学者・兵法家としても知られる。北条流軍学の祖。
  3. ^ 深谷上杉氏。87歳になるまで勤めた最高齢者。


「大目付」の続きの解説一覧



大目付と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大目付」の関連用語

大目付のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大目付のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大目付 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS