長州藩とは?

長州藩

読み方:ちょうしゅうはん
別表記:萩藩毛利藩山口藩

毛利氏藩主として、現在の山口県に相当する防長二州周防国長門国)を領有した藩。長府藩徳山藩清末藩岩国藩支藩があった。長州藩は幕末倒幕運動中心となり、明治期藩閥政治では、長州藩出身者が政府において大きな支配力を有した(長州閥)。

長州藩 (ちょうしゅうはん)

江戸時代萩藩のことを言います。支藩[しはん]は含みません。しかし、江戸時代終わりから明治初めにかけて、長州藩という場合は、支藩を含めた周防[すおう]・長門[ながと]両国指します。


長州藩

読み方:チョウシュウハン(choushuuhan)

長門阿武郡の藩名。

別名 萩藩山口藩


長州藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 03:50 UTC 版)

長州藩(ちょうしゅうはん)は、江戸時代周防国長門国を領国とした外様大名毛利家を藩主とする。家格は国主大広間詰。




  1. ^ a b 『日本歴史地名体系 山口県の地名』平凡社出版
  2. ^ a b c 長州藩”. 日本大百科全書. コトバンク. 2015年12月6日閲覧。
  3. ^ 萩城:幕末時は多くの志士を生み討幕への起爆剤となった長州藩萩城(指月城)(2014年8月5日時点のアーカイブ
  4. ^ 越後国佐橋荘は嫡男の基親が相続した。
  5. ^ 毛利貞親・親衡は越後の毛利領を拠点に南朝に味方し活動。
  6. ^ 吉田郡山城の築城者といわれる時親が曾孫の元春を後見した。
  7. ^ 慶長5年の検地による石高。慶長10年(1605年)の毛利家御前帳にも同様の石高が記載。
  8. ^ 原文ママ。『幕末史の研究』の記述においては、この儀式の後に「年賀の儀式に移る」とされている
  9. ^ a b 井野辺茂雄『幕末史の研究』(雄山閣、1927年)283-284頁
  10. ^ 「関ヶ原四〇〇年の恩讐を越えて」『文藝春秋』2000年10月号(毛利家71代当主毛利元敬、島津家32代当主島津修久、黒田家16代当主黒田長久、山内家18代当主山内豊秋、司会半藤一利)※毛利家では慣習上、天穂日命を初代として数えるため現当主は71代と公称している。
  11. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 四国艦隊下関砲撃事件(コトバンク)
  12. ^ 世界大百科事典 第2版 奇兵隊(コトバンク)
  13. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 長州征伐(コトバンク)
  14. ^ 長州藩主が龍馬に短刀? 「吉光」が坂本本家筋に伝承 高知新聞2017年11月25日
  15. ^ a b 百科事典マイペディア 薩長同盟(コトバンク)
  16. ^ 朝日日本歴史人物事典 木戸孝允(コトバンク)
  17. ^ 中西立太「日本の軍装」、2006年
  18. ^ 大辞林 第三版 上野戦争(コトバンク)
  19. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)脱隊騒動(コトバンク)
  20. ^ 藩名・旧国名がわかる事典 長州藩(コトバンク)
  21. ^ 朝日日本歴史人物事典 毛利元徳(コトバンク)
  22. ^ 『毛利家文書』「江戸桜田上屋敷指図(寛政8年)」
  23. ^ 慶長15年(1610年)に秀忠の上杉邸への御成りがあり、能や茶会などの饗応が行なわれている。(「国宝 上杉家文書」)


「長州藩」の続きの解説一覧

長州藩

出典:『Wiktionary』 (2010/07/27 20:15 UTC 版)

固有名詞

ちょうしゅうはん

関連語




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長州藩」の関連用語

長州藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長州藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長州藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの長州藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS