マシュー・ペリーとは?

マシュー・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/28 02:36 UTC 版)

マシュー・カルブレイス・ペリーMatthew Calbraith Perry, 1794年4月10日1858年3月4日)は、アメリカ海軍軍人


  1. ^ 鎖国をされていたという17世紀半~19世紀半、幕府は松前(アイヌ)、対馬(中国)、長崎(オランダ)、薩摩(琉球)の4つの口と呼ばれる外交窓口を開き貿易を行っており、長崎では当時既にオランダを通じ金や銀を輸出し、アメリカからも毛皮などを輸入していた。その背景から「鎖国」の有無の認識が変わりつつあり、ペリーは「開国」の要求ではなく「開港」の要求であったと一部の教科書の表記も更新されている。
  2. ^ 伊藤千尋『反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO!』集英社 (2007/12/14)、ISBN 978-4087204209
  3. ^ 日本開国交渉の任務は当初先代の司令官であるジョン・オーリックに与えられたが、オーリックは部下とトラブルを起こしたため病気を理由に解任され、ペリーがその任務を引き継いだ(ただし発砲は禁止された)
  4. ^ Samuel Eliot Morison著「"Old Bruin": Commodore Matthew C. Perry, 1794-1858」 Little, Brown (1967) ASIN: B0006BQM6O
  5. ^ Famous Freemason M-Z
  6. ^ The Papers of William Alexander Graham, Vol. IV 1851-1856, The North Carolina Department of Archives and History, 1961, Hamilton
  7. ^ 但し、蒸気機関車模型の運転に関しては、エフィム・プチャーチンが長崎で披露した方が若干早かった(1853年8月24日)。これに立ち会った佐賀藩の本島藤太夫と中村奇輔であった。中村は石黒寛次、田中久重(からくり儀右衛門)と協力し、およそ2年後の1855年8月1日に、模型の蒸気機関車を作製、藩主鍋島直正に披露した。
  8. ^ 沢和哉「日本の鉄道 100年の話」1972年、築地書館、7頁。
  9. ^ エンボッシング・モールス電信機〈ペリー将来/米国製〉 - 郵政博物館(収蔵品のご紹介)2018年6月19日閲覧
  10. ^ 杉浦昭典著 「蒸気船の世紀」 NTT出版 平成11年(1999年)6月28日初版第一刷発行 ISBN 4-7571-4008-8
  11. ^ 上喜撰とは緑茶の銘柄である「喜撰」の上物という意味であり、「上喜撰の茶を四杯飲んだだけだが(カフェインの作用により)夜眠れなくなる」という表向きの意味と、「わずか四杯(ときに船を1杯、2杯とも数える)の異国からの蒸気船(上喜撰)のために国内が騒乱し夜も眠れないでいる」という意味をかけて揶揄している。
  12. ^ 『新英和中辞典』(研究社、第3版)
  13. ^ 『リーダーズ英和辞典』(研究社、第2版)
  14. ^ Seawaves,"Warships Supporting Earthquake in Japan" Archived 2011年3月23日, at the Wayback Machine.
  15. ^ Narrative of the expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan, 1856.


「マシュー・ペリー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マシュー・ペリー」の関連用語

マシュー・ペリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マシュー・ペリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマシュー・ペリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS