モーリー・ロバートソンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > ミュージシャン > 日本のミュージシャン > モーリー・ロバートソンの意味・解説 

モーリー・ロバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 10:28 UTC 版)

モーリー・ロバートソン(Morley Robertson、1963年1月12日 - )は、日本を中心に活動している米国籍のタレント、DJラジオパーソナリティミュージシャンジャーナリストニューヨーク生まれの広島市育ち[1][official 1][2][3][4]


注釈

  1. ^ ABCCは調査が目的の機関であるため、被爆者の治療には一切あたることはなかった。モーリーの家族の認識は、父が被爆者の健康が戻るように助けているんだという意識であったという[2]

出典

  1. ^ モーリー・ロバートソン チャンネル
  2. ^ a b c d e f g “核なき世界 - NHKオンライン”. 週刊ニュース深読み (NHK総合テレビジョン). (2017年8月8日). オリジナルの2016年8月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160814120429/https://www.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2016/160521.html 2018年7月19日閲覧。 
  3. ^ フジテレビ『ユアタイム~あなたの時間~』に見る可能性
  4. ^ a b c d e “国際ジャーナリスト モーリー・ロバートソン氏と学長の対談(広告)を新聞に掲載しました”. 広島大学. (2017年8月8日). オリジナルの2018年7月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180715025738/https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/41118 2018年7月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d モーリー・ロバートソン×平川克美「ラジオの街で逢いましょうプラス1」
  6. ^ a b c d e f g h i j 「スクールデイズ 日米 教育の違いに困惑」読売新聞 朝刊 2018年12月6日 p.18
  7. ^ ぼくは「被爆者に差別されるアメリカ人の子供」だった - Togetter
  8. ^ a b 水道橋博士の「博士の悪童日記」 : 7月24日 火曜日 - ライブドアブログ
  9. ^ タモリ倶楽部がいつもより遅くてチャンネルを回してたら...
  10. ^ モーリー・ロバートソン 学校への反発心で東大に合格 - 日経DUAL
  11. ^ モーリー・ロバートソンのBOOK JOCKEY【第7回】~ロックは必ずしも反アベではない~
  12. ^ a b サンデー毎日、1981年8月23日号pp.11-13
  13. ^ モーリー・ロバートソン氏、東大を4か月で中退したワケ「合格して燃え尽きた」
  14. ^ モーリー・ロバートソンが語る、「ぼくたちは何を読んできたか」①その青春の軌跡 モーリーのBOOK JOCKEY【第2回】p+dmagazine
  15. ^ モーリー・ロバートソンが語る、「ぼくたちは何を読んできたか」②その青春の軌跡 モーリーのBOOK JOCKEY【第3回】
  16. ^ a b モーリー・ロバートソンが語る、「ぼくたちは何を読んできたか」(最終回)その青春の軌跡 モーリーのBOOK JOCKEY【第5回】pdmagazine
  17. ^ プロフィール”. Office Morley. 2016年3月18日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ モーリー・ロバートソンさんにきときと魚大使を委嘱!
  19. ^ ポラロイド社とモーリー・ロバートソンの共同ウェブ発信計画スタート 豪華製作メンバーが創る 〜真実・感動・楽しさ!〜(日本ポラロイド株式会社サイト内)
  20. ^ 日本ポラロイドが「チベトロニカ・プロジェクト」の活動報告会(六本木経済新聞)
  21. ^ 水道橋博士のメルマ旬報 - BOOKSTAND
  22. ^ モーリーのBOOK JOCKEY - P+D MAGAZINE
  23. ^ コラム『点と線』 - Newsweek日本版


「モーリー・ロバートソン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モーリー・ロバートソン」の関連用語

モーリー・ロバートソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



モーリー・ロバートソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモーリー・ロバートソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS