白人至上主義とは? わかりやすく解説

白人至上主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 02:20 UTC 版)

白人至上主義(はくじんしじょうしゅぎ、: white supremacy)は、人種差別的思想のひとつであり、スローガンとして「ホワイト・パワー」[1]・「ホワイトプライド」という言葉が頻繁に用いられる。


  1. ^ : White Power
  2. ^ Michael D. Biddiss『Father of Racist Ideology: The Social and Political Thought of Count Gobineau』Littlehampton Book Services Ltd. 1970年 ISBN 978-0297000853、45頁。
  3. ^ ワグナー・グループ 2022年6月14日閲覧
  4. ^ 東欧の極右(ミヒャエル・ミンケンベルクヴィアドリナ欧州大学教授) ル・モンド 2011年1月
  5. ^ : American Nazi Party
  6. ^ : National Alliance
  7. ^ エド・サリバン・ショーにおいて、ボブ・ディランが「ジョン・バーチ協会のブルース」を歌おうとして、テレビ局側によって拒否された事件があった。エドはディランを擁護したが、結局ディランの出演は実現しなかった。
  8. ^ : White Aryan Resistance
  9. ^ American RenaissanceSPLC
  10. ^ American Runaissance公式サイト
  11. ^ 「世界の右翼」グループSKIT著。p.111
  12. ^ 「10人に1人は人種至上主義者」豪の大学が調査” (日本語). MSN産経ニュース. 2009年5月25日閲覧。
  13. ^ Invaders from India, Enemies in East: New Zealand Shooter's Post After a Q&A Session With Himself”. News18. 2019年3月16日閲覧。
  14. ^ Zivanovic, Maja. “New Zealand Mosque Gunman ‘Inspired by Balkan Nationalists’”. Balkaninsight.com. Balkaninsight. 2019年3月15日閲覧。
  15. ^ Attacker posted 87-page "anti-immigrant, anti-Muslim" manifesto”. edition.cnn.com. 2019年3月15日閲覧。
  16. ^ Is New Zealand discriminating against Muslims?” (英語). Stuff. 2019年3月20日閲覧。
  17. ^ a b Warning signs of terror attack in New Zealand have been apparent, experts say” (英語). Stuff. 2019年3月20日閲覧。
  18. ^ Kingsley, Patrick (2019年3月15日). “New Zealand Massacre Highlights Global Reach of White Extremism” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/03/15/world/asia/christchurch-mass-shooting-extremism.html 2019年3月20日閲覧。 
  19. ^ 10 Ways the Beauty Industry Tells You Being Beautiful Means Being White
  20. ^ a b When Whiteness is the Standard of Beauty
  21. ^ Beauty standards are rooted in whiteness
  22. ^ Sauers, Jenna (2013年3月12日). “World's Top Fashion Weeks Nearly 90% White”. Jezebel. 2022年8月6日閲覧。
  23. ^ Sauers, Jenna (2013年2月18日). “Fashion Week's Models Are Getting Whiter”. Jezebel. 2022年8月6日閲覧。
  24. ^ The Fashion Industry's Racism Harms Everyone
  25. ^ Report: Racial Diversity Ticks Up Slightly, Size, Age and Gender Representation All Drop for Fashion Month Spring 2021”. theFashionSpot (2020年10月19日). 2022年8月6日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h i “アジア系アメリカ人と交際するオルタナ右翼たち なぜアジア系女性は、白人至上主義者に好かれてしまうのか?”. クーリエ・ジャポン (講談社). (2020年6月19日). オリジナルの2020年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200621091213/https://courrier.jp/news/archives/202382/?ate_cookie=1592730731 
  27. ^ 「東洋人らしいセーラームーン」に思う外国人が求める「日本人らしさ」:朝日新聞GLOBE+


「白人至上主義」の続きの解説一覧

白人至上主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 14:22 UTC 版)

ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル」の記事における「白人至上主義」の解説

典型的なNSBMバンドヨーロッパ白色人種他の人種よりも優れている考える。彼らは"民族衛生学”に関心があり、白色人種の”純血"と伝統文化とを守りたい考えている。"人種混ざり合うことで”、白人伝統文化が何世紀にも渡って劣化"しているというのであるこのような考え方は、ヒトラー我が闘争の"民族人種"の章で述べられている考え類似しているナチ指導者汎ゲルマン主義と反スラヴ主義とっていたのに対しNSBMシーンでは最初期からドイツのバンドポーランドバンド活動している。この矛盾隠蔽されるか、相対化されるか、もしくは歴史自体間違い犯した糾弾される。ナチスドイツ東欧諸国同盟を結ぶことをユダヤ人妨害したのだ、という陰謀論もある。ウクライナバンドNokturnal MortumのギターヴォーカリストであるKnjaz Varggothはこの矛盾こう説明している。「ロシアバンドTemnozerのGoruthは、スラヴ民族ドイツ民族はともにヒュペルボレイオスアーリア人種一部だったが、退廃によって今日では差が出てしまったのだ、と考えている。」BlackdeathPara Bellumナチスドイツロシア戦争は「ヒトラー唯一犯した間違い」だとしている。

※この「白人至上主義」の解説は、「ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル」の解説の一部です。
「白人至上主義」を含む「ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル」の記事については、「ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル」の概要を参照ください。


白人至上主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 03:54 UTC 版)

福澤諭吉」の記事における「白人至上主義」の解説

白人絶賛する一方で黄色人種については「勉励を為すと雖ども其才力狭くして事物進歩甚だ遅し」と否定的であり、さらにその他の有色人種については野蛮人評している。 前条如く世界人員を五に分ち性情風俗大概論ずること左の如し(一)白皙人種 皮膚麗しく毛髪細にして長く頂骨大にして前額(ヒタイ)高く容貌骨格都て美なり其精心聡明にして文明極度に達す可きの性ありこれを人種の最とす欧羅巴一洲、亜細亜西方亜非利加の北方、及ひ亜米利加住居する哲人は此種類人なり (二)黄色人種 皮膚の色黄にして油の如く毛髪長くして黒く直くにして剛し頭の状稍や四角にして前額低く腮骨平にて広く短く眼細く且其外眥斜に上れり其人の性情よく艱苦堪へ勉励を為すと雖ども其才力狭くして事物進歩甚だ遅し支那「フヒンランド」(魯西亜西北ノ地)「ラプランドル」(同上フヒンランド北方ノ地)等の居民は此種類人なり (三)赤色人種 皮膚赤色茶色とを帯て如く黒髪直くして長く頂骨小にして腮(ホウ)骨高く前額低く口広眼光暗くして深く鼻の状、尖り曲て釣の如くの嘴(クチバシ)の如し体格長大にして強壮、性情険くして闘を好み復讎の念常に絶ることなし南北亜米利加土人は此種類人なり但しこの人種は白皙人の文明赴くに従ひ次第衰微し人員日に減少すと云ふ (四)黒色人種 皮膚の色黒く捲髪(チヾレゲ)羊毛束ねたるが如く頭の状、細く長く腮(ホウ)骨高く顋(アギト)骨突出し前額低く平たく大にして突出し大にして唇厚し身体強壮にして活溌に事をなすべしと雖ども性質懶惰にして開化進歩の味を知らず亜非利加沙漠南方在る土民及び売奴と為て亜米利加移居せる黒奴等は此種類人なり (五)茶色人種 皮膚茶色にして渋(シブ)の如く黒髪粗にして長く前額低くて広く大にして鼻短く眥(マシリ)は斜に上ること黄色人種如し性情猛烈復讎の念甚だ盛なり太平洋亜非利加の海岸近き諸島及び「マラッカ」(東印度の地)等の土民この種類の人なり — 福澤諭吉、『掌中万国一覧』21-26頁

※この「白人至上主義」の解説は、「福澤諭吉」の解説の一部です。
「白人至上主義」を含む「福澤諭吉」の記事については、「福澤諭吉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「白人至上主義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「白人至上主義」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白人至上主義」の関連用語

白人至上主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白人至上主義のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白人至上主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル (改訂履歴)、福澤諭吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS