知事とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 知事の意味・解説 

ち‐じ【知事】


ちじ 【知事】

仏教寺院で諸僧の雑事庶務司る役名。悦衆・営事とも。禅宗では事務司る僧をいい、都寺監寺副寺維那典座直歳六知事という。

知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 08:03 UTC 版)

知事(ちじ、英語: Governor)は、地方行政区画を統轄する官庁の長のことである。英語では governor というが、古代ローマの属州や、イギリスの海外領土governor は、「知事」ではなく「総督」と訳されることもある。




「知事」の続きの解説一覧

知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 17:22 UTC 版)

神戸大学の人物一覧」の記事における「知事」の解説

野崎欣一郎 - 第6-7滋賀県知事旧制姫路高校卒。 武市恭信 - 第50-53代徳島県知事旧制姫路高校卒。 奥田八二 - 第10-12福岡県知事九州大学名誉教授旧制姫路高校卒。

※この「知事」の解説は、「神戸大学の人物一覧」の解説の一部です。
「知事」を含む「神戸大学の人物一覧」の記事については、「神戸大学の人物一覧」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:29 UTC 版)

コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の記事における「知事」の解説

Brâncoveanuはボヤール階層急速に進歩しました80年間、彼は酌取り2番目の郵便配達員2番目のロゴパスおよびロゴパスの役職歴任しました。 1674年、ブランコヴェアヌはゲオルゲ・ドゥカ氏からブラショフ派遣され、そこで難民ボヤールに国に戻るよう説得した代表団には、彼の母方祖母であるイリーナ仲間未亡人)とプルヴ・カンタクジーノも含まれいました長い交渉の末、スタンカ・ブランコヴェアヌが加わり委託され使命果たされました。 同じ年に、彼はポペシュティのネアゴエの娘であるマリカ結婚し次にポペシュティの元アントニー氏の息子となった2年後紳士トルコ人からチヒルィーン包囲参加するように頼まれ宮廷との良好な関係を維持していた若いブランコヴェアヌは小さな軍隊同行しました。 9月帰国後、叔父のセルバン・カンタクジーノがブカレストからゲオルギオス・ドゥカから逃亡したことを知ったアドリアーノプルルーマニア時代のオドリュー)に到着し次にコンスタンティノープル到着したセルバンは、領主油注ぎワラキア王位へ彼自身任命得ました1678年秋にルシウクでブランコヴェアヌが従った叔父のセルバン・カンタクジーノの王位へ昇進は、ブカレスト議席管理人であり偉大なアガ事務所1679年1月から12月)に若い子孫を任命する結果となった。 bedfellow 。 1681年彼はコンスタンティノープル発見され、そこで彼は叔父代わってトランシルヴァニアのミハイ・アパフィの敵であるラディスラウ・チャキとクリストフォー・パスコと話し合いました。すなわち、正教会宗教)そしてメトロポリタンのサヴァ・ブランコビッチを復活させるために、 彼は正教会あきらめたくなかったので、カルヴァン主義者によって迫害され投獄された。 1683年ウィーンの門に到着した後、宗主国ワラキアであったオスマン帝国深刻な後退見舞われました。彼らはトルコ人によって1つずつ失われ帝国主義者ハンガリートランシルバニア損害を与えましたワラキア状況では、トルコ宗主国撤去許可されませんでしたIorgaは、この国の状況次のように説明しました。 「Pe toată linia Dunăriĭ [...] eraŭ numaĭ cetățĭ de ale Turcilor. Dar nu numaĭ atîta [...] în Bugeac, în partea sudică a Basarabieĭ, din vremea luĭ Mihaĭ Viteazul încă se aduseseră Tatariĭ. [...] era de ajuns un semn, și Tatariĭ din Bugeac, de la Sudul Basarabieĭ, ca și ceĭ din Dobrogea, să invadeze Moldova și Țara-Romănească.〔ママ〕 「 セルバン・カンタクジーノとレオポルト皇帝との交渉は、1683年ウィーン減圧後に始まりましたが、1688年の春まで結論達しませんでした規定は王国支払われる75,000ターラー賛辞必要に応じて領主与えられた6,000人の兵士援助でした(誰が彼に支払うのかという問題残っていました)。 しかし、セルバン・カンタクジーノはトルコ人タタール人敗北した後にのみオーストリア人加わり、国を捨てることができなかったため、問題は解決しませんでした。このdesideratum。 この事実にもかかわらず1688年3月9日、シェルバン・カンタクジーノ氏とその家族(ストルニクル・コンスタンティン、ミハイル・カンタクジーノ、義理の息子コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ)は、オーストリア人の前で忠誠の誓い立てました帝国使者論争克服できず、1688年5月18日セルバンからウィーン送られメッセージ結果なしに戻ってきた。 オーストリア人は彼らの陣営への即時通過要求しました、そして、領主がまだ拘束されることを望まなかったので皇帝は力で領主意志を破ることに決めました。 カラファ将軍上部ハンガリートランシルバニア帝国軍司令官)がベオグラードを主軍に包囲するために出発することになっていたが、退役軍人は4,000人の兵士と共にトランシルバニアに留まった。 リポバの征服後germană Lippa)、veteraniのはCaraffaとの別を介してオフ設定ルゴジカランセベシュに向けてOrşova8月14/24に到着Cerneţi 。 クロニスタのラドゥ・ポペスクの言葉によると: Atuncé Serbanŭ Vodă de aceasta înțelegândŭ de grabŭ trimise pre nepotu-seŭ Costandinŭ Brâncoveanulŭ vel-Logofetŭ, cu cârți la Viterani Generariulŭ, cu multă rugăciune si cu multe darurĭ scumpe, ca să se întórcă înapoĭ ear', ca nu cumva simțindŭ Turciĭ vorŭ zice că este țéra haină, si vorŭ porunci Tătarilorŭ de vorŭ veni aicĭ în țéră să o robéscă. Atuncé Viterani Generariulŭ înțelegândŭ de aceasta, numai decâtŭ s'au redicatŭ de acolo cu tótă óstea luĭ de au venitŭ pre suptŭ munte pînă la Câmpulungŭ.〔ママ王子兄弟であるミハイル・カンタクジーノとボヤールのコンスタンティン・バラセアヌが、クンプルングでのブランコヴェアヌの交渉加わった。ベテラニ将軍は、セルバン・カンタクジーノがワラキアキリスト教党への順守公然と宣言するために近親者構成されメッセージを送るという約束引き換えにブラショフに向けて国を離れるよう説得される可能性あります10月2/12日、メッセンジャーのIordache CantacuzinoMihai Cantacuzino、ConstantinBălăceanu、およびȘerbanVlădescuがウィーンに向けて出発しましたが、弁護士の力が十分でなかったため、1週間後トランシルヴァニア退役軍人によって止められました。 ȘerbanVodăはBrâncoveanuに有効な弁護士権限送りましたその後メッセンジャーは旅を続けることができました

※この「知事」の解説は、「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の解説の一部です。
「知事」を含む「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の記事については、「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 03:48 UTC 版)

ラーム・ナート・コーヴィンド」の記事における「知事」の解説

2015年8月8日インド大統領ビハール州知事として任命した

※この「知事」の解説は、「ラーム・ナート・コーヴィンド」の解説の一部です。
「知事」を含む「ラーム・ナート・コーヴィンド」の記事については、「ラーム・ナート・コーヴィンド」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 15:38 UTC 版)

ジョン・ウェズリー・デイヴィス」の記事における「知事」の解説

1853年フランクリン・ピアース大統領によりオレゴン準州知事に指名された。だが、彼の指名オレゴン人民には歓迎されず、わずか1年余り後に同職辞した

※この「知事」の解説は、「ジョン・ウェズリー・デイヴィス」の解説の一部です。
「知事」を含む「ジョン・ウェズリー・デイヴィス」の記事については、「ジョン・ウェズリー・デイヴィス」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 07:15 UTC 版)

茨城県」の記事における「知事」の解説

詳細は「茨城県知事一覧を参照 大井川和彦2017年9月26日〜、公選19代、1期目戦後大井川までの公選知事は5人と、石川県(4人)に次いで少ない。

※この「知事」の解説は、「茨城県」の解説の一部です。
「知事」を含む「茨城県」の記事については、「茨城県」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:58 UTC 版)

千葉県」の記事における「知事」の解説

現・千葉県知事民選第9代熊谷俊人くまがいとしひと)2021年令和3年4月5日 - 歴代知事については千葉県知事一覧を参照

※この「知事」の解説は、「千葉県」の解説の一部です。
「知事」を含む「千葉県」の記事については、「千葉県」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:34 UTC 版)

フランス領インド」の記事における「知事」の解説

フランス東インド会社統治の時代最高責任者称号は、ほとんどの場合ポンディシェリの知事と東インドフランス入植地総司令官であったフランス語: Gouverneur de Pondichéry et commandant ral des établissements français aux Indes orientales)。1816年以降、それはインドフランス施設の知事であったフランス語: Gouverneur des établissements français de l'Inde')。 フランソワ・マルティ(英語版)(1699年9月-1706年12月31日Pierre Dulivier(英語版)(1707年1月-1708年7月Guillaume André d'Hébert英語版)(1708年-1712年Pierre Dulivier(英語版)(1712年-1717年Guillaume André d'Hébert英語版)(1717年-1718年Pierre André Prévost de La Prévostière英語版)(1718年8月-1721年10月11日Pierre Christoph Le Noir英語版)(仮)(1721年-1723年Joseph Beauvollier de Courchant(英語版)(1723年-1726年Pierre Christoph Le Noir英語版)(1726年-1734年Pierre Benoît Dumas英語版)(1734年-1741年ジョゼフ・フランソワ・デュプレクス1742年1月14日-1754年10月15日Charles Godeheu, Le commissaire(仮)(1754年10月15日1754年Georges Duval de Leyrit(英語版)(1754年-1758年) ラリー・トレンダル(英語版)(1758年-1761年1月イギリスによる占領第一回)(1761年1月15日-1765年6月25日)-パリ条約 (1763年) ジャン・ロー・デ・ローリストン(英語版)(1765年-1766年Antoine Boyellau(1766年-1767年) ジャン・ロー・デ・ローリストン(英語版)(1767年1777年1月イギリスによる占領第二回)(1778年1783年)– パリ条約 (1783年) Guillaume de Bellecombe, seigneur de Teirac(1777年1月1778年Charles Josephtissier, Marquis de Bussy-Castelnau(1783年1785年François, Vicomte de Souillac1785年-1785年David Charpentier de Cossigny(1785年10月1787年Thomas, comte de Conway1787年10月1789年Camille Charles Leclerc, chevalier de Fresne1789年1792年Dominique Prosper de Chermont(1792年11月1793年L. Leroux de Touffreville(1793年イギリスによる占領第三回)(1793年8月23日-1802年6月18日)— アミアンの和約1802年Charles Matthieu Isidore, Comte Decaen(1802年6月18日1803年8月Louis François Binot(1803年イギリスによる占領第四回)(1803年8月1816年9月26)— パリ条約 (1814年) André Julien Comte Dupuy1816年9月26日1825年10月Joseph Cordier, Marie Emmanuel(仮)(1825年10月1826年6月19日Eugène Desbassayns de Richemont1826年1828年8月2日Joseph Cordier, Marie Emmanuel(仮)(1828年8月2日1829年4月11日Auguste Jacques Nicolas Peureux de Mélay1829年4月11日1835年5月3日Hubert Jean Victor, Marquis de Saint-Simon1835年5月3日1840年4月Paul de Nourquer du Camper1840年4月1844年Louis Pqjol(英語版)(1844年1849年Hyacinthe Marie de Lalande de Calan(1849年1850年Philippe Achille Bédier1851年1852年Raymond de Saint-Maur1852年8月1857年4月Alexandre Durand d'Ubraye(1857年4月1863年1月Napoléon Joseph Louis Bontemps1863年1月1871年6月) Antoine-Léonce Michaux1871年6月1871年11月Pierre Aristide Faron1871年11月1875年Adolph Joseph Antoine Trillard(1875年-1878年Léonce Laugier1879年2月-1881年Théodore Drouhet(1881年1884年10月Étienne Richaud1884年10月1886年Édouard Manès1886年1888年Georges Jules Piquet1888年1889年Louis Hippolyte Marie Nouet(1889年1891年Léon Émile Clément-Thomas(1891年1896年Louis Jean Girod1896年1898年2月François Pierre Rodier1898年2月1902年1月11日Louis Pelletan(仮)(1902年1月Victor Louis Marie Lanrezac1902年1904年) Philema Lemaire1904年8月1905年4月Joseph Pascal François1905年4月1906年10月Gabriel Louis Angoulvant(1906年10月1907年12月3日Adrien Jules Jean Bonhoure(1908年1909年Ernest Fernand vecque(1909年1910年7月9日Alfred Albert Martineau1910年7月9日1911年7月Pierre Louis Alfred Duprat1911年7月1913年11月Alfred Albert Martineau1913年11月1918年6月29日Pierre Étienne Clayssen(仮)(1918年6月29日1919年2月21日Louis Martial Innocent Gerbinis(1919年2月21日1926年2月11日Henri Léo Eugène Lagroua(仮)(1926年2月11日1926年8月5日Pierre Jean Henri Didelot1926年1928年Robert Paul Marie de Guise1928年1931年François Adrien Juvanon(1931年1934年Léon Solomiac(1934年8月1936年Horace Valentin Crocicchia(1936年1938年Louis Alexis Étienne Bonvin1938年9月26日1945年Nicolas Ernest Marie Maurice Jeandin(1945年–1946年Charles François Marie Baron英語版)(1946年5月20日1947年8月20日フランス領インドは、1946年フランス海外領土英語版フランス語版となった

※この「知事」の解説は、「フランス領インド」の解説の一部です。
「知事」を含む「フランス領インド」の記事については、「フランス領インド」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 15:27 UTC 版)

チャールズ・エイコック」の記事における「知事」の解説

知事としてエイコック公共教育制度支持した故に教育知事」として知られるようになった。彼が知事であった間に1日に1校のわりで学校建設されと言われた。おそらく母が不動産証書署名する時に印しだけを付けたのを見て教育のめり込むようになった考えられている。エイコック教育無くして永続する社会改革成し遂げられない考えた教師給与増加学期長期化、および新し校舎建設支援した。「690新し校舎建設された。599校は白人用、91校は黒人用だった。」 バンス・グランビル・コミュニティカレッジのジョン・ベック、ウェンディ・フランドセンおよびアーロン・ランドールに拠れば白人至上主義運動助長したそのエイコックノースカロライナ州でも最初の革新的知事と考えられている。白人至上主義者としての嫌な役割にも拘らず現在の州内でも公共教育父として記憶され栄誉称えられており、州内エイコックの名前を冠した公立学校の無い郡はほとんど無いくらいである。

※この「知事」の解説は、「チャールズ・エイコック」の解説の一部です。
「知事」を含む「チャールズ・エイコック」の記事については、「チャールズ・エイコック」の概要を参照ください。


知事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 14:47 UTC 版)

アイザック・スティーブンス」の記事における「知事」の解説

スティーブンス1852年アメリカ合衆国大統領選挙フランクリン・ピアース候補確固たる支持者となり、大統領当選したピアースから報償として新たに作られたワシントン準州知事に指名された(その地域のアメリカ合衆国インディアン問題監督官肩書きもあった)。スティーブンスはその治め準州に向かうときにもう一つ任務付け加えことにした連邦政府合衆国北部横切大陸横断鉄道のために適切な地図を作る測量士求めており、スティーブンス土木技師としての経歴さらには再度ピアース愛顧)があってその役目引き受けワシントン準州に向かう道すがら1853年大半使ってプレーリー緩り横切って測量しその年11月オリンピア準州知事椅子着いた。 この遠征結果としてスティーブンス2冊目の著書北緯47度線49度線に近い太平洋鉄道のための経路探検報告書ミネソタ州セントポールからピュージェット湾まで」を著したアメリカ合衆国議会委託して出版2巻ワシントン1855年-1860年)。 スティーブンスはその任期議論の多い知事であり、その回顧でもさらに議論呼んだワシントン準州先住民族その土地大半権利スティーブンス政府に渡す条約署名させるために脅しと力の念入りな組み合わせ用いた抵抗遭った時には厳しい報復のために意のままに軍隊使ったそのような例が数ある中でも、カミアキン酋長率いられたヤカマ族に対する冬の作戦や、ニスクワリィー族首長レスチの処刑戦闘スティーブンス兵士殺した罪)によって、準州内の多くの住民ピアーススティーブンス解任請願することになった準州判事エドワード・ランダーやエズラ・ミーカー(影響力ある民間人)はどちらもスティーブンスに対する反対唱えその結果ランダー逮捕されミーカー単純に無視された。ピアーススティーブンス行動認めないという伝言送ったが、知事解任拒んだワシントン準州市民大半はミーカーを「インディアン」の側の人間であり、スティーブンス白人開拓者の側の者であると見なしたので、スティーブンス反対した者達は最終的に大衆支持失った。 この大衆認識結果としてスティーブンス人気を得て1857年から1858年にはアメリカ合衆国議会に対する準州代議員選ばれた白人先住民族間の緊張関係スティーブンス以外のが解決するまで残されたスティーブンス後のワシントン州東部アイダホ州における紛争、特にアメリカ合衆国ジョゼフ酋長ネズ・パース族との間で戦われ戦争責任有り告発されたが、この告発1857年最後にスティーブンスワシントン準州離れたときから数十年経ってからのことだった。

※この「知事」の解説は、「アイザック・スティーブンス」の解説の一部です。
「知事」を含む「アイザック・スティーブンス」の記事については、「アイザック・スティーブンス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「知事」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「知事」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



知事と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

知事のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



知事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神戸大学の人物一覧 (改訂履歴)、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ (改訂履歴)、ラーム・ナート・コーヴィンド (改訂履歴)、ジョン・ウェズリー・デイヴィス (改訂履歴)、茨城県 (改訂履歴)、千葉県 (改訂履歴)、フランス領インド (改訂履歴)、チャールズ・エイコック (改訂履歴)、アイザック・スティーブンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS