官庁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 官庁 > 官庁の意味・解説 

かん‐ちょう〔クワンチヤウ〕【官庁】


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 14:05 UTC 版)

官庁(かんちょう)は、の事務について国の意思を決定し表示する権限を有する機関を指す法律用語。


  1. ^ a b c d e f g 小林博志「行政組織法・行政作用法上の基礎カテゴリーと「行政庁」概念」『早稲田法学会誌』第35巻、早稲田大学法学会、1985年3月、 57-86頁、 ISSN 05111951NAID 120000792262
  2. ^ a b c d e f g 小林博志「「行政庁」概念の位相」『早稲田法学会誌』第31巻、早稲田大学法学会、1980年、 129-159頁、 ISSN 05111951NAID 120000792220


「官庁」の続きの解説一覧

官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 04:13 UTC 版)

シュヴァーバッハ」の記事における「官庁」の解説

シュヴァーバッハには様々な官庁が存在している。たとえば、区裁判所税務署バイエルン州北部分所、州の測量地理情報局、シュヴァーバッハ測量局(ヴァイセンブルク分所を含む)などである。この他様々な警察機関存在する。たとえば、シュヴァーバッハ犯罪警察監査局警察監査局およびバイエルン州警察ミッテルフランケン警察本部一部である水難防止警察バイエルン中央署などである。

※この「官庁」の解説は、「シュヴァーバッハ」の解説の一部です。
「官庁」を含む「シュヴァーバッハ」の記事については、「シュヴァーバッハ」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/01 05:05 UTC 版)

エルンテブリュック」の記事における「官庁」の解説

町役場内には、町の行政機関他にジーゲン=ヴィトゲンシュタイン郡職業センター分室住民窓口戸籍役場がある。

※この「官庁」の解説は、「エルンテブリュック」の解説の一部です。
「官庁」を含む「エルンテブリュック」の記事については、「エルンテブリュック」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 23:42 UTC 版)

PPAP (セキュリティ)」の記事における「官庁」の解説

平井卓也デジタル改革担当相2020年11月中央省庁職員文書などのデータメール送信する際のPPAP廃止する方針であると明らかにした。その後11月26日から内閣府と内閣官房においてPPAP廃止した今後民間おいてもPPAPからの脱却動きがあると思われる

※この「官庁」の解説は、「PPAP (セキュリティ)」の解説の一部です。
「官庁」を含む「PPAP (セキュリティ)」の記事については、「PPAP (セキュリティ)」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 09:35 UTC 版)

多目的ホール」の記事における「官庁」の解説

省庁下組織の文化施設として運営される厚生年金会館など。

※この「官庁」の解説は、「多目的ホール」の解説の一部です。
「官庁」を含む「多目的ホール」の記事については、「多目的ホール」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 05:34 UTC 版)

オーバーコッヘン」の記事における「官庁」の解説

オーバーコッヘンにはドイツ連邦軍ウルム装備検査場 (Güteprüfstelle) がある。

※この「官庁」の解説は、「オーバーコッヘン」の解説の一部です。
「官庁」を含む「オーバーコッヘン」の記事については、「オーバーコッヘン」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 00:55 UTC 版)

機関 (法)」の記事における「官庁」の解説

国の行政庁、すなわち、国の意思決定し外部表示する権限有する機関を「官庁」という。独任制官庁と合議制官庁行政官庁と司法官庁、普通官庁と特別官庁中央官庁と地方官庁といった分類がある。

※この「官庁」の解説は、「機関 (法)」の解説の一部です。
「官庁」を含む「機関 (法)」の記事については、「機関 (法)」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 06:07 UTC 版)

PTT」の記事における「官庁」の解説

郵便・電信・電話 いくつかの国における郵政電気通信行政所管する官庁の略称。日本の郵政省相当するが、郵政省の略称はMPT(Ministry of Posts and Telecommunications)であったPostal Telephone and Telegraph Post Telefon Telegraph Public Telegraph and Telephone Poste, phone et Técommunications

※この「官庁」の解説は、「PTT」の解説の一部です。
「官庁」を含む「PTT」の記事については、「PTT」の概要を参照ください。


官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 02:57 UTC 版)

総裁」の記事における「官庁」の解説

官庁における役職名としての総裁は以下がある。 人事院総裁 賞勲局総裁廃止企画院総裁廃止情報局総裁廃止宗秩寮総裁廃止帝室制度調査局帝室制度審議会総裁廃止法務総裁廃止また、戦前から終戦直後においては、「本部「庁」の長総裁とする例(経済安定本部特別調達庁など)もあり、「本部」が、内閣総理大臣直轄設置される場合総理大臣が、各省設置される場合各省大臣総裁となっていた。なお、後に防衛施設庁となった特別調達庁Government Corporation政府公団の場合は当初より国家行政組織では無くGHQ指示政府部局編入された後も公社化至らず防衛省への統合廃止された。

※この「官庁」の解説は、「総裁」の解説の一部です。
「官庁」を含む「総裁」の記事については、「総裁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「官庁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

官庁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 13:06 UTC 版)

発音(?)

か↘んちょー

固有名詞

(かんちょう)

  1. 国の事務について国の意思決定表示する権限する国家機関
  2. 国の役所官署
  3. 一般的に役所
  4. 太政官庁

「官庁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



官庁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

官庁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



官庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの官庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシュヴァーバッハ (改訂履歴)、エルンテブリュック (改訂履歴)、PPAP (セキュリティ) (改訂履歴)、多目的ホール (改訂履歴)、オーバーコッヘン (改訂履歴)、機関 (法) (改訂履歴)、PTT (改訂履歴)、総裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの官庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS