繁華街とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > 繁華街の意味・解説 

はんか‐がい〔ハンクワ‐〕【繁華街】

読み方:はんかがい

商店などが建ち並び多くの人でにぎわっている地域。→銀座【二】

「繁華街」に似た言葉

繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/28 00:38 UTC 版)

繁華街(はんかがい)は、商業地のある地域ないしは商店街の中でも、百貨店専門店飲食店などの商業施設が多く立ち並び、人が多く集まる地域のことである。一般的には都市の中心市街地に含まれる。


  1. ^ 路線価でひもとく街の歴史 第36回北海道函館市 財務省広報誌「ファイナンス」2023年2月号 鈴木文彦 財務省 p62-65 



繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 09:57 UTC 版)

パンドラMAXシリーズVOL.5 ごちゃちる」の記事における「繁華街」の解説

マンガ喫茶 マーちゃん漫画喫茶パンドラMAXシリーズセーブデータコンバートが可能。また、過去作ディスクがあれば、その作品対応した秘密のミニゲームプレイ可能(無論ゲームアーカイブス版では不可)。 寿司屋 パタヤさん寿司屋。「盗み食い」がプレイ可能。また、日本人寿司に関する無茶苦茶歴史作法聞かされる映画館 トム君サム君映画館パンドラMAXシリーズ予告閲覧したり、『ドラゴンナイツグロリアスVSラビッシュブレイズン』がプレイ可能。ショートシナリオのビデオ買える。 デスコ ディスコ。ショートシナリオの一つ破壊されているため、行ってイタチ男が居るだけで何も無いコンサートホール 集めた楽器はここに展示される全ての楽器集めて訪れるとエンディングとなる。エンディング後はサウンドテストが可能。

※この「繁華街」の解説は、「パンドラMAXシリーズVOL.5 ごちゃちる」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「パンドラMAXシリーズVOL.5 ごちゃちる」の記事については、「パンドラMAXシリーズVOL.5 ごちゃちる」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 09:51 UTC 版)

道頓堀」の記事における「繁華街」の解説

一般的に日本橋 - 大黒橋間において、道頓堀川南岸道頓堀通沿いに広がる繁華街を指す。なかでも戎橋以東道頓堀五座後述)が立地した芝居町にあたる。道頓堀通の南側芝居小屋北側芝居茶屋が並ぶ構造だったため、現在も通の南側娯楽施設北側飲食店が多い。 大阪ミナミ東西基軸となる道頓堀通の両側町で、南は難波新地千日前、北は道頓堀川挟んで島之内宗右衛門町久左衛門町接する。飲食店集中し道頓堀グリコサインかに道楽本店中座くいだおれビル金龍ラーメン、なんば道頓堀ホテルなど、多種多様な看板建物店舗あふれている。かつてはくいだおれ道頓堀極樂商店街もあった。 道頓堀橋御堂筋以東が1丁目、同以西2丁目となり、1丁目の日本橋堺筋以東一般的に繁華街に含まれない道頓堀橋より上流側を望む 道頓堀2003年7月太左衛門より下流側を望む かに道楽本店 木津川左側)へ合流右手水門道頓堀川 1930年代道頓堀様子

※この「繁華街」の解説は、「道頓堀」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「道頓堀」の記事については、「道頓堀」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:10 UTC 版)

静岡市」の記事における「繁華街」の解説

静岡都心清水副都心中心に大きく分けて10個の繁華街エリア存在する静岡駅北口周辺エリア紺屋町御幸通りゴールデン横丁栄町周辺静岡駅南口周辺エリア石田街道南町周辺江川町周辺エリア呉服町両替町昭和町周辺伝馬町周辺エリア伝馬町御幸町けやき通り周辺鷹匠周辺エリア鷹匠、北街道つつじ通り周辺七間町周辺エリア七間町人宿町大手町[要曖昧さ回避]周辺常磐町周辺エリア常磐町駿河町青葉通り駒形通り、玄南通周辺中町周辺エリア本通浅間通り茶町通り周辺清水駅周辺エリア駅前銀座商店街清水銀座商店街真砂町銀座、さつき通り周辺新清水駅周辺エリア巴町旭町相生町周辺静岡駅周辺主な繁華街 呉服町通り - 静岡駅寄り二丁目之辻からスクランブル交差点まで)は、静岡県内最大の繁華街。紺屋町には葵タワー静岡パルコが並ぶ。空き店鋪がほとんどなく人通り多く、3ブロックある二丁目の最も静岡駅寄りブロック(旧六丁目)は、県内地価が高いことで知られる静岡駅からやや離れた一丁目静岡銀行本店から静岡伊勢丹まで)は人通り比較少なかったが、3ブロックある一丁目中央呉服町タワー札の辻クロスができ人通り増えつつある。 御幸町周辺 - 静岡市において老舗呼べ百貨店松坂屋新静岡セノバ静岡モディ静岡東急スクエアDen billペガサート等のSC集積するかつては静岡109静岡マルイ立地した七間町 - 旧東海道沿いの映画館飲食店集積するかつては静岡市内で最も賑やかな通りであったが、娯楽としての映画地位低下でやや賑わい乏しくなっている。それでも石畳風の車道大理石歩道整備されたけやき並木など、風格保っている。隣接する人宿町ではOMACHI創造計画としてEZAKI SOZOSYA キネマ館や人宿町離宮などの再開発が行われている。 両替町 - 静岡駅寄り二丁目七間町通りとの交差点から江川町通りとの交差点まで)は、飲食店集積した静岡県内最大歓楽街銀座発祥地である一丁目比較落ち着いた雰囲気飲食店衣料品店雑貨店などが立地する。 @media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .mod-gallery{width:100%!important}}.mw-parser-output .mod-gallery{display:table}.mw-parser-output .mod-gallery-default{background:transparent;margin-top:.3em}.mw-parser-output .mod-gallery-center{margin-left:auto;margin-right:auto}.mw-parser-output .mod-gallery-left{float:left;margin-right:1em}.mw-parser-output .mod-gallery-right{float:right}.mw-parser-output .mod-gallery-none{float:none}.mw-parser-output .mod-gallery-collapsible{width:100%}.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footer{display:table-row}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div{display:table-cell;text-align:center;font-weight:bold}.mw-parser-output .mod-gallery .main>div{display:table-cell}.mw-parser-output .mod-gallery .gallery{line-height:1.35em}.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div{display:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *{overflow:visible}.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox img{background:none!important}.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb img{outline:solid #eaecf0 1px;border:none}.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumb{background:#fff!important} 伝馬町 七間町 青葉通り 中町 静岡駅前 石街道 清水駅周辺主な繁華街 真砂町駅前銀座商店街 銀座清水銀座商店街 旭町巴町古くからの飲食店街。港町清水象徴的地域。 さつき通り

※この「繁華街」の解説は、「静岡市」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「静岡市」の記事については、「静岡市」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 08:25 UTC 版)

甲府中央商店街」の記事における「繁華街」の解説

戦前から百貨店専門店多く存在する地域。昼型の店舗が多いのが特徴である。 かすがもーる 岡島百貨店山梨中央銀行本店南側起点甲府銀座ビルまでの南北100mにわたり伸びる商店街。元々は春日町商店街であったが、1987年昭和62年)に整備され現在の前に改称された。通りには居酒屋映画館をはじめヴァンフォーレ甲府オフィシャルショップ山梨学院大学学生チャレンジショップなどがある。車の通り抜けが可能であるほか、歩道部分アーケード覆われている。同年手づくり郷土賞受賞甲府銀座商店街(こうふぎんざしょうてんがい甲府銀座ビルから東側にある遊亀通りまで東西200mにわたり伸びる商店街全体アーチ状のアーケード覆われており、車の通行不可東側へ進むと開発により建てられ甲府ワシントンホテルプラザがある。 エル西銀座商店街エルにしぎんざしょうてんがい甲府銀座ビルから西側官公庁の裏通りになっている鶴舞通り東西100mにわたり伸びる商店街歩車分離はされているが狭く、車は一方通行である。古い商店建ち並んでいる。

※この「繁華街」の解説は、「甲府中央商店街」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「甲府中央商店街」の記事については、「甲府中央商店街」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 05:56 UTC 版)

六本木」の記事における「繁華街」の解説

六本木近辺軍事施設太平洋戦争中空襲焼失終戦に伴い日本の占領あたった連合国軍接収される。そのため、外国人向けの商店飲食店少しずつできるようになるまた、1959年にはNET日本教育テレビ、現:テレビ朝日)が開局し、この頃六本木族登場する1960年代に入ると日本料理瀬里奈はじめとして中華料理香妃園や山、イタリア料理アントニオなどが芸能人ファッションモデル来日した海外スターらが出入りする店として徐々に知られるようになった1960年代後半からは高台以外の住宅街押し入るように外国人日本人向けの飲食店若者向けサパークラブゴーゴークラブなどのオープン続き結果として住宅街から繁華街へと姿を変え1975年昭和50年以降赤坂代わる人気プレイスポットとして有名になっていく。 1980年代後半からのバブル経済期には六本木スクエアビル中心としてディスコだけで数十軒が立ち並び大衆化が進むとともに活況呈したが、その後バブル崩壊とともに1993年平成5年以降多くの店が閉店しカラオケ店キャバクラなどに衣替えした。 現在、平日昼夜問わずサラリーマンOLの姿が目立ちオフィス街としてのイメージ強くなった他、六本木一丁目にはスペイン大使館スウェーデン大使館などの外国公館や、六本木七丁目在日米軍施設ヘリポート星条旗新聞社ほか)などもあり外国人の姿も目立つ。 週末金曜日土曜日の夜になるとバークラブキャバクラなどが林立する繁華街の様相を呈するクラブ目当て若者外国人のほか、キャバクラ嬢外国人客引き街頭出ている姿が見られるまた、傷害事件カジノ賭博麻薬密売等の違法行為存在し時折検挙等により明るみに出ることがある一例として、新宿歌舞伎町六本木周辺店を構える西アフリカ出身ナイジェリアグループらが大掛かりで、泥酔客から暴利貪る問題見られる。さらに、新宿歌舞伎町などと同様に暴力団非行少年グループOB団体外国人マフィアといった犯罪グループ同士抗争垣間見られる。 これらの影響で、六本木地区アメリカ国務省イギリス大使館オーストラリア大使館によって、旅行者向けの『危険地域』として警告されている。 六本木交差点、「外苑東通り」の北側を見る(2017年9月24日撮影同左、「外苑東通り」の南側を見る(2017年9月24日撮影同左、「六本木通り」の西側を見る(2017年9月24日撮影同左、「六本木通り」の東側を見る(2017年9月24日撮影

※この「繁華街」の解説は、「六本木」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「六本木」の記事については、「六本木」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:26 UTC 版)

アクセル・ワールド」の記事における「繁華街」の解説

無数のネオン彩られ低く垂れ込めるライトやレーザーイルミネーションが照らす。建物侵入不能領域設定されている。高低差激しくオープンスペース少ないため、多人数訓練イベントには向かない

※この「繁華街」の解説は、「アクセル・ワールド」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「アクセル・ワールド」の記事については、「アクセル・ワールド」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 23:52 UTC 版)

総曲輪」の記事における「繁華街」の解説

街の中心部には総曲輪通り商店街グランドプラザ総曲輪フェリオなどがあり、賑わい見せる。3施設それぞれ接続している。

※この「繁華街」の解説は、「総曲輪」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「総曲輪」の記事については、「総曲輪」の概要を参照ください。


繁華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:48 UTC 版)

池袋」の記事における「繁華街」の解説

池袋日本有数の繁華街の一つである。駅の東西に繁華街が広がっている。近年駅ビルだけではなく南口エリアにも繁華街が広がりビームスアディダスジャパンスターバックスなど路上店舗増加傾向にある。

※この「繁華街」の解説は、「池袋」の解説の一部です。
「繁華街」を含む「池袋」の記事については、「池袋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「繁華街」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

繁華街

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:07 UTC 版)

名詞

繁華 はんかがい

  1. 店が多く立ち並んでいて人が集まるにぎやかな所(場所・地域)。

発音(?)

は↗んか↘がい

「繁華街」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



繁華街と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「繁華街」の関連用語

繁華街のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



繁華街のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繁華街 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのパンドラMAXシリーズVOL.5 ごちゃちる (改訂履歴)、道頓堀 (改訂履歴)、静岡市 (改訂履歴)、甲府中央商店街 (改訂履歴)、六本木 (改訂履歴)、アクセル・ワールド (改訂履歴)、総曲輪 (改訂履歴)、池袋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの繁華街 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS