順位・規模法則とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 順位・規模法則の意味・解説 

順位・規模法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/08 02:14 UTC 版)

順位・規模法則(じゅんい・きぼほうそく、英語: rank-size rule)は、都市人口会社の規模、文章内の単語など様々な分野における分析によって得られる、順位と規模の間に一定の関係が見られるとする経験則[1]。特に都市の人口に関して言及する際、都市の順位・規模法則と呼ばれる[2]順位・規模の法則[3]ランク・サイズルール[4]ともいう。


  1. ^ 先進国であっても、フランスのように中央集権の強い国では順位・規模法則が成立しない[10]
  2. ^ このように、全体と部分が相似であるものを自己相似という[11]
  3. ^ 調査時点の日本の市町村数は3245あった[22]
  1. ^ Konishi and Nishiyama(2009):2869ページ
  2. ^ a b 高橋ほか(1997):73ページ
  3. ^ 吉村(1995):37ページ
  4. ^ 吉村・山根(2004):7ページ
  5. ^ 杉浦ほか(2005):142ページ
  6. ^ 高橋ほか(1997):73 - 74ページ
  7. ^ a b 高橋ほか(1997):74ページ
  8. ^ 吉村(1995):38ページ
  9. ^ a b c d 高橋ほか(1997):75ページ
  10. ^ 高橋ほか(1997):75 - 76ページ
  11. ^ 杉浦ほか(2005):143ページ
  12. ^ Suzuki(1983):61ページ
  13. ^ Suzuki(1983):62ページ
  14. ^ 高橋ほか(1997):76ページ
  15. ^ 張(2006):96ページ
  16. ^ a b c 高橋ほか(1997):78ページ
  17. ^ 張(2006):96ページ
  18. ^ a b c d e f g 高橋ほか(1997):76ページ
  19. ^ 張(2006):96ページ
  20. ^ 高橋ほか(1997):78ページ
  21. ^ a b 吉村(1995):38 - 41ページ
  22. ^ 吉村(1995):40ページ
  23. ^ 張(2006):95ページ
  24. ^ 張(2006):96 - 101ページ
  25. ^ 角本(2008):6ページ
  26. ^ 角本(2008):5ページ
  27. ^ 角本(2008):6 - 15ページ


「順位・規模法則」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「順位・規模法則」の関連用語

順位・規模法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



順位・規模法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの順位・規模法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS