都市計画家とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 都市計画家の意味・解説 

都市計画家

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 4 車輪の下物語集2
出版社臨川書店
刊行年月2005.4


都市計画家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 09:28 UTC 版)

都市計画家(としけいかくか)は、都市計画に従事しその作業を行う専門家の呼称である。他国ではウルバニスト(Urbaniste)、英語圏ではアーバンプランナー (Urban Plannerとよび、この他にアーバンデザイナー (Urban Designerという職能も兼ねる。


  1. ^ 都市計画教育と都市計画に関わる人材育成に関する調査研究報告書 (社)日本都市計画学会 都市計画教育と都市計画に関わる人材育成に関する調査研究分科会・(社)日本都市計画学会関西支部 同 特別委員会、2001年12月
  2. ^ 海外の都市計画制度 概要 (PDF) 鈴木俊治(有限会社ハーツ環境デザイン一級建築士事務所)、2008年6月
  3. ^ [1] (PDF)
  4. ^ 英国における社会的合意形成の技術者評価・資格制度 (四国の土木技術者における合意形成運営技能の評価方法に関する研究 社団法人 土木学会四国支部、2006年3月所収)なお、こうした制度が整備されたのは50年代後半からである。同国では既に専門家として都市計画家/都市計画コンサルタントは台頭してはいた。「長谷川淳一、1947年都市農村計画法制定期のイギリスにおける都市計画家の資格をめぐる論争」 都市計画論文集 1999年 34 巻 517-522, doi:10.11361/journalcpij.34.517
  5. ^ ドイツの「都市計画家」について -資格・職能、都市計画行政の現状・2008 (PDF) 南部繁樹(株式会社都市構造研究センター)、2008年
  6. ^ 大村謙二郎, 有田智一, 小俣元美、「ドイツにおける自治体都市計画プランナーの職能形成に関する調査」 都市計画論文集 第38回学術研究論文発表会 セッションID:58, doi:10.11361/cpij1.38.0.58.0
  7. ^ 宮脇勝、イタリアの都市計画家と都市計画史の基礎的研究 都市計画論文集 1997年 32巻 p.691-696, doi:10.11361/journalcpij.32.691
  8. ^ 地方分権化でのフランスの都市づくり・都市開発と専門家の役割 南部繁樹(株式会社都市構造研究センター)、2003年9月
  9. ^ 現代フランス都市計画の手法(1) 財団法人自治体国際化協会
  10. ^ グラン・パリ計画の10候補プロジェクト 在日フランス大使館
  11. ^ 1977年12月17日のDagens Nyheterによると、1978年にSBLで引用されているように、Yngve Larssonは1900-talet 最も重要なスウェーデンの都市建設者と呼ばれるようになった
  12. ^ 認定都市プランナー制度[2] (PDF) , 都市計画コンサルタント協会「認定都市プランナー」制度のあらまし[3] (PDF) https://www.toshicon.or.jp/jitsumusenmonka
  13. ^ Urban and Regional Planners
  14. ^ <参考事例> フロリダ州立大学都市・地域計画学部の Planner in Residence について (PDF) 都市計画教育と都市計画に関わる人材育成に関する調査研究報告書 (社)日本都市計画学会 都市計画教育と都市計画に関わる人材育成に関する調査研究分科会 (社)日本都市計画学会関西支部 同 特別委員会


「都市計画家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都市計画家」の関連用語

都市計画家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



都市計画家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都市計画家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS