島義勇とは? わかりやすく解説

しま‐よしたけ【島義勇】


島義勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 14:38 UTC 版)

島 義勇(しま よしたけ、文政5年9月12日[1]1822年10月26日) - 明治7年(1874年4月13日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての佐賀藩士、明治政府官吏札幌市の建設に着手し、「北海道開拓の父」と呼ばれる。佐賀の七賢人の一人。江藤新平と共に佐賀の乱を起こし刑死した。


  1. ^ 新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説”. コトバンク. 2018年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【時を訪ねて 1869】道都の建設(札幌)原野に「世界一の都」構想『北海道新聞』日曜朝刊別刷り2020年10月18日1-2面
  3. ^ 『島義勇伝』Dybooks、2014年。ISBN 978-4907436025


「島義勇」の続きの解説一覧

島義勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:34 UTC 版)

開拓督務補佐役判官榎本武揚隠した御用金捜索シュマリ依頼する。のち失脚

※この「島義勇」の解説は、「シュマリ」の解説の一部です。» 「シュマリ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

島義勇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



島義勇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島義勇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシュマリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS