戊辰戦争とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 内戦 > 戊辰戦争の意味・解説 

戊辰戦争 (ぼしんせんそう)


戊辰戦争

作者西木正明

収載図書養安先生、呼ばれ!
出版社恒文社21
刊行年月2003.10


戊辰戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 23:39 UTC 版)

戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 - 明治2年(1868年 - 1869年))は、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩長州藩土佐藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。


  1. ^ ただし、仙台藩主伊達慶邦は既に、8月26日に新政府への謝罪降伏の手配を指示し、8月29日には熊本藩陣中へ仙台藩士2人を派遣して仙台藩の降伏交渉を始めさせている[12]
  1. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P178。
  2. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P220-224。
  3. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P8-12・22-24・55
  4. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P391-394
  5. ^ 水谷憲二『戊辰戦争と「朝敵」藩-敗者の維新史-』(八木書店、2011年)P399-403
  6. ^ 梁田戦争をご存知ですか(足利市公式サイト)
  7. ^ 『復古記 第十二冊』390頁417頁 復古外記 奥羽戦記 第六 (編著者:太政官、豊原資清 出版者:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)5月8日) (2018年10月15日閲覧。)
  8. ^ 『二本松藩史』148頁151頁 「齋藤淺之助翁談話」 (編著者・出版者:二本松藩史刊行會 再版発行:昭和2年(1927年)1月10日) (2018年10月11日閲覧。)
  9. ^ a b 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第十二冊』417頁418頁 復古外記 奥羽戦記 第六 (編著者:太政官、豊原資清 出版者:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)5月8日) (2018年10月16日閲覧。)
  10. ^ 石井孝, 『戊辰戦争論』, 2008年
  11. ^ 新潟県立図書館「越後佐渡デジタルライブラリー」『越後国上杉景勝家督争合戦』
  12. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第13冊』459頁463頁 復古外記 平潟口戦記 第三 明治元年8月29日 「廿九日、伊達慶邦、使ヲ肥後藩ノ營ニ遣シ、情ヲ陳シ、帰順ノ事ヲ請フ。」 (編著者:太政官、長松幹、藤川三渓 出版者:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)6月27日) (2018年10月17日閲覧。)
  13. ^ 『田名部町誌』(1935年)
  14. ^ 野口信一P.240~246
  15. ^ 磯田道史 『素顔の西郷隆盛』 新潮新書 2018年 ISBN 978-4-10-610760-3 176頁





戊辰戦争と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戊辰戦争」の関連用語

戊辰戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



戊辰戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2019,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戊辰戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS