新撰組とは?

しんせん‐ぐみ【新撰組/新選組】


新撰組

作者服部之総

収載図書新選組読本
出版社光文社
刊行年月2003.11
シリーズ名光文社文庫


新撰組

作者平尾道雄

収載図書新選組読本
出版社光文社
刊行年月2003.11
シリーズ名光文社文庫


新選組!

(新撰組 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 07:08 UTC 版)

新選組!』(しんせんぐみ)は、2004年1月11日から12月12日まで放送されたNHK大河ドラマ第43作。




  1. ^ 香取慎吾、『新選組!』忘年会後に電車へ「局長!」勘九郎らが“随行” | マイナビニュース
  2. ^ 『大河ドラマの50年』鈴木嘉一、中央公論新社2011年
  3. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  4. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第43回 最優秀作品賞】「新選組!」 - ウェイバックマシン(2014年7月17日アーカイブ分)
  5. ^ 第83回、2007年11月16日放送。
  6. ^ 三谷幸喜のありふれた生活703、朝日新聞夕刊、2014年5月22日
  7. ^ 三谷幸喜のエッセイ集「ありふれた生活・大河な日々」巻末おまけの香取と三谷の対談で、香取の提案に三谷が「絶対やるべきです」と賛成し実現した。
  8. ^ ただし、矢部が演じた阿比留は、新選組と名を変える前に脱退していたため、浅葱の羽織に袖を通すのは初めてであった。
  9. ^ “山本耕史朝ドラ出演 NHKの求愛実る”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年10月1日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/01/0008446743.shtml 2015年10月1日閲覧。 
  10. ^ このことから、「自分の命」を大切にしない人間を疎むようになり、河合が短慮が理由で切腹の危険を冒したと勘違いをした時には同情をしなかった(真相が分かった時は、正反対に同情するようになった)。
  11. ^ 見捨てた芹沢には「俺がいなくなったら、次(に粛清されるの)は自分」「そんなことも分かんないなんて」と吐き捨て、土方には「こんな形で隊をまとめようとしてもいずれ綻びが生じる」と、山南には「(法度に)足元をすくわれないようせいぜい気をつけることだな」とそれぞれ忠告していたが、後に(自らは死を覚悟していたが)芹沢は暗殺され、御陵衛士(伊東一派)をはじめ新選組は多くの同志の離反や粛清が相次ぎ、そして山南も(本人が望んだこととはいえ)局中法度の罪で切腹することになり、皮肉にも新見の忠告はすべて現実となった。
  12. ^ 実際には、50両は河合が両親に頼んで持ってきてもらう手筈になっていたので、武田は無償で西洋軍学の本を手に入れたことになる。
  13. ^ 実際に、土方と沖田に捕まり屯所に戻ったときに、大石たちから石を投げつけられた。
  14. ^ 特に伊東暗殺の一件は、近藤や土方達がなんとか避けようとしていた御陵衛士との全面闘争の火種となり、藤堂の戦死や、その後の御陵衛士残党からの報復による近藤の負傷へと繋がる遠因となった。一方で土方は「(大石達がやらずとも)いずれこうなる事(新選組と御陵衛士の抗争)は予想できた」として大石達の独断行為に対して特に処罰する事はなかった。
  15. ^ 三谷幸喜脚本の舞台『彦馬がゆく』(1990年1993年)や、テレビドラマ『竜馬におまかせ!』(1996年日本テレビ)で近藤勇を演じている。三谷作品における「近藤勇」といえば、阿南健治を指すほどだった。
  16. ^ テレビドラマ『燃えよ剣』(1970年NET)等で土方歳三を演じたことにちなんだキャスティング。
  17. ^ 療養中の沖田から剣術の稽古をしないよう、お考が刀を平五郎に預けたが、皮肉にもそれが自分自身の命取りのきっかけとなってしまった。
  18. ^ 八木源之丞の長男の名で、実在の人物。
  19. ^ 三谷幸喜原作・脚本の映画『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年)で、竜馬にあこがれて竜馬にそっくりの振る舞いをしようとする的屋の虎蔵を演じており、「新選組!」で龍馬役に抜擢された際、「やっと本人になれた」と言っている。
  20. ^ 7年以降からテレビドラマ『竜馬がゆく』(1997年TBS)の桂小五郎をもう一度に続けて演じたことにちなんだキャスティング。
  21. ^ テレビドラマ『燃えよ剣』(1970年NET)等で沖田総司を演じたことにちなんだキャスティング。
  22. ^ 史実での実際の末路である。


「新選組!」の続きの解説一覧

新選組

(新撰組 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 15:38 UTC 版)

新選組(しんせんぐみ)は、江戸時代末期(幕末)の京都尊王攘夷運動の弾圧活動をした浪士隊である[1][2]




  1. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 新撰組(コトバンク)
  2. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 新撰組(コトバンク)
  3. ^ a b 佐々木智巳 (2010年5月4日). “「新選組」 迷う「せん」の漢字”. 日本経済新聞. オリジナルの2018年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180609045348/https://style.nikkei.com/article/DGXNASDB2600B_W0A420C1000000 2017年11月17日閲覧。 
  4. ^ 宮地正人『歴史のなかの新選組』、岩波書店
  5. ^ 箱根紀千也「大和屋焼き打ち事件の真実」『玉造史叢61集』
  6. ^ 藤堂利寿 (2019). “新選組研究への評論と大和屋焼き討ち事件”. 霊山歴史館紀要 24. 
  7. ^ 当時は野宮定功と飛鳥井雅典
  8. ^ 新選組の忘れ物 キセル入れ見つかる 草津宿本陣 滋賀 - NHK
  9. ^ 新選組「洛中最後の拠点」諸説論争に決着か 西本願寺古文書に「西九条村」の記述”. 京都新聞 (2020年6月8日). 2020年6月7日閲覧。
  10. ^ 藤堂に関しては生存説あり
  11. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 79頁
  12. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 194頁
  13. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 84頁
  14. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 83-84頁
  15. ^ 伊東成郎『新選組は京都で何をしていたか』、KTC中央出版 308頁
  16. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 27頁
  17. ^ 歴史群像シリーズ『図説・新選組史跡紀行』、学習研究社 74頁
  18. ^ 伊東成郎『新選組は京都で何をしていたか』、KTC中央出版 144頁
  19. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 188頁
  20. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 84頁
  21. ^ a b 小佐野淳『図説 武術事典』、新紀元社 152頁「新選組と武術」
  22. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 82頁
  23. ^ a b 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 128頁
  24. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 84-85頁
  25. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 126頁
  26. ^ 特別陳列新選組-史料が語る新選組の実像- 京都国立博物館
  27. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 199-200頁
  28. ^ 菊地明『新選組の真実』、PHP研究所 209頁
  29. ^ 新・歴史群像シリーズ『土方歳三』、学習研究社 89頁
  30. ^ 伊東成郎『新選組は京都で何をしていたか』、KTC中央出版 308-309頁
  31. ^ 新選組参謀の伊東甲子太郎、生家示す絵図見つかる”. 日本経済新聞 (2020年12月5日). 2021年2月5日閲覧。





新撰組と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新撰組」の関連用語

新撰組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新撰組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新選組! (改訂履歴)、新選組 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS