フランス軍事顧問団_(1867-1868)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フランス軍事顧問団_(1867-1868)の意味・解説 

フランス軍事顧問団 (1867-1868)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 05:07 UTC 版)

第一次フランス軍事顧問団(1867-1868年)は、西洋式陸軍の訓練のために日本に派遣された、最初の顧問団である。顧問団の一部は、明治政府成立後も幕府側に加担し、戊辰戦争に参加した。


  1. ^ 榎本釜次郎「降賊糺問口書」(日本国際協会『大日本外交文書』第2巻第3冊、110-112ページ)
  2. ^ a b ベルテッリ・ジュリオ・アントニオ「イタリア商人ジャーコモ・ファルファラの未刊日誌 : 戊申戦争時(1868-69年)の北日本の旅より」『イタリア学会誌』第66号、イタリア学会、2016年、 21-52頁、 NAID AN00015107


「フランス軍事顧問団 (1867-1868)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランス軍事顧問団_(1867-1868)」の関連用語

フランス軍事顧問団_(1867-1868)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランス軍事顧問団_(1867-1868)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランス軍事顧問団 (1867-1868) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS