鷹揚とは?

おう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

形動[文]ナリ(たか)が悠然と空を飛ぶように》小さなことにこだわらずゆったりとしているさま。おっとりとして上品なさま。「鷹揚に構える」→大様(おおよう)


よう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

形動おうよう(鷹揚)」に同じ。


おお‐よう〔おほヤウ〕【大様】

【一】形動[文]ナリ

《意味・音の類似から「鷹揚」とも書くが、元来別語落ち着きがあって、小さなことにこせこせしないさま。「大様に構える」「大様な性格

大まかなさま。大ざっぱ

山法師心の程を思へば、—ながらも理(ことわり)なり」〈太平記・八〉

[派生] おおよう[名]

【二】[副]だいたい。おおよそおおかた

「—、人を見るに、少し心ある際は」〈徒然・五九〉


おう‐よう ‥ヤウ 【鷹揚】

〔名〕 (形動) (大空に飛ぶ姿がいかにも自信にみち、おおらかあるように)

① ゆったりとして威厳があること。小さなことにこだわらないで、おっとりしているさま。ようよう

足利本論語抄(16C)堯曰第二〇「君上能く、をうやうなれば、衆共皈して、得衆なり」〔詩経大雅大明

動作のゆっくりしているさま。

歌舞伎伊勢平氏梅英幣(1820)五立「鷹揚(オウヤウ)に、道具廻る

③ (━する) 世に出ること。名をなすこと。

徳富猪一郎新島襄書簡明治一五年(1882)七月二八日「生の固執して止まざるは足下他日鷹揚せんことを望むなり」

[語誌]本来は武勇のさまを表わす漢語で、和製語「大様」とは別語だが、意味と語形接近から両者混同され、「鷹揚」は日本では近世以降、「大様」の意味で、「おほやう」の表記用いられている。→「おおよう大様)」の語誌


よう‐よう ‥ヤウ 【鷹揚】

〔名〕 (形動)(「よう」は「」の漢音、「おう」は呉音) (大空飛ぶように)ゆったりとして威厳があること。こせこせしないこと。また、そのさま。おうよう

本朝文粋(1060頃)六・申遠江駿河守等状〈平兼盛〉「今対鷹揚之人、各慙退之身


鷹揚

読み方:オウヨウ(ouyou)

ゆったりと振る舞うこと


鷹揚

読み方:ヨウヨウyouyou

得意げなさま


鷹揚

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 09:54 UTC 版)

名詞・形容動詞

おうよう / ようよう

  1. 何事恐れずに悠然としていること。
  2. ゆったりしていて小事こだわらないこと。おっとりしていること。

活用

ダ型活用
鷹揚-だ

語源

が空を悠々と飛揚する様子から。

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鷹揚」の関連用語

鷹揚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鷹揚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鷹揚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS