五位とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 五位 > 五位の意味・解説 

ご‐い〔‐ヰ〕【五位】

読み方:ごい

位階5番目。律令制では正五位従五位とがある。昇殿許される者の最下位で、袍(ほう)の色は淡い緋(ひ)。五位に叙せられることを叙爵(じょしゃく)という。

仏語

一切の存在事象五つ分けたもの。色法心法心所法・心不相応法・無為法

修道上の位を五段分けたもの。大乗では、資糧位・加行位・通達位・修習位・究竟(くきょう)位。小乗では、資糧位・加行位・見道位・修道位・無学位。

五位鷺(ごいさぎ)」の略。


五位

読み方:ごい

  1. 夜逃げ、又は逃走すること。「五位鷺夜間飛び立つことより転じて一般に立去る帰ることをいう。②又夕暮夜間のことをいう。

五位

読み方:ごい

  1. 黄昏。〔第一類 天文事変
  2. 夕暮夜間を云ふ。

五位

読み方:ごい

  1. 夜中逃走-其他々出旅行一般行動夜半ニ鳴キ過グル五位鷺ノ意。〔第四類 言語動作
  2. 夜逃げ又は逃げること五位鷺夜間に飛ぶから。
  3. 夜逃げ又は逃げること五位鷺夜間に飛ぶから。
  4. 〔隠〕夜逃げ又は逃げること。五位夜間にとぶより出でし語である。
  5. 夜逃げのことをいふ。五位鷺夜飛ぶからである
  6. 夜逃げ、又は逃走する事(五位鷺夜間飛立つより)。転じて一般に立去る帰るの意。
  7. 夜逃げ、又は逃げること前橋
  8. 夜逃げ又は逃亡すること、五位鷺夜間に飛ぶことから出た語。
  9. 夜にげ、又は逃げること五位鷺夜間に飛ぶから。〔一般犯罪

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

五位

読み方:ゴイgoi

分野

年代 室町前期

作者 世阿弥


五位

読み方:ゴイgoi

所在 北海道中川郡幕別町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒089-0781  北海道中川郡幕別町五位

五位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 07:40 UTC 版)

五位(ごい)とは、仏教においてあらゆる事象を5種類の範疇(カテゴリー)に分類して、人間の精神や物質など全ての現象の要素(、もしくは ダルマ)をまとめたもの[1]五法(ごほう)・五品(ごほん)などとも。


注釈

  1. ^ 強力な善あるいは悪の行為が行われるとき(つまり業(身表業・語表業)が造られるとき)に、その業の余勢(表面から窺い知れない)が行為の終了後も行為者自身の上にとどまること[21]とも理解されるが、明治大正期より、近代仏教学者において流行した解釈であり、文献学的な論証によって確立された解釈ではない[22]
  2. ^ 心所法の各梵名は次の典拠による。(説一切有部の心所説 ―仏教における心の分析
  3. ^ 善でも悪でもない「無記」の一種。正しい知恵が起こるのを妨げる種類の無記を「有覆無記」、妨げない種類の無記を「無覆無記(むぶくむき)」と呼ぶ。
  4. ^ a b 旧字体は「癡」。
  5. ^ 心不相応行法の各梵名は右の典拠による。村上明宏『心不相応行法と無為法の関連性』、駒澤大学仏教学部論集45 、2014年10月、p.388(127) )

出典

  1. ^ 「五位」 - 大辞林 第三版、三省堂。
  2. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 54.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk 中村 2002, p. 96.
  4. ^ a b c d e f g 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(1)~(10)」.
  5. ^ 「心法」 - デジタル大辞泉、小学館。
  6. ^ a b c d e f 横山 1976, p. 99.
  7. ^ a b c d e 櫻部・上山 2006, p. 68.
  8. ^ 櫻部 1981, p. 87.
  9. ^ a b 櫻部 1981, p. 84.
  10. ^ 横山 1976, p. 98.
  11. ^ 村上 2010, p. 235.
  12. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 67.
  13. ^ 櫻部・上山 2006, p. 57.
  14. ^ 「色法」 - デジタル大辞泉、小学館。
  15. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 268~269、P851~852.
  16. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 851.
  17. ^ 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(9)」.
  18. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 121.
  19. ^ a b c 横山 1976, p. 100.
  20. ^ 青原 2017, p. 847.
  21. ^ 櫻部・上山 2006, p. 122.
  22. ^ 青原 2017, p. 844-843.
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 櫻部・上山 2006, p. 112.
  24. ^ 櫻部・上山 2006, p. 110、112~113.
  25. ^ 櫻部・上山 2006, p. 112~113.
  26. ^ a b c d 櫻部 1984, p. 86.
  27. ^ 等持”. コトバンク. 2019年4月13日閲覧。
  28. ^ 櫻部・上山 2006, p. 索引頁「仏教基本語彙(4)」.
  29. ^ 岩波仏教辞典, p. 330.
  30. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 113.
  31. ^ 櫻部・上山 2006, p. 113~114.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 櫻部・上山 2006, p. 114.
  33. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 375.
  34. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 225.
  35. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 293.
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 櫻部・上山 2006, p. 115.
  37. ^ a b 宮本 2008, p. 142.
  38. ^ a b 佛教大辭典 第一巻”. 2020年6月13日閲覧。
  39. ^ 櫻部・上山 2006, p. 115~116.
  40. ^ 櫻部・上山 2006, p. 116.
  41. ^ 村上明宏『心不相応行法と無為法の関連性』、駒澤大学仏教学部論集45 、2014年10月、p.388(127)
  42. ^ 村上明宏『心不相応行法と無為法の関連性』、駒澤大学仏教学部論集45 、2014年10月、p.380(135)
  43. ^ a b c d e f g h 櫻部・上山 2006, p. 仏教基本語彙(9).
  44. ^ a b c d e 櫻部 1981, p. 93.
  45. ^ 櫻部 1981, p. 154.
  46. ^ a b 櫻部 1981, p. 94.
  47. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 311.
  48. ^ 櫻部 1981, p. 68.
  49. ^ 櫻部・上山 2006, p. 仏教基本語彙(3).
  50. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 109.
  51. ^ 櫻部 1981, p. 61.
  52. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 142.
  53. ^ 櫻部・上山 2006, p. 108.
  54. ^ 櫻部・上山 2006, p. 66~67.
  55. ^ a b c 櫻部 1981, p. 26.
  56. ^ 櫻部・上山 2006, p. 70~71.
  57. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 79.
  58. ^ 櫻部・上山 2006, p. 80.
  59. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 107.
  60. ^ a b c d e f g h i j k 横山 1976, p. 101.
  61. ^ 袴谷憲昭「末那識」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  62. ^ 早島理「瑜伽行学派における「得prāpti」」、1992年、長崎大学教育学部社会科学論叢 (44)、pp.2-3。
  63. ^ a b c d e f g h i Peter Lunde Johnson、『On Realizing There is Only the Virtual Nature of Consciousness』、Lac Publications、2019年月、101頁
  64. ^ アビダンマッタサンガハ用語解説 - 日本テーラワーダ仏教協会 p3
  65. ^ ウェープッラ&戸田 2013, p. 180.


「五位」の続きの解説一覧

五位

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:58 UTC 版)

名詞

(ごい)

  1. (仏教) 仏教において、あらゆる事象を5種類範疇分類して、人間精神物質など全ての現象要素)をまとめたもの。色法しきほう心法しんぼう心所法しんじょほう心不相応行法しんふそうおうぎょうほう無為法むいほうからなる

「五位」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



五位と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五位」の関連用語

五位のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五位のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2023 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの五位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS