大乗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 大乗 > 大乗の意味・解説 

だい‐じょう【大乗】

《(梵)mahāyānaの訳。理想達するための大きな乗り物の意》

仏教の二大流派の一。自己の解脱だけを目的とするのでなく、すべての人間の平等な救済成仏を説き、それが仏の真の教えの道であるとするもの。大乗仏教。⇔小乗

大乗の経典。特に、法華経をいう。


大乗

読み方:オオノリ(oonori)

所在 広島県(JR呉線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 15:13 UTC 版)

大乗(だいじょう)




「大乗」の続きの解説一覧

大乗

出典:『Wiktionary』 (2018/06/25 07:53 UTC 版)

名詞

だいじょう

  1. 大乗仏教のこと。

発音

だ↗いじょー



大乗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大乗」の関連用語

大乗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大乗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大乗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大乗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS