救済とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 救済 > 救済の意味・解説 

きゅう‐さい〔キウ‐〕【救済】

読み方:きゅうさい

[名](スル)

苦しむ人を救い助けること。「難民を—する」

神や仏の側からさしのべられる救いキリスト教では、人間を罪や悪から解放し真実の幸福を与えること。救い

[補説] 書名別項。→救済


きゅうさい〔キウサイ〕【救済】

読み方:きゅうさい

原題、(ドイツ)Erlösungen》デーメル処女詩集1891年刊。


きゅうせい〔キウセイ〕【救済】

読み方:きゅうせい

⇒ぐさい(救済)


ぐ‐さい【救済】

読み方:ぐさい

仏語救いとって、悟り至らせること。


ぐさい【救済】


救済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 07:04 UTC 版)

救済(きゅうさい、英語: salvation)は、ある対象にとって、好ましくない状態を改善して(脱して)、望ましい状態へと変える(達する)ことを意味する。宗教的な救済は、現世における悲惨な状態が宗教に帰依することで解消または改善されることも意味する。様々な宗教で極めて重要な概念であり、救済を強調する宗教は救済宗教とも呼ばれ、「救済宗教」で通常「救済」という場合は、現世の存在のありようそのものが、及びを越えた存在領域にあって、何らかの形で決定的に改善されることを表すのが一般である。


  1. ^ 大高善兵衛『読史随筆』赤堀又次郎 著 (中西書房, 1928)



救済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 02:10 UTC 版)

救済 (連歌師)」の記事における「救済」の解説

天授4年/永和4年3月8日1378年4月5日))鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて地下(じげ)の連歌師

※この「救済」の解説は、「救済 (連歌師)」の解説の一部です。
「救済」を含む「救済 (連歌師)」の記事については、「救済 (連歌師)」の概要を参照ください。


救済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:19 UTC 版)

Dragon's Dogma」の記事における「救済」の解説

近年半島内で広がる謎の教団ドラゴンによる滅びこそが人類苦しみから救う、としてその教義広めている。

※この「救済」の解説は、「Dragon's Dogma」の解説の一部です。
「救済」を含む「Dragon's Dogma」の記事については、「Dragon's Dogma」の概要を参照ください。


救済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 01:56 UTC 版)

モノポリーの戦略」の記事における「救済」の解説

レンタル料支払いによって家やホテル売却せざるをえないもしくは破産になったプレーヤーがいる場合に、第三者プレーヤー交渉によって権利書購入(=負債全部ないし一部負担)することによって家を残したり債権者権利書移動したりすることを防ぐ方法。家やホテルを残すことでトップ目対抗できる余地残したい破産による権利書移動追加経営阻止したいという理由で行われる交渉。特に家の売却可能性のある場面や仮破産の場合は何も手を打たなければパワーバランス大きく変化するため、救済を行うことは極めて重要である。

※この「救済」の解説は、「モノポリーの戦略」の解説の一部です。
「救済」を含む「モノポリーの戦略」の記事については、「モノポリーの戦略」の概要を参照ください。


救済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:01 UTC 版)

デビルメイクライ4」の記事における「救済」の解説

サンクトゥス推し進める計画魔剣教団最終目的地獄門開き魔界から悪魔呼び出して人間界地獄変え、それを『神』とサンクトゥスら『天使』が退治することで神スパーダ威光世に知らしめ、魔剣教団人間界統治する理想郷創造するというものであり、ダンテは「狂った出来レース」と称していた。この目的のために『神』の完成閻魔刀修復必須となっていた。

※この「救済」の解説は、「デビルメイクライ4」の解説の一部です。
「救済」を含む「デビルメイクライ4」の記事については、「デビルメイクライ4」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「救済」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

救済

出典:『Wiktionary』 (2021/11/14 12:15 UTC 版)

名詞

  1. きゅうさい災害不幸くるしんでいる人をすくたすけること。
  2. (仏教) (ぐさい、くさい仏教悟り至らせ救うこと教えによって、苦しみ災いから抜け出すこと。

発音(?)

類義語

翻訳

動詞

活用


「救済」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



救済と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

救済のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



救済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの救済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの救済 (連歌師) (改訂履歴)、Dragon's Dogma (改訂履歴)、モノポリーの戦略 (改訂履歴)、デビルメイクライ4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの救済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS