不幸とは? わかりやすく解説

ふ‐こう〔‐カウ〕【不幸】

読み方:ふこう

[名・形動

幸福でないこと。また、そのさま。ふしあわせ。「―な境遇

身内の人などに死なれること。


不幸

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1986.8
シリーズ名ちくま文庫


不幸

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ全集 2 不幸・幸福
出版社筑摩書房
刊行年月1987.10

収載図書チェーホフ全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1994.6
シリーズ名ちくま文庫

収載図書わかれの船
出版社光文社
刊行年月1998.10

収載図書わかれの船
出版社光文社
刊行年月2001.9
シリーズ名光文社文庫


不幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 05:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「不幸」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「不幸」を含むページの一覧/「不幸」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「不幸」が役に立つかも知れません。

関連項目



不幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 07:45 UTC 版)

シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事における「不幸」の解説

ヴェイユは美のほかに不幸が真理に至る道になるという。説明不能でありながら魂に染み込んでくる実在的ものという点で美と不幸は共通する性質を持つ。ただし不幸は美のように、人にとって自然な道ではない。自己強大化し他人支配するための力を求めるのが魂にとっては自然なのであるヴェイユそのような力の崇拝嫌悪していた。弱者に対して野蛮に振る舞う人の本性彼女は洞察している。弱者強者の前で意志の自由失い服従するだけの物質化してしまう。人が力に屈服し人格失ってしまった状態。それが不幸と呼ばれる。不幸はまった理不尽に人に食い込んでくるヴェイユ工場のなかで魂のない奴隷へと下落したたくさんの人間を見、自らもそれを体験した真の不幸は苦しんでいる当人すら自分の苦しみありさま理解できないほどに思考力を奪う。そのように不幸な人は、人格としては存在すらしていないのである隣人愛不幸な人存在していない人格存在させる。それは自らは飢えて相手満たそうとする。その人人格愛するというのではなく、ただ、その人自身であるということによってのみ愛するのだ。強いから、美しいから、善いから愛するのではなくまた、愛すべきものを自己に取込もうとするのではなく真の愛は不在として絶対対象求める。 存在していないものへの気遣い、それは注意力によって可能となるヴェイユ注意隔たりをもったはるか遠く弱きもの、小さきもの注がれる注意力ヴェイユ思想の中で大きな位置占めている。彼女は神への注意祈り呼び真の宗教極度の注意力必要とするとしている。注意とは思考停止させ、無欲で純粋な待機状態になることである。それは努力忍耐尽くさねば為しえないが、何かを得るための努力ではなく、むしろ徹底した待望なのである。人は努力したのに報い得られないということ耐えられず真実歪めてでも報い求めてしまう。ヴェイユ注意とは報いではなく真実求めるものであり、いかに悲惨なことでもそのままに見つめることだ。この時純粋さとは汚れ避けることではなく汚れ見つめうる純粋さだ。それは真理報いとして求めるものでもない。それは生命よりも真理愛し自分の不完全さ徹底して理解することを欲する。 いかに激しい苦痛なかでも正し方向へと向かう力、愛する力を失わないよう願うことはできる。ヴェイユとて苦しみ好んでいたわけではなく喜んで不幸を受け取れとは言わないそのようなことを言うのは、人々の不幸を見過ごしにすることだ。喜び喜びとして、不幸は純粋に幸として受け取らなくてはならない。しかし純粋な不幸を愛をもって受け入れるという奇跡をなしえたとき、不幸は神に触れる啓示になりうるというのである

※この「不幸」の解説は、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の解説の一部です。
「不幸」を含む「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事については、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の概要を参照ください。


不幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 14:12 UTC 版)

ロバート・バーナード・アンダーソン」の記事における「不幸」の解説

アンダーソンその生涯後半において不幸に見舞われた。彼はアルコール中毒のため数回入院した彼はイギリス領西インド諸島アンギラ為替銀行不法に運営した同銀行は無免許支店ニューヨーク開設し数人投資家1980年代にその資産失った1987年銀行法違反脱税の罪で禁固刑宣告された。ニューヨーク中間上訴裁判所法廷アンダーソンから弁護士の資格剥奪除名する際に私たち財務長官海軍長官、そしてパナマ運河交渉特別大使として国家貢献した人物不正で誤った判断によってその経歴曇らせ終了させることが悲しい。」と述べた

※この「不幸」の解説は、「ロバート・バーナード・アンダーソン」の解説の一部です。
「不幸」を含む「ロバート・バーナード・アンダーソン」の記事については、「ロバート・バーナード・アンダーソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不幸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

不幸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:28 UTC 版)

名詞

ふこう

  1. 幸福でないこと。
  2. 身内が死ぬこと。

発音(?)

ふ↗こ↘ー

形容動詞

活用

ダ型活用
不幸-だ

「不幸」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不幸」の関連用語

不幸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不幸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシモーヌ・ヴェイユ (哲学者) (改訂履歴)、ロバート・バーナード・アンダーソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS