アントン・チェーホフとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > 小説家 > アントン・チェーホフの意味・解説 

アントン・チェーホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/25 15:24 UTC 版)

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフロシア語Антон Павлович Чехов:アントーン・パーヴラヴィチ・チェーハフラテン文字(英文表記)Anton Pavlovich Chekhov1860年1月29日タガンログ - 1904年7月15日・バーデンワイラー)は、ロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家


  1. ^ この際劇場からの要求で戯曲の改訂が行われた。
  2. ^ この時チェーホフは現地の日本の外交官とも交流し、さらに日本へ渡航することも計画したが、これはコレラの流行のために断念せざるを得なかった。
  3. ^ 当時サハリン島は「囚人島」と呼ばれていた。
  4. ^ チェーホフが切手蒐集家であったという事実はよく知られているが、この旅行の際に彼はかつて手紙を送った親戚や友人の家を回って、その手紙から切手を剥がしてコレクションに加えていたというエピソードは興味深い。
  5. ^ 井上ひさし『この人から受け継ぐもの』(岩波書店 2014年)p.108. ただし、「三番目については多少の異論がある」としている。
  6. ^ レイモンド・カーヴァーはチェーホフの臨終の場面に焦点を当てた小説『使い走り』を書いている。なお同作品はカーヴァーが最後に書いた小説となった。
  7. ^ Dover Kosashvili監督により映画化された("Anton Chekhov's The Duel"、2010年)。
  8. ^ 「チェホンテ」のペンネーム時代から晩年までの交流の回想がある。


「アントン・チェーホフ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アントン・チェーホフ」の関連用語

アントン・チェーホフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アントン・チェーホフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアントン・チェーホフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS