ミニマリズムとは? わかりやすく解説

ミニマリズム【minimalism】


ミニマリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/09 10:04 UTC 版)

ミニマリズム: minimalism)は、完成度を追求するために、装飾的趣向を凝らすのではなく、むしろそれらを必要最小限まで省略する表現スタイル(様式)[1]ミニマリスムとも表記される。「最小限主義」とも。


  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ^ Oxford Dictionary
  3. ^ マリオ・メルツ、石の上に石は乗らない(1967)
  4. ^ “What Was New?” −レイモンド・カーヴァーの家庭小説”. 『熊本県立大学大学院文学研究科論集』3号.2010.9.30 (2010年9月30日). 2018年10月5日閲覧。
  5. ^ Southernscribe.com”. www.southernscribe.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ 津城寛文「日本の頂点文化 -ミニマリズムの達成」(Journal of International and Advanced Japanese Studies Vol. 12, February 2020, pp. 91-104)
  7. ^ 坂口安吾 日本文化私観


「ミニマリズム」の続きの解説一覧

ミニマリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 21:12 UTC 版)

モダニズム」の記事における「ミニマリズム」の解説

ミニマリズムは様々な形芸術デザイン、特にビジュアルアート音楽動き表している。そこでは芸術家すべての必須ではない形、特徴、または概念排除することを通して主題本質またはアイデンティティ明らかにすることになる。ミニマリズムとは、最もシンプル最小限要素最大限効果得られるようなデザインスタイルである。 芸術における特別な動きとして、それは第二次世界大戦後西洋美術発展、最も強力に1960年代と1970年代初頭アメリカ視覚芸術同一視されている。この運動関連した著名な芸術家には、ドナルド・ジャッド、ジョンマッククラッケン、アグネス・マーティン、ダン・フラビン、ロバート・モリス、ロナルド・ブレーデン、アンネ・トライト、そしてフランク・ステラ含まれる。 それはモダニズム還元側面から派生したものであり、抽象表現主義対す反論およびポストミニマル美術への架け橋として解釈されることが多い。1960年代初頭までには、ミニマリズムは芸術における抽象的な動きとして現れ( カジミール・マレヴィッチ 幾何学的抽象バウハウスピエト・モンドリアン )、リレーショナルと主観的絵画抽象的な表現主義表面複雑さ概念 アクション・ペインティング分野存在する感情的な精神主義者論争者。ミニマリズムは、極端な単純さ芸術必要な崇高な表現のすべてを捉えることができると主張した。ミニマリズムはポストモダン前兆として、あるいはポストモダン運動そのものとして様々に解釈されている。後者見方では、初期のミニマリズムは先進的なモダニズム作品生み出した、しかし、モリスのような何人かのアーティストがアンチフォーム運動支持して方向変えたとき、運動部分的にこの方向を放棄したHal Fosterは、彼のエッセイ、The Minx of Minimalism において、出版されたミニマリズムの定義において、Donald JuddRobert MorrisどちらもGreenbergian Modernism認め、それを上回るかを検証している。彼は、ミニマリズムはモダニズムの「行き止まりではなく、「今日続いている現代的な慣行へのパラダイムシフト」と主張している。 その用語は、ラ・モンテ・ヤングテリー・ライリースティーブ・ライヒフィリップ・グラス、そしてジョン・アダムス作曲のような繰り返し繰り返し特徴とする音楽動き網羅するように拡張された。ミニマリスト作曲は、システムミュージックとして知られている。「ミニマリスト」という用語は、口語的にその本質的要素余裕がある、または取り除かれているものを意味する。それはまたサミュエル・ベケット演劇小説ロベール・ブレッソン映画レイモンド・カーヴァー物語、そしてコリーン・チャップマンの自動車デザイン記述するのにも使われてきた。

※この「ミニマリズム」の解説は、「モダニズム」の解説の一部です。
「ミニマリズム」を含む「モダニズム」の記事については、「モダニズム」の概要を参照ください。


ミニマリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:41 UTC 版)

彫刻」の記事における「ミニマリズム」の解説

トニー・スミス作『Free Ride1962年。6'8 x 6'8 x 6'8(標準的な米国ドア開口部の高さ)、ニューヨーク近代美術館 ラリー・ベル作『無題(Untitled)』1964年金メッキ真鍮ビスマスクロム、金、ロジウムハーシュホーン博物館と彫刻の庭 ドナルド・ジャッド作『無題(Untitled)』1977年ミュンスタードイツリチャード・セラ作『Fulcrum1987年。高さ16.7m(55ft)という耐候性鋼自立彫刻ロンドンリバプール・ストリート駅付近 ドナルド・ジャッド作『無題(Untitled)』1991年エルサレムイスラエル博物館美術館の庭

※この「ミニマリズム」の解説は、「彫刻」の解説の一部です。
「ミニマリズム」を含む「彫刻」の記事については、「彫刻」の概要を参照ください。


ミニマリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 08:00 UTC 版)

ランドスケープデザイン空間論」の記事における「ミニマリズム」の解説

ミニマルアートは、ピーター・ウォーカー[要曖昧さ回避]、マーサ・シュワルツヒデオ・ササキなど、1960年代デザイナーに深い影響与えているとされる一方でソル・ルウィット空間フレーム彫刻カール・アンドレ量産され物体 の床彫刻によって、 空間形成における壁の必要性再考された。 幾何学繰り返し地面変化は、壁や植え付けにもランドスケープ重要な要素として疑問視された「製作の場」を作り出した同じよう適用され実施問題は、ランドスケープ国際スタイル建物表示するための白いシートであると見られるようになったという佐々木認識であった。この景観とのつながり解消は、企業のオフィスパークで特に顕著であり、ササキウォーカー内外空間をつなぐ試み通じてこれを対処しましたジェームズ・コーナーは、景観空間性を、景観媒体区別する3つのものの1つであると考えている(他は景観一時性と風景重要性である)。 彼はガストン・バシュラール参照して景観空間建築絵画区別区別するスケール精神的位置づけ強調している :「想像力内側巨大さからの世界即時大きさ自分自身

※この「ミニマリズム」の解説は、「ランドスケープデザイン空間論」の解説の一部です。
「ミニマリズム」を含む「ランドスケープデザイン空間論」の記事については、「ランドスケープデザイン空間論」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミニマリズム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミニマリズム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミニマリズムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミニマリズム」の関連用語

ミニマリズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミニマリズムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミニマリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモダニズム (改訂履歴)、彫刻 (改訂履歴)、ランドスケープデザイン空間論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS