芸道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 芸道の意味・解説 

げい‐どう〔‐ダウ〕【芸道】

読み方:げいどう

芸能道。芸を修業する道。


芸道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/11 02:35 UTC 版)

芸道(げいどう)は、芸能・技芸を日本独自のかたちで体系化したもののことを指す。




「芸道」の続きの解説一覧

芸道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 22:44 UTC 版)

「禅」の記事における「芸道」の解説

茶道をはじめ、書道能楽邦楽など、あらゆる分野その影響見られる。特に芸道の根幹をなす「形」(型)は、禅の思想から生まれたともされる。禅の楽器として虚無僧との繋がりから尺八がある。 禅は元来より武術との関係が深く中国では禅発祥の地とも言われる嵩山少林寺での少林拳が有名である。また日本では、禅が芸道としての武道成立寄与した。これは、禅がはじめて伝えられ時期武家政治表舞台に立つようになった鎌倉時代であったことと、彼ら武士の精神状況相性良かったことが背景にあった中世以前から続いていた武術古武道)には、香取神宮鹿島神宮代表される神道根源を置くものも少なくないが、禅の影響もそれと同じほど多大である。例として、剣豪の上泉信綱や柳生宗厳武術を学ぶ意義として禅語「刹人刀・活人剣」を用いたり禅僧沢庵宗彭著書不動智神妙録』において「剣禅一致」を説くなどしている。また岐阜県大仙寺)と山形県釜ヶ沢大明神)には、それぞれ剣豪宮本武蔵居合術始祖林崎甚助座禅したとされる石「座禅石」が現存している。近年では、ドイツの哲学オイゲン・ヘリゲル著書Zen in der Kunst des Bogenschießens弓と禅)』を執筆し弓術弓道)と禅を関連づけて、世界伝えた

※この「芸道」の解説は、「禅」の解説の一部です。
「芸道」を含む「禅」の記事については、「禅」の概要を参照ください。


芸道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:13 UTC 版)

鎌倉文化」の記事における「芸道」の解説

芸道としては、上述した騎射三物競馬くらべうま)、相撲十列(とおれつ)などがあり、これらは多く神事渡物として神輿神木御幣また、神楽など上述した諸芸とともに神社祭礼の際に奉納された。 この時代、芸道として規則整備されたものに蹴鞠がある。シカの皮でできた鞠を一定の高度まで蹴り上げてその回数たがいに競うもので、遊戯的な要素多分に含みながらも元来儀式一環としておこなわれるものであった10世紀貴族のあいだで流行したが、後白河法皇時代あらわれた藤原頼輔蹴鞠名人として知られ、「蹴鞠長」の異名をとった。頼補の孫にあたる藤原宗長藤原雅経兄弟は、鎌倉期にあってそれぞれ難波家飛鳥井家の祖となって蹴鞠口伝故実子孫伝承した。なお、雅経は、幕府重鎮大江広元女婿にあたることから将軍源実朝とも親しく当時すでに世評高かった50代鴨長明実朝引き合わせるのに功績のあった人物でもある。鎌倉時代にはいると、公家神官のみならず天皇将軍武家のあいだにも蹴鞠興じる人が広まった

※この「芸道」の解説は、「鎌倉文化」の解説の一部です。
「芸道」を含む「鎌倉文化」の記事については、「鎌倉文化」の概要を参照ください。


芸道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 17:55 UTC 版)

破門」の記事における「芸道」の解説

芸道の世界において、門弟家元師匠意思により流派から追放されることを破門呼び同時に信頼関係破綻したことによる意味も兼ねる。茶道華道など芸道には記述見られるが、落語界にも記述がしばしば見られ家伝場合破門勘当同時に行うことがある

※この「芸道」の解説は、「破門」の解説の一部です。
「芸道」を含む「破門」の記事については、「破門」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「芸道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

芸道

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 23:53 UTC 版)

名詞

 げいどう

  1. 芸能技芸日本独自精神性背景として体系化したもの

「芸道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



芸道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸道」の関連用語

芸道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芸道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの禅 (改訂履歴)、鎌倉文化 (改訂履歴)、破門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの芸道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS