虚無僧とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > > 虚無僧の意味・解説 

こむ‐そう【虚無僧】

読み方:こむそう

普化(ふけ)宗の有髪の僧。宗祖普化禅師遺風称して天蓋(てんがい)とよぶ深編み笠をかぶり、首から袈裟(けさ)と餉箱(げばこ)を掛け尺八吹いて米銭乞い諸国行脚し修行した(こも)を携えて野宿したところからとも、また、虚無」は空の意とも人名ともいう。普化僧薦僧(こもそう)。


虚無僧

読み方:コムソウ(komusou), コモソウ(komosou)

普化宗属す有髪托鉢僧


虚無僧

読み方:コムソウ(komusou)

尺八を吹くことを修禅とする普化宗禅僧


虚無僧

作者竹西寛子

収載図書湖―竹西寛子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1989.5

収載図書兵隊宿
出版社講談社
刊行年月1991.7
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書竹西寛子自選短篇集
出版社集英社
刊行年月2005.5
シリーズ名集英社文庫


虚無僧

作者結城伸夫

収載図書逢魔が時物語
出版社小学館
刊行年月2004.8
シリーズ名小学館文庫


虚無僧

作者久道陽吾

収載図書蜃気楼
出版社新風舎
刊行年月2004.9


虚無僧

読み方:コムソウ(komusou)

初演 明和7.3(江戸市村座)

音曲 長唄


虚無僧

読み方:コムソウ(komusou)

作者 竹西寛子

初出 昭和57年

ジャンル 小説


虚無僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 05:48 UTC 版)

虚無僧(こむそう)とは、禅宗の一派である普化宗のこと。


  1. ^ a b c 『国語大辞典』(新装版) 小学館、1988年
  2. ^ 川原進蔵 著「トップ > 広報連載企画 > 糸魚川昔物語 42 > 寺町の“いとびん”さん」、糸魚川市史編さん室 編 『糸魚川市史 - 昭和編〈デジタル版〉』糸魚川市、2004年10月1日 発行http://www.city.itoigawa.niigata.jp/sisetu/rekimin/hanbai01.htm より。


「虚無僧」の続きの解説一覧

虚無僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/18 14:32 UTC 版)

わたしと男子と思春期妄想の彼女たち」の記事における「虚無僧」の解説

謎の僧侶。あすみに悪霊取りついていると警告し妄想少女見えコンタクトレンズ渡したその後もあすみに危機が迫る警告現れお助けアイテムを渡す。詳細話していないのに悪霊少年と知っていた妙蓮寺住職正体ではないかとあすみは思っている

※この「虚無僧」の解説は、「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち」の解説の一部です。
「虚無僧」を含む「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち」の記事については、「わたしと男子と思春期妄想の彼女たち」の概要を参照ください。


虚無僧(こむそう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 15:38 UTC 版)

大神 (ゲーム)」の記事における「虚無僧(こむそう)」の解説

各地や町に現れ話しかける妖怪との戦闘始まる。アマテラス妖怪戦い察知でき、戦闘かかった時間教えてくれる。

※この「虚無僧(こむそう)」の解説は、「大神 (ゲーム)」の解説の一部です。
「虚無僧(こむそう)」を含む「大神 (ゲーム)」の記事については、「大神 (ゲーム)」の概要を参照ください。


虚無僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:43 UTC 版)

じゃじゃ丸の大冒険」の記事における「虚無僧」の解説

四天王一人末尾に2のつくシーン登場する地面大ジャンプするようにして空中舞い爆弾落としてくる。

※この「虚無僧」の解説は、「じゃじゃ丸の大冒険」の解説の一部です。
「虚無僧」を含む「じゃじゃ丸の大冒険」の記事については、「じゃじゃ丸の大冒険」の概要を参照ください。


虚無僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 00:07 UTC 版)

ヤプール人」の記事における「虚無僧」の解説

第16話登場高井青年を牛神男に変身させた。

※この「虚無僧」の解説は、「ヤプール人」の解説の一部です。
「虚無僧」を含む「ヤプール人」の記事については、「ヤプール人」の概要を参照ください。


虚無僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:31 UTC 版)

ガンリュウ」の記事における「虚無僧」の解説

巌流島潜伏していた鉄砲隊率い謎の男武蔵ガンリュウ抹殺しよう目論んだが、ガンリュウ空牙全員纏めてぶった切られ即死した

※この「虚無僧」の解説は、「ガンリュウ」の解説の一部です。
「虚無僧」を含む「ガンリュウ」の記事については、「ガンリュウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「虚無僧」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「虚無僧」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



虚無僧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「虚無僧」の関連用語

虚無僧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



虚無僧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虚無僧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのわたしと男子と思春期妄想の彼女たち (改訂履歴)、大神 (ゲーム) (改訂履歴)、じゃじゃ丸の大冒険 (改訂履歴)、ヤプール人 (改訂履歴)、ガンリュウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS