学芸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 芸術 > 学芸の意味・解説 

がく‐げい【学芸】

読み方:がくげい

学問芸術また、学問。「新聞の―


リベラル・アーツ

(学芸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 14:01 UTC 版)

リベラル・アーツ: liberal arts)とは、


注釈

  1. ^ 国家・地域によって、この位置づけの変化が起きた年代は微妙に異なる。英国フランスドイツそれぞれでも異なった。また、個々の大学でも異なった。
  2. ^ 円運動についての学術。現在の地理学にも近い。
  3. ^ ここでいう「音楽」の教育の範疇は、現代の音楽教育のそれとは異なる。
  4. ^ 「エンキュクリオス」は形容詞で、「輪の中で」「円形の」そこから転じて「通常の」「日常的な」「一般におこなわれている」を意味する[6]
  5. ^ クセノクラテスに関する断片などからの推測による[11]
  6. ^ プラトン自身は、立方体(3次元)に関する研究もなされるべきとするが、学術としては未開拓のまま残されているとして具体的な科目を挙げていない。
  7. ^ 「アルテス・リベラレス」が「エンキュクリオス・パイデイア」と対応づけられるのも、このセネカの書簡に由来する[4]
  8. ^ 12世紀シャルトル学派のテオドリクス(シャルトルのティエリ英語版)の『ヘプタテウコン』(七自由学芸の書)で報告される[15]

出典

  1. ^ 半田 2010, p. 38.
  2. ^ 菱刈 2010, p. 37.
  3. ^ a b c 鈴木 2019, p. 35.
  4. ^ a b 納富 2014, p. 72.
  5. ^ 小林 2007, p. 7.
  6. ^ a b 小林 2007, p. 4.
  7. ^ a b 菱刈 2010, p. 31.
  8. ^ 山田 2008, p. 218.
  9. ^ 山田 2014, p. 217.
  10. ^ 山田 2008, p. 218f.
  11. ^ a b c 納富 2014, p. 70f.
  12. ^ 国家』7巻
  13. ^ 『国家(下)』(岩波書店)藤沢令夫の訳
  14. ^ a b 小林 2007, p. 6.
  15. ^ a b 半田 2010, p. 158.
  16. ^ 山川 2005, p. 136.
  17. ^ a b 小林 2007, p. 10.
  18. ^ a b 鈴木 2019, p. 36.
  19. ^ 半田 2010, p. 155.
  20. ^ a b 菱刈 2010, p. 38.
  21. ^ a b 半田 2010, p. 156.
  22. ^ 半田 2010, p. 157.
  23. ^ アルクイヌス著、山崎裕子訳 1992.
  24. ^ 菱刈 2010, p. 42.
  25. ^ 菱刈 2010, p. 44.
  26. ^ a b 斎藤 1995, p. 11.
  27. ^ 山田 2008, p. 217.
  28. ^ Marrou, Henri-Irénée (1969). "Les arts libéraux dans l'Antiquité classique". pp. 6–27 in Arts libéraux et philosophie au Moyen Âge. Paris: Vrin; Montréal: Institut d'études médiévales). pp. 18–19.
  29. ^ 国際基督教大学 特設サイト「what's liberal arts」より
  30. ^ 『大学Times』Vol.2、2011年7月
  31. ^ 外国語学部経済学部法学部
  32. ^ 文学部横断プログラム、および外国語学部
  33. ^ 早稲田大学 土屋礼子ゼミジャーナル「リベラルアーツの魅力は何か」より
  34. ^ 大口 2014.
  35. ^ 埼玉大学の沿革”. 2015年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月25日閲覧。
  36. ^ グローバル・リベラルアーツ学部 | 神田外語大学” (日本語). 神田外語大学 - 外国語を学ぶなら. 2021年2月4日閲覧。


「リベラル・アーツ」の続きの解説一覧

学芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 03:36 UTC 版)

イオニア」の記事における「学芸」の解説

イオニア地方哲学文学・美術に、多くの人材を輩出した

※この「学芸」の解説は、「イオニア」の解説の一部です。
「学芸」を含む「イオニア」の記事については、「イオニア」の概要を参照ください。


学芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 10:29 UTC 版)

南蛮文化」の記事における「学芸」の解説

南蛮美術」も参照 天正13年1585年)、天正遣欧使節安土城風景えがいた狩野派屏風絵ローマ教皇贈呈した。やがて、日本人の手によって「南蛮屏風」も描かれた。南蛮屏風描いた画家多数におよび、狩野派狩野内膳南蛮屏風描いている。南蛮屏風は、西洋画影響受けながらも基本的に日本の画法描かれており、商人宣教師まじって黒人奴隷や虎、アラビア馬洋犬、象なども描かれている。 「世界地図屏風」や『泰西王侯騎馬図』も広義には南蛮屏風」の範疇に属するが、それに対し日本人が日本画の材料用い西洋風俗画模写した作品知られており、なかでも洋人奏楽屏風』『四都図世界図』は有名である宣教師ルイス・デ・アルメイダ豊後国府内ハンセン病患者のための救療院や孤児院設立しこれを機に南蛮医学急速に広がった。この病院では、アルメイダ自身西洋流の外科医療を行った一方内科医学・薬学に通じた元僧侶日本人キリシタン担いまた、宣教師聖水ロザリオ祈祷文などを利用した神学的呪術的な医療主力としていた。神学的呪術的な医療は、当時の日本人が抱いた病気治癒など現世利益への期待副うものであり、宣教師医師のみならず祈祷師陰陽師役割兼ねていた。 金属製活字による活版印刷術は、イエズス会の宣教師ヴァリニャーノによってもたらされ印刷機輸入されて、ローマ字によるキリスト教文学宗教書翻訳日本語辞書日本古典出版などおこなわれた。これがキリシタン版であり、出版された土地の名をとって天草版加津佐版、長崎版などと呼ばれる。特に1592年天草版『平家物語』1593年天草版伊曽保物語イソップ物語)』、1603年長崎版日葡辞書』などはポルトガルローマ字体で出版されたため、当時の日本語の音韻忠実に記した貴重な資料となっており、国語学見地からも価値が高い。ジョアン・ロドリゲス1604年から1608年にかけて編纂した長崎版日本大文典Arte da lingoa de Iapam)』もまた東国方言などをも収載した貴重な資料である。宗教書には、キリスト教の教理問答解説した1592年天草版ドチリナ・キリシタン』や勧善教訓漢字ひらがなまじりの日本文記した1599年長崎版ぎゃ・ど・ぺかどる罪人を善に導くの儀也)』、『コンテムツス・ムンジ』などがある。 織田信長豊臣秀吉親しく交際し、その保護を受けて布教したルイス・フロイスは、編年体の『フロイス日本史』を著している。

※この「学芸」の解説は、「南蛮文化」の解説の一部です。
「学芸」を含む「南蛮文化」の記事については、「南蛮文化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学芸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

学芸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:46 UTC 版)

名詞

がくげい

  1. 学問芸術
  2. 文学芸術文化などの一般教養全般を表す。

関連語


「学芸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学芸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学芸」の関連用語

学芸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学芸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリベラル・アーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイオニア (改訂履歴)、南蛮文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの学芸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS