学芸員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 学芸員の意味・解説 

がくげい‐いん〔‐ヰン〕【学芸員】

読み方:がくげいいん

博物館などで、資料収集保管調査研究などにたずさわる専門職員


学芸員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/09 10:31 UTC 版)

学芸員(がくげいいん)は、日本博物館法に定められた、博物館美術館天文台科学館動物園水族館植物園なども含む)における専門的職員および、その職に就くための国家資格


  1. ^ 学芸員について:文部科学省
  2. ^ 学芸員になるには:文部科学省
  3. ^ 博物館に関する科目について:文部科学省(文部科学省ホームページ)、図書館法施行規則の一部を改正する省令及び博物館法施行規則の一部を改正する省令等の施行について(通知) (PDF) 。いずれも2012年2月27日閲覧
  4. ^ 放送大学|学芸員の資格|資格取得を目指したい方放送大学
  5. ^ 奥野花代子1994「「昭和27年(最初)の博物館学芸員講習」について—赤星直忠氏の第1號学芸員講習身分證明書から—」『神奈川県立博物館だより』137号
  6. ^ 早稲田大学 文学部 学芸員資格課程 夏季集中講座
  7. ^ 学芸員資格の改正について(案・文部科学省)
  8. ^ “「博物館法改正、期待外れ」”. 朝日新聞. (2008年8月30日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200808300050.html 2012年2月27日閲覧。 
  9. ^ a b 吉川慧 (2017年4月16日). “山本幸三・地方創生相「学芸員はがん。一掃しないと」 発言に批判相次ぐ”. ハフィントンポスト日本語版. 2022年6月29日閲覧。
  10. ^ https://mainichi.jp/articles/20170417/k00/00m/010/093000c”.+毎日新聞. (2017年4月16日) 
  11. ^ 第193回国会 参議院 内閣委員会 第2号 平成29年3月9日”. 参議院 (第193回国会 参議院 内閣委員会 第2号 平成29年3月9日). 2022年6月29日閲覧。
  12. ^ 吉川慧 (2017年4月21日). “山本地方創生相、"大英博物館が学芸員を全部クビ"は事実誤認と認める「若干の記憶違いがあった」”. ハフィントンポスト. 2022年6月29日閲覧。 “「私に若干の時系列で記憶違いがあったようだ」「事実ではなく、反対した人は辞めざるを得なくなった」「英国人の友人に確認した」”
  13. ^ 文化審議会(2021)、p6。
  14. ^ 文化大革命(2021)、p1。
  15. ^ この際、れいわ新選組のみが反対し、他の会派はすべて賛成した。
  16. ^ 議案名「博物館法の一部を改正する法律案」の審議経過情報”. 衆議院. 2022年6月29日閲覧。
  17. ^ 博物館法の一部を改正する法律の概要”. 文化庁. 2022年6月29日閲覧。



学芸員(キュレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/27 21:22 UTC 版)

黒博物館スプリンガルド」の記事における「学芸員(キュレーター)」の解説

ロンドン警視庁黒博物館学芸員。黒色ドレスを身に纏い、顔にかかった金髪により左目隠れている黒博物館訪れたロッケンフィールドに「バネ足ジャック」のバネ足を見せ、「バネ足ジャック事件逸話を知る。本作語り手回想を学芸員に対し聞かせる形式採っていることから読者と同じ立場といえる

※この「学芸員(キュレーター)」の解説は、「黒博物館スプリンガルド」の解説の一部です。
「学芸員(キュレーター)」を含む「黒博物館スプリンガルド」の記事については、「黒博物館スプリンガルド」の概要を参照ください。


学芸員(キュレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 03:52 UTC 版)

エンバーミング (漫画)」の記事における「学芸員(キュレーター)」の解説

ロンドン警視庁黒博物館学芸員。藤田和日郎の『黒博物館シリーズからのカメオ出演

※この「学芸員(キュレーター)」の解説は、「エンバーミング (漫画)」の解説の一部です。
「学芸員(キュレーター)」を含む「エンバーミング (漫画)」の記事については、「エンバーミング (漫画)」の概要を参照ください。


学芸員(キュレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 05:45 UTC 版)

黒博物館」の記事における「学芸員(キュレーター)」の解説

ロンドン警視庁黒博物館学芸員。黒色ドレスを身に纏い、顔にかかった金髪により左目隠れている

※この「学芸員(キュレーター)」の解説は、「黒博物館」の解説の一部です。
「学芸員(キュレーター)」を含む「黒博物館」の記事については、「黒博物館」の概要を参照ください。


学芸員(キュレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 08:28 UTC 版)

アーティスト アクロ」の記事における「学芸員(キュレーター)」の解説

アーティスト作品管理研究や、技巧の向上をバックアップする役職

※この「学芸員(キュレーター)」の解説は、「アーティスト アクロ」の解説の一部です。
「学芸員(キュレーター)」を含む「アーティスト アクロ」の記事については、「アーティスト アクロ」の概要を参照ください。


学芸員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 23:19 UTC 版)

埼玉県立自然の博物館」の記事における「学芸員」の解説

下のような分野専攻する学芸員・職員研究その他の活動行っている土壌動物自然地理学地形学昆虫学 植物学 森林生態学 地質学古脊椎動物学岩石学鉱物学 考古学 など

※この「学芸員」の解説は、「埼玉県立自然の博物館」の解説の一部です。
「学芸員」を含む「埼玉県立自然の博物館」の記事については、「埼玉県立自然の博物館」の概要を参照ください。


学芸員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:02 UTC 版)

徳島県立博物館」の記事における「学芸員」の解説

動物佐藤陽一主席) 井大樹主任植物小川誠課長(自然担当)) 茨木靖(上席学芸員) 地学中尾賢一上席学芸員) 辻野泰之専門学芸員) 小布施彰太(学芸員) 考古植地岳彦(課長補佐歴史長谷川賢二(副館長)[徳島県立鳥居龍蔵記念博物館館長本務松永友和学芸係長小林篤正(学芸員)[徳島県立鳥居龍蔵記念博物館学芸員本務民俗庄武憲子(上席学芸員) 磯本宏紀(専門学芸員) 美術工芸大橋俊雄課長人文担当)) ※学芸員のほかに、館長事務職)、企画担当教育職及び21世紀本務職員)が配置されている。

※この「学芸員」の解説は、「徳島県立博物館」の解説の一部です。
「学芸員」を含む「徳島県立博物館」の記事については、「徳島県立博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学芸員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学芸員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学芸員と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学芸員」の関連用語

学芸員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学芸員のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2023 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2023 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学芸員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの黒博物館スプリンガルド (改訂履歴)、エンバーミング (漫画) (改訂履歴)、黒博物館 (改訂履歴)、アーティスト アクロ (改訂履歴)、埼玉県立自然の博物館 (改訂履歴)、徳島県立博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS