地学とは? わかりやすく解説

ち‐がく【地学】


地球科学

(地学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 07:54 UTC 版)

地球科学(ちきゅうかがく、英語: earth sciencegeoscience)とは、地球を研究対象とした自然科学の一分野であり[1][2]、その内容は地球の構造環境地球史など[1]多岐にわたる[2]。近年では太陽系に関する研究(惑星科学)も含めて地球惑星科学英語: earth and planetary science)ということが多くなってきている[3]地学(ちがく)は地球科学の略称である[4]


  1. ^ a b 西村 2010, pp. まえがき.
  2. ^ a b 鹿園 2009, p. 7.
  3. ^ 地球科学とは~はじめに~”. 2017年8月12日閲覧。富山大学理学部地球科学科
  4. ^ 関口 2003, pp. 1.
  5. ^ a b c 鹿園 2009, pp. 9–12.
  6. ^ 松岡憲知, 田中博, 杉田倫明, 村山祐司, 手塚章, 恩田裕一(編)、2007、『地球環境学―地球環境を調査・分析・診断するための30章―』、古今書院 ISBN 978-4-7722-5203-4 p. 1
  7. ^ a b c d 伊藤謙, 宇都宮聡, 小原正顕 ほか、「<研究資料>日本の地質学黎明期における歴史的地質資料 : 梅谷亨化石標本群(大阪大学適塾記念センター蔵)についての考察」『日本研究』 2015年 51巻 p.157-167, doi:10.15055/00005572, 国際日本文化研究センター
  8. ^ 林絢子、「江戸における地方文化の流入 : 『北越雪譜』出版をめぐって」『常民文化』 2006年 29号 p.41-73, NAID 110006569172, 成城大学
  9. ^ 米地文夫、「磐梯山噴火と地学の “英雄時代”」 『地学雑誌』 1991年 100巻 1号 p.183, doi:10.5026/jgeography.100.183
  10. ^ 宇佐美龍夫、浜松音蔵、「第1篇 日本の地震および地震学の歴史」 『地震 第2輯』 1968年 20巻 4号 p.1-34, doi:10.4294/zisin1948.20.4_1
  11. ^ 宇佐美龍夫、「第1部 日本の地震学の歩み 第1章 わが国の地震学のあゆみ」 『地震 第2輯』 1981年 34巻 special号 p.1-36, doi:10.4294/zisin1948.34.special_1
  12. ^ 和達清夫、「深海地震の特異性及び三種類の地震に就いて」 『気象集誌.第2輯』 1928年 6巻 1号 p.1-43, doi:10.2151/jmsj1923.6.1_1
  13. ^ 岡田博有、「日本の堆積学小史」 『堆積学研究』 1998年 48巻 48号 p.5-12, doi:10.4096/jssj1995.48.5, 日本堆積学会
  14. ^ 漣痕 No.1」 『漣痕』 1951年 1巻 1号 p.1-8, doi:10.14860/jssj1951.1.1, 日本堆積学会
  15. ^ a b 地学団体研究会 1996, p. 801.
  16. ^ 例えば、早稲田大学教育学部地球科学専修による説明(http://www.waseda.jp/prj-edu-earthsci/outline/ol_j.html)。
  17. ^ 系・分野・分科・細目表:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2022年7月17日閲覧。
  18. ^ 「系・分野・分科・細目表」付表キーワード一覧:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2022年7月17日閲覧。


「地球科学」の続きの解説一覧

地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/03 22:36 UTC 版)

ヴァイセンボルン (ヘッセン)」の記事における「地学」の解説

この町三畳紀地域にある。中世以降、アウフ・デア・ゼー付近砂岩採掘されており、破砕され材料撒き砂として販売された。こうしてできた洞窟状の採掘跡や立て坑は、観光地となっている。岩壁下に高品質石灰層が発見されたが、自然景観保護団体設立により乱開発免れた

※この「地学」の解説は、「ヴァイセンボルン (ヘッセン)」の解説の一部です。
「地学」を含む「ヴァイセンボルン (ヘッセン)」の記事については、「ヴァイセンボルン (ヘッセン)」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 16:48 UTC 版)

タッシリ・ナジェール」の記事における「地学」の解説

山脈はほとんどが砂岩形成されている。この地域の浸食作用が、他の目を惹く景観ともども形成されている300自然石アーチ生み出した

※この「地学」の解説は、「タッシリ・ナジェール」の解説の一部です。
「地学」を含む「タッシリ・ナジェール」の記事については、「タッシリ・ナジェール」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 15:51 UTC 版)

サントメ島」の記事における「地学」の解説

サントメ島カメルーン火山列属す火山島として形成された島で、島内最高地点標高2024 mのサントメ山である。

※この「地学」の解説は、「サントメ島」の解説の一部です。
「地学」を含む「サントメ島」の記事については、「サントメ島」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 03:24 UTC 版)

整合性」の記事における「地学」の解説

コンシステンシー (土質) - 地層・土が含水比によって液状から固体状にまで変化する性質のこと。 地層整合 - 地層が、堆積する速度変化あるものの、おおむね連続して堆積してこと。

※この「地学」の解説は、「整合性」の解説の一部です。
「地学」を含む「整合性」の記事については、「整合性」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 05:31 UTC 版)

月山」の記事における「地学」の解説

火山活動は約70万年前に始まり最後に噴火した30万年前に山頂部まで形成された。東側斜面には弥陀ヶ原などの湿原点在し比較的なだらかなのに比べ北西側斜面には長径2.5kmの馬蹄型カルデラ開いて急峻な姿を見せ北方山体崩壊時の堆積物分布する月山なだらかな山容楯状火山イメージさせ、かつてはそう考えられてきたが、頂上付近輝石安山岩や、爆発カルデラ地形中にある山中央火口丘存在成層火山特徴であり、現在では楯状火山とは考えなくなった。 南西麓では、硬い火山岩の上に深さ100メートル軟らかい火山噴出物堆積しており、地表近く月山万年雪ら出る大量の雪解け水流れることにより、地滑り誘発しやすくなっている。そのため、国土交通省調査広範囲な地滑り起き可能性があり、平成21年度より地盤動きを止める本格的な工事着手する予定である

※この「地学」の解説は、「月山」の解説の一部です。
「地学」を含む「月山」の記事については、「月山」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 05:14 UTC 版)

地球科学」の記事における「地学」の解説

地学(ちがく)という言葉は、幕末geography訳語として提唱されものであるが、明治になってgeographyを「地理学」、geologyを「地質学」と訳すのが普遍的になった。 広義には地球科学」とほぼ同義用いられることがある

※この「地学」の解説は、「地球科学」の解説の一部です。
「地学」を含む「地球科学」の記事については、「地球科学」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 02:55 UTC 版)

フローレス島 (ポルトガル)」の記事における「地学」の解説

フローレス島南北方向長軸とする楕円に近い形をした島である。長軸方向は約17 km短軸方向東西方向)が約12.5 km面積は約143 km2である。大西洋中央海嶺上に存在するホットスポット1つである、アゾレス・ホットスポットによってアゾレス諸島形成されたと考えられている。フローレス島もまた火山活動によって形成された島と考えられており、約143 km2島内には7つもの火口湖存在している。アゾレス諸島東側ユーラシアプレート上に西側北アメリカプレート上に乗っているとされており、フローレス島北アメリカプレート上に乗っているフローレス島の最高標高地点アウトゥ丘にある914mの無名地点である。アウトゥ丘もまた火山活動によって形成されとされている

※この「地学」の解説は、「フローレス島 (ポルトガル)」の解説の一部です。
「地学」を含む「フローレス島 (ポルトガル)」の記事については、「フローレス島 (ポルトガル)」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:31 UTC 版)

三ノ沢岳」の記事における「地学」の解説

北東面の伊奈川源流部は、氷河地形の三ノ沢カール(圏谷)が見られる。このカール木曽山脈木曽側側西側)での唯一カール地形である。氷河によって削られて堆積したモレーン地形原型留めている。山体花崗岩形成されている。山頂部には巨石重なり合い独立峰のように見晴らしの良い展望地となっている。

※この「地学」の解説は、「三ノ沢岳」の解説の一部です。
「地学」を含む「三ノ沢岳」の記事については、「三ノ沢岳」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/27 00:35 UTC 版)

ヘッシシュ・オルデンドルフ」の記事における「地学」の解説

地学上の特徴はプラニコスタ砂岩産出することである。

※この「地学」の解説は、「ヘッシシュ・オルデンドルフ」の解説の一部です。
「地学」を含む「ヘッシシュ・オルデンドルフ」の記事については、「ヘッシシュ・オルデンドルフ」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 03:23 UTC 版)

クヴァーケンブリュック」の記事における「地学」の解説

第三紀高地北側位置する低地内、ハーゼ川の氷河谷では勾配差が小さいため内陸デルタドイツ語版英語版)が形成されている。内陸デルタ土地は、その大部分がアルトラントに位置し氷期間に氷河から融け出した水の作用によって生じた堆積物で主に形成されている。このデルタ17世紀以降人の手によってその姿大きさ大きく変えている。運河造られ排水がなされ、川には堤防や堰が建設された。特にシュッツェンホーフ近く越水建設とグローセ・ハーゼ川(ハーゼ川本流)の迂回工事によって、1683年以降クヴァーケンブリュック旧市街洪水から護られている。 ボーリング調査結果は、最上層ローム質および砂質更新世堆積物からなることを示している最上層厚さはおよそ 5 -7 メートルであることを示している。この層の下には約 10 メートル厚さローム質および泥灰質の堆積層がある。25 - 30 メートル深さにある砂質地層は、地下水豊かな帯水層形成している。帯水層の最も浅い箇所2 - 6 メートル深さにある。

※この「地学」の解説は、「クヴァーケンブリュック」の解説の一部です。
「地学」を含む「クヴァーケンブリュック」の記事については、「クヴァーケンブリュック」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 03:12 UTC 版)

オルペ」の記事における「地学」の解説

本市市域はライン・シーファー山地ドイツ語版英語版)の構成要素である。ビッゲゼーおよび中核市区周辺の土地は、連邦建設国土庁によれば地形構成上、ミッテルビッゲ=ベルクラント含まれる中核市区オルペ盆地位置しており、市域東部および南部は南ザウアーラントロタール山地前山地域含まれる。ビッゲ川上流から中流周辺の地盤は主に、スレート化した一部石灰岩含んだ粘土岩ドイツ語版英語版)およびシルト岩ドイツ語版英語版からなり、さらに珪岩性質を持つ砂岩がある。

※この「地学」の解説は、「オルペ」の解説の一部です。
「地学」を含む「オルペ」の記事については、「オルペ」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 08:51 UTC 版)

アンブリム島」の記事における「地学」の解説

ニューヘブリディーズ諸島中央部にあり、三角形のような形をしており広さおおよそ50km面積は667.7km2で、バヌアツ5番目に大きい島である。 島の中央部山頂付近カルデラで、おおよそ100km2もの面積がある。人の住む集落除けば島の大半が厚いジャングル覆われている

※この「地学」の解説は、「アンブリム島」の解説の一部です。
「地学」を含む「アンブリム島」の記事については、「アンブリム島」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 05:07 UTC 版)

テューリンゲンの森」の記事における「地学」の解説

この山地大部分火山性斑岩から成り、その岩はフランケンシュタイン呼ばれるテューリンゲンの森は、その大部分が、北側エルベ川ヴェーザー川南側マイン川水系分け分水界となっている。テューリンゲンの森横に伸びた形がヨーロッパ特徴的な風向きの風を遮る形となり、降水量が多い。これが地質学的な要因結びついて山体浸食進み他の中低山地に比べ起伏大きいのも特徴一つである。18世紀作家正確な高度の測量ができなかったため、その外観からのみ判断してテューリンゲンの森(特にシュネーコプフ)を、ハルツ山地ブロッケン山についてドイツ二番目高い山と書いている。

※この「地学」の解説は、「テューリンゲンの森」の解説の一部です。
「地学」を含む「テューリンゲンの森」の記事については、「テューリンゲンの森」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/23 17:39 UTC 版)

ウィルクスランド」の記事における「地学」の解説

2005年現在南磁極は、ウィルクスランド沖合南緯6432東経13752分 / 南緯64.533度 東経137.867度 / -64.533; 137.867に位置する2006年Ralph von FreseLaramie Potts率い研究チームは、アメリカ航空宇宙局NASA)の重力場測定衛星GRACE用いた観測により、ウィルクスランド直径約480kmのクレーター痕跡と思われる重力異常発見した重力異常もたらすウィルクスランド・クレーター英語版)」は2億5000万年前に形成されものである推定されるウィルクスランド氷床地下に眠るこの地形が実際に天体衝突であるかはまだはっきりしていないが、そうであるとすれば地球最大級のものであり、直径50km天体衝突したものと推測される。2億5000万年前に発生した生物大量絶滅古生代中生代との区切りとなるP-T境界)との関連考えられている。

※この「地学」の解説は、「ウィルクスランド」の解説の一部です。
「地学」を含む「ウィルクスランド」の記事については、「ウィルクスランド」の概要を参照ください。


地学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:29 UTC 版)

鮎壺の滝」の記事における「地学」の解説

約1万年前富士山噴火による三島溶岩呼ばれる厚さ80メートル溶岩が、愛鷹山箱根山間の谷を埋めた際、愛鷹ローム層との境界にできた滝が、鮎壺の滝である。鮎壺の滝は、1枚溶岩流西の端にかかり、滝の地点溶岩厚さは8メートル程度である。岩質玄武岩で、斜長石目立つ。溶岩底は、火山灰層が侵食されており、高さ約8メートル溶岩樹型見られるまた、溶岩下方部には、黄褐色をした愛鷹ローム層うち中ローム層確認できる滝上部の河床には縄状溶岩見られる鮎壺の滝近く、割狐塚稲荷神社境内でも、溶岩流によってつくられ溶岩塚や、縄状溶岩見ることができる溶岩塚とは、高温溶岩冷え固まってできた表面の殻を、あとから流れ出た内部溶岩押し上げるようにして出来たドーム状地形をいう。縄状溶岩とは、溶岩表面が、溶岩流れた方向によって皺のように固まり束ねたのようなに見えるものをいう

※この「地学」の解説は、「鮎壺の滝」の解説の一部です。
「地学」を含む「鮎壺の滝」の記事については、「鮎壺の滝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 12:18 UTC 版)

名詞

(ちがく)

  1. 高等学校教科理科の中の科目
  2. 自然科学一分野である地球科学ほぼ同じ意味。しかし、地学は天文学を含むことが多い。


関連語


「地学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球科学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァイセンボルン (ヘッセン) (改訂履歴)、タッシリ・ナジェール (改訂履歴)、サントメ島 (改訂履歴)、整合性 (改訂履歴)、月山 (改訂履歴)、地球科学 (改訂履歴)、フローレス島 (ポルトガル) (改訂履歴)、三ノ沢岳 (改訂履歴)、ヘッシシュ・オルデンドルフ (改訂履歴)、クヴァーケンブリュック (改訂履歴)、オルペ (改訂履歴)、アンブリム島 (改訂履歴)、テューリンゲンの森 (改訂履歴)、ウィルクスランド (改訂履歴)、鮎壺の滝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS