噴火とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 噴火 > 噴火の意味・解説 

ふん か -くわ [0] 【噴火】

( 名 ) スル
地球内部から、水蒸気マグマ岩塊などが地表噴き出すこと。また、その現象。 「火山が-する」
火を噴き出すこと。


噴火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/26 02:14 UTC 版)

噴火(ふんか、: eruption)とは、火山からマグマ火山灰などが比較的急速[1]に地表や水中に噴き出すことである。火山活動(かざんかつどう、: volcanic activity)の一つで、マグマの性質によって、規模や様式にさまざまなものがある。気象庁では、火口から固形物が水平あるいは垂直距離でおよそ100 - 300mの範囲を越したものを「噴火」として記録することになっている[2]




註釈

  1. ^ 噴出堆積物が溶岩の場合、比重はマグマと同程度なので、DRE換算体積はぼマグマの体積に一致するが、見かけの体積で2.5 km3の降下火砕物の場合、DRE換算体積では1 km3となる。[6]

出典



「噴火」の続きの解説一覧

噴火

出典:『Wiktionary』 (2010/05/01 09:33 UTC 版)

名詞

(ふんか)

  1. マグマ水蒸気、灰などが地中から噴き出すこと。
    駒ヶ岳先年噴火時に浴びた灰と軽石新し化粧されて、触ったらまだそうに見える。(寺田寅彦札幌まで』)

発音

ふ↗んか

類義語

噴出

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
噴火-する

翻訳




噴火と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「噴火」の関連用語

噴火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



噴火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの噴火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの噴火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS