地理学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 理学 > 地理学の意味・解説 

ちり‐がく【地理学】

読み方:ちりがく

地球表面いろいろな自然および人文現象研究する科学。主に地形・気候土壌などの自然現象対象とするものを自然地理学産業・社会などの人文事象対象とするものを人文地理学という。

「地理学」に似た言葉

地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/25 15:00 UTC 版)

(ちりがく、: geography: géographie: geografia: Geographie (-fie) または Erdkunde)は、地球表面の自然・人文事象の状態と、それらの相互関係を研究する学問[1]地域や空間、場所、自然環境という物理学的存在を対象の中に含むことから、人文科学社会科学自然科学のいずれの性格も有する[2]。広範な領域を網羅する。また「地理学と哲学は諸科学の母」と称される[3]


注釈

  1. ^ 英語のgeograhyは、古代ギリシア語のgeographiaが語源である。geographiaはgeo(=土地)とgraphia(=記載する)が合わさった語で、「地球とその住民に関することを記載する」という意味であった。地理学が学問としてまだ体系化されていない古代では、多くの自然・人文事象を個別的に記載するなど百科事典的であった[7]
  2. ^ フンボルトは気象や植生が高度により遷移することを観察し、縦軸を高度、横軸を緯度として垂直分布を図化して表現した。また、世界中の約58地点の年平均気温の情報をもとに等温線をひき、等温線と緯線が平行ではない理由を考察する研究課題を提示した。中村和郎によると、地理学の考察における等値線の導入は非常に有意義なことと言及していて、また等値線図地形図(標高)や天気図(気圧配置)などでも利用されている[34]

出典

  1. ^ 報告 大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準 地理学分野」平成26年(2014年)9月30日 日本学術会議 地域研究委員会・地球惑星科学委員会合同 地理教育分科会 2023年1月15日閲覧
  2. ^ a b 公益社団法人日本地理学会『新ビジョン(中期目標)』” (PDF). 2018年7月7日閲覧。
  3. ^ 地理学科の内容|文学部|法政大学”. 2018年9月21日閲覧。
  4. ^ 益田 2018, p. 19.
  5. ^ a b 辻田 1971, p. 52,55.
  6. ^ 海野 2004, p. 48.
  7. ^ a b c d 日本地誌研究所 1989, p. 466.
  8. ^ 益田 2015, p. 1.
  9. ^ 益田 2018, p. 40,41.
  10. ^ 益田 2018, p. 41.
  11. ^ a b 田辺 2003, p. 211.
  12. ^ 浮田 2003, p. 191.
  13. ^ 広辞苑 2018, p. 1920.
  14. ^ a b c 中村ほか 1988, p. 174.
  15. ^ 野間ほか 2017, p. 212.
  16. ^ 野間ほか 2017, p. 213.
  17. ^ 「マシューズ&ハーバート 地理学のすすめ」p27-28 ジョン・A・マシューズ、デイヴィット・T・ハーバート著 森島済・赤坂郁美・羽田麻美・両角政彦訳 丸善出版 平成27年3月25日発行
  18. ^ 「世界市民の地理学 Geographies for Cosmopolitan」p7-8 野尻亘・古田昇著 晃洋書房 2006年4月10日初版第1刷発行
  19. ^ 「地理学概論」(地理学基礎シリーズ1)p4 上野和彦・椿真智子・中村康子編著 朝倉書店 2007年4月25日初版第1刷
  20. ^ 「地理学概論」(地理学基礎シリーズ1)p5 上野和彦・椿真智子・中村康子編著 朝倉書店 2007年4月25日初版第1刷
  21. ^ 「世界市民の地理学 Geographies for Cosmopolitan」p13-14 野尻亘・古田昇著 晃洋書房 2006年4月10日初版第1刷発行
  22. ^ 「地誌学概論 第2版」p3 矢ヶ崎典隆・加賀美雅弘・牛垣雄矢編著 朝倉書店 2020年2月1日第2版第1刷
  23. ^ 野間ほか 2017, p. 216.
  24. ^ 「地誌学概論 第2版」p3 矢ヶ崎典隆・加賀美雅弘・牛垣雄矢編著 朝倉書店 2020年2月1日第2版第1刷
  25. ^ 「地理学概論」(地理学基礎シリーズ1)p5-6  上野和彦・椿真智子・中村康子編著 朝倉書店 2007年4月25日初版第1刷
  26. ^ 中村ほか 1988, p. ii.
  27. ^ 野間ほか 2017, p. 52.
  28. ^ 「マシューズ&ハーバート 地理学のすすめ」p44-47 ジョン・A・マシューズ、デイヴィット・T・ハーバート著 森島済・赤坂郁美・羽田麻美・両角政彦訳 丸善出版 平成27年3月25日発行
  29. ^ 「人文地理学」p181-182 竹中克行・大城直樹・梶田真・山村亜紀編著 ミネルヴァ書房 2009年10月30日初版第1刷発行
  30. ^ 日本地誌研究所 1989, p. 320.
  31. ^ 人文地理学会 2013, p. 562.
  32. ^ 「地誌学概論 第2版」p1 矢ヶ崎典隆・加賀美雅弘・牛垣雄矢編著 朝倉書店 2020年2月1日第2版第1刷
  33. ^ 中村ほか 1988, p. 1.
  34. ^ 中村ほか 1988, p. 7.
  35. ^ 中村ほか 1988, p. 23-24.
  36. ^ 中村ほか 1988, p. 25.
  37. ^ a b 野間ほか 2017, p. 24.
  38. ^ a b 野間ほか 2017, p. 23.
  39. ^ 野間ほか 2017, p. 25.
  40. ^ 「人文地理学」p4-5 竹中克行・大城直樹・梶田真・山村亜紀編著 ミネルヴァ書房 2009年10月30日初版第1刷発行
  41. ^ 「地誌学概論 第2版」p3-4 矢ヶ崎典隆・加賀美雅弘・牛垣雄矢編著 朝倉書店 2020年2月1日第2版第1刷
  42. ^ https://www.kawai-juku.ac.jp/highschool/analysis/geography-history/geography-01/ 「2018(平成30)年3月に告示された高等学校学習指導要領の分析報告」河合塾 2023年6月23日閲覧



地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:54 UTC 版)

景観」の記事における「地理学」の解説

景観学」を打ち立てたオットー・シュリューター英語版ドイツ語版)は、景観感覚的、特に視覚的に捉えられるものに限定した。これは、景観から目に見えない政治宗教などは景観形成に関係のない限り除外されることになった一方で景観位置大きさ相互関係などから容易に扱えるようになったその後景観個々景観構成要素(=景観要素単独成立しているわけではなく相互に関係しながら景観形成しているという考え現れ生態学的な観点重視主張された。 景観目に見えるものだけに限定したとき、地理学が隣接科学吸収して発展する過程不満分子となり、アメリカのフレッド・シェーファー(英語版)による地理学の「例外主義」への批判計量革命経て、「景観」は地理学において重視されなくなった。代わって人文主義地理学台頭と共に風景」が新し用語として導入された。しかし、地理学で下火になった景観」の語が建築学者都市計画家の間で盛んに使われるようになったため、再び地理学界に「景観」が復活した。現在は「騒音景観」 (noisescape) のような目に見えないものも景観として扱われる中村和郎は『地域景観』の中で、「景観」の概念を以下の5つにまとめた。 同時に存在し相互に関連し合う、違う種類のものを一括して捉えること例えば、漁港に建つ灯台1基を切り取って灯台景観」と呼ぶのは不適切であり、灯台周囲にある堤防製氷施設市場道路漁船集落地形などと合わせて見る必要がある。この時、灯台漁港景観構成するものの1つであり、「景観要素と言える特有の形態持った一定の空間の意味合いでは、景観は「景色」というよりは「地域の意味を持つ。そのため、地理学者飯本信之ドイツ語Landschaftを「景域」と訳すべきだと著書政治地理学』に記している。一方辻村太郎地域の意味景観含ませることを排除し目に見えるものに限定した空間大きさには階層性がある例え渋谷スクランブル交差点周辺の景観は、渋谷構成する景観1つであり、また渋谷東京構成する景観1つである。これを階層性と言い生物の分類用いられる門・綱・目・科・属・種などに相当する類型タイプもしくはモデルである 時間と共に変化する 地理学における「景観」は一種独特の専門用語として君臨してきた。歴史地理学者の千田稔は、重要概念であるにもかかわらず明確に定義付けられることなく今日に至るものの、その曖昧さが「景観」の語の自在性であり、地理学を豊かにしてきたのではないか、と述べている。また、デレク・グレゴリーは「景観はそれ自身内部に、それを理解できる鍵を持たない」と述べリチャード・ハーツホーン1939年に、景観 (Landschaft) は複数解釈ができ、かつ地方 (area) や地域 (region) と意味合いが同じであることから、地理学用語として不要とした。「地域」の概念同様に景観」の概念客観的なものではなく主観的なのである主張する学者存在する

※この「地理学」の解説は、「景観」の解説の一部です。
「地理学」を含む「景観」の記事については、「景観」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 18:11 UTC 版)

フェノスカンジア」の記事における「地理学」の解説

1902年にラムセイは論文において、フェノスカンジアの語が指し示す範囲地域には地質学的なまとまりだけでなく自然環境的なまとまり認められるとして、自然学・地理学的な用語として用いられうる旨を提唱した

※この「地理学」の解説は、「フェノスカンジア」の解説の一部です。
「地理学」を含む「フェノスカンジア」の記事については、「フェノスカンジア」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 04:44 UTC 版)

ヒッパルコス」の記事における「地理学」の解説

ヒッパルコスは『エラトステネスの地理学への反論』と題する三巻本著したが、現伝しない。この本に関す知識多くストラボンから得られるヒッパルコスはこの本の中で、エラトステネス徹底的に批判するが、地理的位置情報不正確さ内部矛盾への批判が主で、ややこじつけの感がある。ヒッパルコスは、地図天文学的に計測され緯度と経度のみに基づかなければならず、未知の距離については三角法用いた計測によって求めなければならないという考えこだわったまた、ヒッパルコスは、地理学の理論に関して三つ大きな発明をしている。第一に地理座標系初め用いたことである。第二に、緯度太陽傾きだけでなく星の観測結果用いて決定したことである。太陽傾き緯度を知る方法古くから知られていた。第三に、離れた地点間で同時に月食観察を行う方法によって経度決定したことである。また、ヒッパルコスは、その著作の中で「気候表」と呼ばれる実用的な部分で、数十か所の緯度を一覧にした。その中でも特に、かつてエラトステネス提示したアテネシチリア島インド亜大陸南端緯度を、より正確なものに改善したヒッパルコスは、「気候表」の中で緯度夏至又は冬至長さ関連付けており、緯度算出するにあたって用いた黄道傾斜の値を23°40′とした。紀元前2世紀後半推定値は、23°43′である。ほかの古代科学者たち24°の概算値用いており、クラウディオス・プトレマイオスですら23°51′という値を示している中で、この正確さ驚くべきものがある。 また、ヒッパルコスは、ヘレニズム時代広く受け入れられていた、大西洋インド洋カスピ海それぞれ一つ大洋一部分であるという説に反対すると同時にエクメーネ拡張して赤道から北極圏の間まで拡げた。ヒッパルコス考察は、プトレマイオスの『ゲオグラフィア』に見ることができる。本質的にプトレマイオス業績は、ヒッパルコス示した地理学とはなんであるべきかという見解実現させる試みの末に得られたものである

※この「地理学」の解説は、「ヒッパルコス」の解説の一部です。
「地理学」を含む「ヒッパルコス」の記事については、「ヒッパルコス」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 15:03 UTC 版)

地理」の記事における「地理学」の解説

詳細は「地理学」を参照 地理学とは、地球表面住民の状態、その相互関係研究する学問である。

※この「地理学」の解説は、「地理」の解説の一部です。
「地理学」を含む「地理」の記事については、「地理」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 16:27 UTC 版)

ウクライナ共和国 (1991年-1996年)」の記事における「地理学」の解説

領土ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ウクライナSSR時代および憲法制定後のウクライナと同じ(クリミア半島を含む)で、約603,700㎞2である。

※この「地理学」の解説は、「ウクライナ共和国 (1991年-1996年)」の解説の一部です。
「地理学」を含む「ウクライナ共和国 (1991年-1996年)」の記事については、「ウクライナ共和国 (1991年-1996年)」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 23:17 UTC 版)

TP」の記事における「地理学」の解説

東京湾平均海面 (英語: Tokyo Peil) フローンの気候区分における気候帯のひとつ。熱帯外帯意味する

※この「地理学」の解説は、「TP」の解説の一部です。
「地理学」を含む「TP」の記事については、「TP」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 08:59 UTC 版)

イマヌエル・カント」の記事における「地理学」の解説

カントケーニヒスベルク大学1765年から自然地理学講義担当し、地理学に科学的地位与えたカントは地理学と歴史学違い場所的記述を行うのが地理学で、時間的記述を行うのが歴史学であるとした。この見解後世地理学者常識となったまた、道徳地理学」(Die moralische Geographie)の講義では、日本ラップランド親殺しをした子に対す刑罰異なる、具体的に日本では子の家族もろとも極刑処されるが、ラップランドでは働けなくなった父を殺すことは母が子を扶養するならば許されるという事例を用いて地理的環境異なれば倫理道徳異なると説いた

※この「地理学」の解説は、「イマヌエル・カント」の解説の一部です。
「地理学」を含む「イマヌエル・カント」の記事については、「イマヌエル・カント」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 04:49 UTC 版)

ハルフォード・マッキンダー」の記事における「地理学」の解説

ちょうどその頃イギリスの王立地理学協会(the Royal Geographical Society)では、地理大学正規講座昇格させる為の猛烈な運動始めていた。それで1899年オックスフォード大学が地理学院(the Oxford School of Geography)を開設したとき、マッキンダーはその初代院長迎えられた。さらに彼は1904年ロンドン大学新設され政治経済学院(the Economics and Political Science)の院長就任しその後20年渡って同学院の経営専念するかたわら経済地理講義続けた。この学校卒業生留学生の中から英連邦諸国政治家外交官輩出している。

※この「地理学」の解説は、「ハルフォード・マッキンダー」の解説の一部です。
「地理学」を含む「ハルフォード・マッキンダー」の記事については、「ハルフォード・マッキンダー」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 05:36 UTC 版)

クラウディオス・プトレマイオス」の記事における「地理学」の解説

詳細は「地理学 (プトレマイオス)」を参照 プトレマイオス著作ゲオグラフィア』(Geographia、地理学)は、地球球体説基づいた最古体系的な数理地理学書で、古代人々地理に関する知識集成したものである本書には本書には、緯度測定方法などの測量に関する理論球面平面投影して図示する様々な方法説明され地球周長子午線一度分の長さ)や各地点の緯度経度といったデータ収められている。また、地中海世界各地域ごとの地図左図のような世界地図載せている。これは世界で初め経緯線用いたのである天体観測用いて比較容易に計測できた緯度異なり本書記される各地経度誤差大きく地中海東西経度差を過大に見積もっている。これは、相互距離の測定大きく依拠していたためだと思われる10世紀後半から11世紀になると、継続的な天体観測から地中海サイズはほの正確に見積もられる。この知識は、イベリア半島内で作成された殆どの地理データ表に反映された。しかし、この知識一般化することはなかったようであり、このため後に中国について地理的な情報付け加えられたとき、その場所が実際よりも大幅に東に位置づけらてしまった。このため、約1,000年後の大航海時代クリストファー・コロンブスは「東よりも西方航海したほうがアジアへは近道である」と考えてアメリカ大陸発見する事になる。 なお、本書地球周長の値を1800スタジオンとし、それを「(一般に受け入れられている値」としている。距離の単位スタジオン」が時代地域によって長さまちまちであるため、現代計測結果との比較難しいが、大きく見積もって誤差は数割程度で、また原理的に正し計測方法用いている。

※この「地理学」の解説は、「クラウディオス・プトレマイオス」の解説の一部です。
「地理学」を含む「クラウディオス・プトレマイオス」の記事については、「クラウディオス・プトレマイオス」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:15 UTC 版)

広島大学の人物一覧」の記事における「地理学」の解説

熊原康博 - 自然地理学広島大学准教授 高橋春成 - 生物地理学環境地理学。奈良大学教授 堀信行 - 地理学。東京都立大学名誉教授 森川洋 - 地理学。広島大学名誉教授

※この「地理学」の解説は、「広島大学の人物一覧」の解説の一部です。
「地理学」を含む「広島大学の人物一覧」の記事については、「広島大学の人物一覧」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 16:09 UTC 版)

アパラチア大陸」の記事における「地理学」の解説

アパラチア大陸ケベック州ニューファンドランドラブラドールアメリカ東部およびアメリカ中東部にまで広がっていた。発見される化石は、これらの地域白亜紀沿岸平野沿岸地域覆われていた事を物語っている。一部科学者西部内陸水路白亜紀終わり近くまでララミディアアパラチア分けていた間に群島形成されたという説を提唱した。これは恐らく恐竜湾岸移動することを可能にし、アパラチア2つ生物群集動物相いくつかの顕著な違いがある事に対す説明となる。たとえば、南東部群集カロライナ湾岸サイト構成される)には、アパラチオサウルスなどのいくつかのティラノサウルス類、エオトラコドンやロフォロトンなどのハドロサウルス類ノドサウルス類ドロマエオサウルス類生息し北部群集ニュージャージー州デラウェア州メリーランド州構成される)には、ドリプトサウルスなどのティラノサウルス類ハドロサウルスなどのハドロサウルス類小型獣脚類、およびランベオサウルス亜科存在していた。

※この「地理学」の解説は、「アパラチア大陸」の解説の一部です。
「地理学」を含む「アパラチア大陸」の記事については、「アパラチア大陸」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 13:50 UTC 版)

フワーリズミー」の記事における「地理学」の解説

数学天文学での活躍比べて有名ではないが、地理学の分野では、プトレマイオス世界論を受け継いだ世界地図作成携わったマアムーンの命により、シンジャール平原において太陽高度差を利用した緯度1度相当する子午線弧長の測量実施している[要検証ノート]。フワーリズミーは、この調査の成果著作大地概念』に取り入れたまた、プトレマイオスによる地中海長さ見積り修正しアジアアフリカ地形描写精密にした。インドビザンティンには調査3回出向いている。

※この「地理学」の解説は、「フワーリズミー」の解説の一部です。
「地理学」を含む「フワーリズミー」の記事については、「フワーリズミー」の概要を参照ください。


地理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/31 09:02 UTC 版)

セビラバド (都市)」の記事における「地理学」の解説

セビラバドはクラ川右側岸辺にある。 人工沈殿物が流布している。温和暖かい沙漠風土乾いた沙漠風土統治している。大体灰色草原流布している。半沙漠植物地方流行している。いくつかの地域では砂漠植物もある。生理食塩水抽象化でよく塩生植物の上分布する黒褐色桜色。彼らは球根の丘を形成する。ここはまたカツァル・シャクセヴディセィ、甘藍犀、毛虫並びに当歳絨毯塩辛い雄牛など。植物会われる。半砂漠部類の中では苦艾周縁のと短命の半砂漠地方広く流布している。ヨヴシャン半乾燥地帯大部分木綿と麦の下で耕作されている。

※この「地理学」の解説は、「セビラバド (都市)」の解説の一部です。
「地理学」を含む「セビラバド (都市)」の記事については、「セビラバド (都市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地理学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地理学

出典:『Wiktionary』 (2019/07/06 14:01 UTC 版)

名詞

ちりがく

  1. 地球表面部の物理現象、自然、人類活動総合的に研究する学問分野自然科学分野地球科学生態学気象学地質学人文科学分野歴史学社会学経済学などと隣接する

語源

ギリシャ語 γη または γεια(地球)+ γραφειν (記述する)に由来する。 

関連語

翻訳


「地理学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



地理学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地理学」の関連用語

地理学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地理学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの景観 (改訂履歴)、フェノスカンジア (改訂履歴)、ヒッパルコス (改訂履歴)、地理 (改訂履歴)、ウクライナ共和国 (1991年-1996年) (改訂履歴)、TP (改訂履歴)、イマヌエル・カント (改訂履歴)、ハルフォード・マッキンダー (改訂履歴)、クラウディオス・プトレマイオス (改訂履歴)、広島大学の人物一覧 (改訂履歴)、アパラチア大陸 (改訂履歴)、フワーリズミー (改訂履歴)、セビラバド (都市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS