風土病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 病気 > 風土病の意味・解説 

風土病

風土病 1は、人口の相当多く部分恒久的影響を及ぼすのであるに対して流行病 2はかなり短期間広がり、そして消滅するものである流行病多くの国に発生した場合世界的流行病 3呼ばれるある種感染症 4あるいは伝染病 4は、比較短期間多くの人に感染するために特別の注意が払われている。このような場合流行病 5といわれ、その発生率調べるために特別な疫学統計 6作成されている。これらの病気についてはその報告法律によって義務づけられている国が多いため、色々な国でその情報集めることが可能である。したがって、それらは届出伝染病 7呼ばれている。慢性病 8急性病 9区別なされることもある。これらの用語に明確な定義はないが、急性病一般に突然発症罹患期間が短いと理解されているのに対して慢性病は緩やかに発症罹患期間も長く、しばしば長期障害原因となる。


風土病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/04 06:06 UTC 版)

風土病(ふうどびょう)とは、ある一定の限定した地域に定着し流行を繰り返す病気の総称である。地域によっては地方病(ちほうびょう)とも呼ばれる。


  1. ^ 藤田拓男 『新カルシウムの驚異 : 人類の未来をささえるカルシウム』 講談社〈ブルーバックス〉。[要ページ番号]
  2. ^ a b 1,紀伊半島のALS : 紀伊 ALS/PDC -紀伊半島における筋萎縮性側索硬化症/パーキンソン認知症複合- 三重大学大学院地域イノベーション学研究科・紀伊難病研究センター


「風土病」の続きの解説一覧



風土病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風土病」の関連用語

風土病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



風土病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風土病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS