ツツガムシ病とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 皮膚疾患 > ツツガムシ病の意味・解説 

ツツガムシ病

読み方:ツツガムシびょう

ダニ一種であるツツガムシ幼虫媒介として、「リケッチア」と呼ばれる病原体感染することで生じる感染症

ツツガムシ病はリケッチア体内保有する「有毒ツツガムシ」に咬刺されることで感染する。発熱発疹見られ抗生物質普及する以前死亡率の高い危険な病気であった。

なお、ツツガムシ中にはリケッチアを持たない「無毒ツツガムシ」もあり、これに咬刺された場合咬み傷数日残る程度で済む。

2011年3月発生した東日本大震災では、多くの人が住居を失い避難所生活を強いられている。4月入りツツガムシ活動しだす季節迎えるため、国立感染症研究所などが十分に警戒するよう注意呼びかけている。

関連サイト
被災地におけるつつが虫病について - 国立感染症研究所 ウイルス第一部感染症情報センター 4月1日現在

ツツガムシ病

ツツガムシ病はOrientia tsutsugamusi を起因とするリケッチア症であり、ダニ一種ツツガムシによって媒介される。患者は、汚染地域草むらなどで、有毒ダニ幼虫吸着され感染する。発生ダニ幼虫活動時期と密接に関係するため、季節により消長みられるまた、かつては山形県秋田県新潟県などで夏季河川敷感染する風土病であったが(古典型)、戦後新型ツツガ虫病の出現により北海道沖縄など一部地域を除いて全国発生みられるようになった

疫 学

 ツツガムシ一世代に一度だけ、卵から孵化した後の幼虫期に哺乳動物吸着し、組織液を吸う(図1)。その後土壌中で昆虫の卵などを摂食して生活する。わが国リケッチア(以下、)を媒介するのは、アカツツガムシ(Leptotrombidium akamushi )、タテツツガムシL. scutellare )、およびフトゲツツガムシL. pallidum )の3種であり、それぞれのダニ0.1~3%がをもつ有毒ダニである。ヒトはこの有毒ダニ吸着されると感染する。吸着時間は1~2 日で、ダニから動物への移行にはおよそ6 時間以上が必要である。ダニからダニへ経卵感染により受け継がれ、をもたないダニ無毒ダニ)が感染動物吸着しても獲得できず、有毒ダニならない。したがって、自然界げっ歯類などの動物ヒトへの感染増幅動物とはならず、ダニライフサイクル完結させるために重要となる。
新型ツツガムシ病媒介するタテツツガムシ、およびフトゲツツガムシは秋~初冬孵化するので、この時期関東九州地方中心に多く発生みられる(図2)。また、フトゲツツガムシ寒冷気候抵抗
性であるので、その一部越冬し、融雪とともに活動再開するため、東北北陸地方では春~初夏にも発生がみられ、そこではこの時期の方が秋~初冬より患者が多い。したがって全国でみると、年間に春~初夏、および秋~初冬の2 つの発生ピークみられるまた、古典型ツツガムシ病原因となったアカツツガムシは現在消滅したと考えられ、夏期発生ピークはみられない。

ツツガムシ病
ツツガムシ病

図2. ツツガムシ病の月別地方別の患者発生数1998 年

ツツガムシ病

図3. ツツガムシ病の患者数および届出都道府県数の推移(1950~2001年

我が国では1950 年伝染病予防法によるツツガムシ病の届け出始まり1999 年4 月からは感染症法により4 類感染症全数把握疾患として届け出継続されている(図3)。感染症法施行後の患者数をみると、1999 年(4~12月)には588 人、2000 年(1~12月)には急増して754 人が報告された。2001 年には460 人に減少したが、今後動向注目される。また、毎年数人死亡例も報告され、依然として命を脅かす疾病であることがうかがえるまた、ツツガムシ病は広くアジア東南アジアにも存在しており、輸入感染症としても重要である。

病原体

ツツガムシ病の起因オリエンティア・ツツガムシ(Orientia tsutsugamushi )であり、大きさはおよそ0.5×2.5 μm である(写真1)。他のリケッチア同様に細胞外では増殖できない偏性細胞寄生細菌である。本には血清型存在し、KatoKarp、およびGilliam3種類は標準型とよばれ、その他にも、Kuroki、およびKawasaki など新しい型も報告されている。

ツツガムシ病

臨床症状
潜伏期は5 ~14 日で、典型的症例では39 上の高熱伴って発症し、皮膚には特徴的ダニ刺し口(写真2)がみられ、その後数日体幹部を中心に発疹写真3)がみられるようになる。

ツツガムシ病
ツツガムシ病
写真2. ダニ刺し
須藤恒久著 「新ツツガムシ病物語」より)
写真3. 発疹
須藤恒久著 「新ツツガムシ病物語」より)

発熱刺し口、発疹は主要3徴候とよばれ、およそ90%以上の患者みられるまた、患者多く倦怠感頭痛訴え患者半数には刺し近傍所属リンパ節、あるいは全身リンパ節腫脹みられる臨床検査ではCRP陽性ASTおよびASL などの肝酵素の上昇がおよそ90%の患者みられるまた、治療が遅れると播種性血管内凝固をおこすことがあり、致死率が高い。
発生時期その年気候により影響を受けること、わが国には夏~秋に発生の多い日本紅斑熱存在することなどから、年間通して、本症を含むダニ媒介リケッチア症を常に疑うことが重要である。また、ヒト移動に伴い汚染地域に出かけて感染し、帰宅後発症する例もあるので、汚染地域だけでなく広く全国医療機関注意が必要である。


病原診断
確定診断は主に間接蛍光抗体法、および免疫ペルオキシダーゼ法による血清診断行われている。診断抗原にはKatoKarp 、およびGilliam標準型に加えて、Kuroki 、およびKawsaki 型を用いることが推奨されている。ある特定の血清型だけに抗体上昇する場合があり(つまり、血清学的な交差反応株間でみられない場合がある)、流行合わせて新し血清型使用しないと、診断できないことがあるためである。判定は、急性期血清IgM抗体有意上昇している時、あるいは、ペア血清抗体価が4倍以上上昇した時を陽性とする。
また、ワイル・フェリックス反応ではOXK 陽性となるが、陰性のこともあるので注意が必要である。病原体診断には、末梢血中からのDNA 検出が用いられている。EDTA全血からバフィーコート分画分離し、DNA抽出後、nested PCR 法による検出なされるまた、この方法で血清型別も可能である。分離マウス培養細胞用いて行われるが、P3 実験施設が必要であり、時間もかかるので診断には実用的でない。

治療予防
ダニ媒介リケッチア症の一般的な治療法、および予防法準じて行う。治療には、早期に本症を疑い適切な抗菌薬投与することが極めて重要である。第一選択薬テトラサイクリン系抗菌薬であり、使用できない場合クロラムフェニコールを用いる。βラクタム系抗菌薬無効である。
本症の予防利用可能なワクチンはなく、ダニ吸着を防ぐことが最も重要である。具体的には、発生時期を知り汚染地域に立ち入らないこと、立ち入る際にはダニ吸着を防ぐような服装をすること、作業後には入浴吸着したダニ洗い流すこと、などである。

感染症法における取り扱い2003年11月施行感染症法改正に伴い更新
つつが虫病4類感染症定められており、診断した医師直ち最寄り保健所届け出る報告のための基準以下の通りである。
診断した医師判断により、症状所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下のいずれか方法によって病原体診断血清学診断がなされたもの。
病原体検出
例、血液からの病原体分離など
病原体遺伝子検出
例、PCR 法など
病原体対す抗体検出
例、血液からの間接蛍光抗体法あるいは間接免疫ペルオキシダーゼ法で抗体価の4倍以上の上昇か、IgM 抗体上昇など


国立感染症研究所ウイルス第一部 小川基彦)


ツツガムシ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/15 23:41 UTC 版)

ツツガムシ病(ツツガムシびょう)は、ツツガムシリケッチア(Orientia tsutsugamushi) への感染によって引き起こされる人獣共通感染症の1つ。病原体を保有するツツガムシ(ダニ目ツツガムシ科のダニ)によって媒介される[1][2]感染症法の4類感染症に指定されている[2]




注釈

  1. ^ 太平洋戦争中、ビルママレー半島インドネシアでは多くのアメリカ軍兵士がツツガムシ病に感染した記録が残されている[6]
  2. ^ 人見蕉雨『黒甜瑣語』、菅江真澄『雪の出羽路』など[7]

出典

  1. ^ a b c 小川基彦, 萩原敏且, 岸本寿男 ほか、「わが国のツツガムシ病の発生状況 疫学的考察」 『感染症学雑誌』 2001年 75巻 5号 p.353-358, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.75.353, 日本感染症学会
  2. ^ a b c ツツガムシ病とは 国立感染症研究所 IDWR 2002年第13号掲載
  3. ^ <速報> 沖縄県宮古島で初めて確認されたつつが虫病 国立感染症研究所
  4. ^ a b c d 門馬直太:つつが虫病リケッチアの型別と媒介種との関係 『衛生動物』 2013年 64巻 1号 p.3-4, doi:10.7601/mez.64.3, 日本衛生動物学会
  5. ^ 長坂昌一郎, 今川八束, 村田道里、「伊豆諸島・利島 (としま) におけるつつが虫病の初報告例および第2例」『感染症学雑誌』 1991年 65巻 5号 p.591-596, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.65.591
  6. ^ a b c d 須藤 1991, p. 49.
  7. ^ a b c 須藤 1991, p. 48.
  8. ^ 須藤 1991, p. 29.
  9. ^ 須藤 1991, pp. 49-50.
  10. ^ a b c d 須藤 1991, p. 26.
  11. ^ a b 須藤 1991, p. 15.
  12. ^ a b 須藤 1991, p. 28.
  13. ^ 須藤 1991, pp. 15-16.
  14. ^ 佐々学、私共のダニ類研究の回顧 日本ダニ学会誌 第1回日本ダニ学会大会講演要旨(補足) 1993年 2巻 2号 p.99-109, doi:10.2300/acari.2.99
  15. ^ a b 須藤 1991, p. 16.
  16. ^ a b 須藤 1991, p. 18.
  17. ^ a b c d e f g h i j k l 須藤 1991, p. 19.
  18. ^ 志智大介, 谷澤朋美, 本田勝亮、「静岡県浜松市における過去7年間のつつが虫病 低ナトリウム血症に関する検討も含めて」 『感染症学雑誌』 2008年 82巻 4号 p.335-340, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.82.335, 日本感染症学会
  19. ^ 須藤 1991, p. 14.
  20. ^ a b c d 須藤 1991, p. 22.
  21. ^ 髙垣謙二、「日本紅斑熱とつつが虫病」 『日本皮膚科学会雑誌』 2014年 124巻 9号 p.1739-1744, doi:10.14924/dermatol.124.1739, 日本皮膚科学会
  22. ^ 中川義久, 古家英寿, 佐藤宏, 松本芳彬、「発疹を認めず, 重症化したつつが虫病の1例」 『感染症学雑誌』 1994年 68巻 11号 p.1433-1436, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.68.1433, 日本感染症学会
  23. ^ a b 須藤 1991, p. 20.
  24. ^ 小川基彦, 萩原敏且, 岸本寿男 ほか、「わが国のツツガムシ病の発生状況 臨床所見」 『感染症学雑誌』 2001年 75巻 5号 p.359-364, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.75.359, 日本感染症学会
  25. ^ ダニによるかみ傷 メルクマニュアル家庭版[リンク切れ]
  26. ^ 須藤 1991, p. 23.
  27. ^ 須藤 1991, pp. 48-49.
  28. ^ 須藤 1991, p. 60.
  29. ^ 須藤 1991, pp. 57-58,62.
  30. ^ 須藤 1991, p. 63.
  31. ^ 須藤 1991, pp. 64-66.
  32. ^ 須藤 1991, pp. 66-67.
  33. ^ 須藤 1991, p. 71.
  34. ^ 須藤 1991, p. 72.
  35. ^ 須藤 1991, pp. 67-71.
  36. ^ 『ふるさと長岡のあゆみ』長岡市、1986年、187-188頁
  37. ^ 藤倉朋良『図解にいがた歴史散歩<南魚沼>』p184 新潟日報事業社出版部
  38. ^ 須藤 1991, p. 76.
  39. ^ a b 須藤 1991, p. 75.
  40. ^ a b 須藤 1991, p. 77.
  41. ^ 須藤 1991, p. 78.
  42. ^ 須藤 1991, p. 79.
  43. ^ 須藤 1991, p. 80.
  44. ^ 須藤 1991, pp. 80-81.
  45. ^ 須藤 1991, p. 82.
  46. ^ 須藤 1991, pp. 81-82.
  47. ^ 須藤 1991, pp. 82-83.
  48. ^ a b 須藤 1991, p. 83.
  49. ^ a b 須藤 1991, p. 86.
  50. ^ 須藤 1991, pp. 83-84.
  51. ^ 須藤 1991, pp. 87-90.
  52. ^ 須藤 1991, pp. 91-92.
  53. ^ 須藤 1991, p. 92.
  54. ^ 須藤 1991, p. 94.
  55. ^ 須藤 1991, pp. 97-98.
  56. ^ 須藤 1991, p. 98.
  57. ^ a b 須藤 1991, p. 96.
  58. ^ 須藤 1991, p. 97.
  59. ^ 須藤 1991, pp. 98-99.


「ツツガムシ病」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ツツガムシ病」の関連用語

ツツガムシ病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ツツガムシ病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2020 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツツガムシ病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS