治療法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 治療法 > 治療法の意味・解説 

治療法

【仮名】ちりょうほう
原文modality

治療の方法例えば、手術化学療法は治療法である。

治療、療法、治療法

【仮名】ちりょう
原文therapy

治療のこと。

治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:39 UTC 版)

周術期管理」の記事における「治療法」の解説

予防行っていない患者の場合、日本ではドロペリドール1.25mgを使用する予防行っている患者にPONVが発生した場合予防投与使用されていない異な機序薬物治療することが推奨されている。

※この「治療法」の解説は、「周術期管理」の解説の一部です。
「治療法」を含む「周術期管理」の記事については、「周術期管理」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 07:48 UTC 版)

骨折」の記事における「治療法」の解説

骨折整復できるだけ早期に行うべきである。腫脹治るまで待つべきではない開放創感染リスク低く抑え極力安全に縫合できるの受傷6時間から8時以内ゴールデンタイムとされるこの時間は身体部位により変化し顔面外傷の場合は24時間とされるこれ以上経過する細菌増殖による創感染可能性飛躍的に高まるが、必ずしもゴールデンタイム経過した創が一次閉鎖できないわけではなく、あくまで感染リスク目安として捉えるべきである。このあたりの感覚生もの扱い同じである単純骨折で骨の転位なければそのまま固定をし、骨の転位がある場合徒手整復牽引などの非観血的整復術手術による観血的整復術によって正常なアライメント戻し一定期間固定して安静を保つ。非観血的整復術接合正常値あるかどうかレントゲンなどを利用して精度を増す。一方複雑骨折では骨が表皮から飛び出すことで様々な細菌存在する外界交通してしまうため、感染症阻止最重課題となる。傷口念入りな洗浄消毒汚染され挫滅した組織切除デブリードマン)が受傷直ち行なわれるべきで、抗生物質投与積極的に行われる。骨癒合要する期間は損傷部位年齢左右されるが、いずれの骨折も同じプロセス踏んで修復される。ただし、感染症不適切な治療により骨癒合遷延したり癒合なかったりするケースもある。 上肢骨折治療目標手の機能温存である。多少変形短縮構わない一方下肢の骨折の治療目標無痛安定した荷重できることである。短縮しないように変形極力避ける。なお、入院して骨折治療始まったら、直ちその他の四肢運動を始めるべきであるとされている

※この「治療法」の解説は、「骨折」の解説の一部です。
「治療法」を含む「骨折」の記事については、「骨折」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 02:11 UTC 版)

結節性紅斑」の記事における「治療法」の解説

安静にしていることが最も重要。薬物療法としては非ステロイド性消炎鎮痛薬ヨードカリ内服一般的だが、重症例では副腎皮質ステロイド薬内服行われる基礎疾患がある場合はその治療重要である

※この「治療法」の解説は、「結節性紅斑」の解説の一部です。
「治療法」を含む「結節性紅斑」の記事については、「結節性紅斑」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/11/03 11:41 UTC 版)

球状上顎嚢胞」の記事における「治療法」の解説

摘出術が用いられる

※この「治療法」の解説は、「球状上顎嚢胞」の解説の一部です。
「治療法」を含む「球状上顎嚢胞」の記事については、「球状上顎嚢胞」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 10:22 UTC 版)

骨肉腫」の記事における「治療法」の解説

基本的な療法では外科手術化学療法を骨軟部悪性腫瘍骨肉腫悪性線維性組織球腫滑膜肉腫明細胞肉腫など)では併用する骨膜性骨肉腫通常型骨肉腫より異型度の低い細胞から成り骨膜から骨皮外方のみに成長して中心側へはほとんど増殖せず、比較予後良い亜型) 等の場合は主に外科手術中心悪性の場合、癌の進行早いが、その分抗がん剤効果大きいため、基本的には、多剤併用化学療法抗がん剤治療)を行いその後外科手術正常細胞で包むように原発巣広範切除し引き続き化学療法を行う。肺や骨に転移しやすいため、CT、MRI骨シンチ検査定期的に行われる抗がん剤としては、シスプラチンドキソルビシンイホスファミドシクロホスファミドブレオマイシンなど。かつては四肢発生した場合四肢切断したが、現在では化学療法補助療法進歩もあり、切断せずに腫瘍切除し切除した骨部には人工骨埋め込むことも可能となり、患者クオリティ・オブ・ライフ (QOL) が大幅に改善された近年では1999年金沢大学土屋弘行による液体窒素により凍結する自家液体窒素処理骨移植』により、QOL向上するまた、骨を2カ所切断して腫瘍骨を切り取る遊離処理』と、1カ所だけ切断して骨を突き出す『有処理』があり、『有処理』の方回復が早い

※この「治療法」の解説は、「骨肉腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「骨肉腫」の記事については、「骨肉腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/05 11:38 UTC 版)

歯髄疾患」の記事における「治療法」の解説

治療法としては保存療法除去療法二種類がある。歯髄の状態が可逆性有れば保存療法対応するが、不可逆性で、元の正常な状態に戻ることできない場合除去療法を行う。 保存療法鎮痛消炎療法 覆髄直接覆髄法 間接覆髄暫間的間接覆髄法 除去療法一部除去療法生活歯髄切断法 失活歯髄切断法 全部除去療法麻酔抜髄失活歯髄

※この「治療法」の解説は、「歯髄疾患」の解説の一部です。
「治療法」を含む「歯髄疾患」の記事については、「歯髄疾患」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/28 06:16 UTC 版)

膝蓋前滑液包炎」の記事における「治療法」の解説

通常細菌性でない膝蓋前滑液包炎控えめに治療されるが、症状が重い場合非ステロイド性抗炎症薬経口投与されるか非ステロイド性抗炎症薬注射される感染症可能性完全に否定されている時に限る)。外科手術必要になることも稀にある。急性の滑液包炎は、気づかずにいたり放置していたりすると慢性的なものになりうる。

※この「治療法」の解説は、「膝蓋前滑液包炎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「膝蓋前滑液包炎」の記事については、「膝蓋前滑液包炎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/02 07:29 UTC 版)

下顎骨骨折」の記事における「治療法」の解説

外傷性骨折では他の骨折と同様整復固定によって行なうが、顎骨骨折において必要とされる咬合機能回復するために歯牙結紮法や顎間固定法併用している場合が多い。観血的処置では、顎骨特性より内固定である金属プレートによる骨接合法一般的であるが、部位個々の症例特性に合わせて縫合やキルシュナーワイヤーによる経皮的鋼線刺入固定法、顎外固定法などその他の方法選択することもある。 病的な理由で骨折発生した場合については、その原因となる病気の治療行わなければならないが、ただちに手術行わなければならない程度病巣拡大している場合も多い。

※この「治療法」の解説は、「下顎骨骨折」の解説の一部です。
「治療法」を含む「下顎骨骨折」の記事については、「下顎骨骨折」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/07 16:08 UTC 版)

子宮肉腫」の記事における「治療法」の解説

治療はがんの進行度患者の状態に基づき次に記す1つ以上治療方法用いられる中心となるのは手術だが、可能なら両側の卵管卵巣も含む腹部卵巣全体摘出術も行われる。また他に放射線治療化学療法ホルモン療法がある。リンパ節への転移疑われる場合などはリンパ節郭清が行われる場合があるこの場合リンパ浮腫症状が出ることが予想されるが、必ずしもリンパ浮腫になるというものではない。

※この「治療法」の解説は、「子宮肉腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「子宮肉腫」の記事については、「子宮肉腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/08 15:02 UTC 版)

腺性歯原性嚢胞」の記事における「治療法」の解説

嚢胞摘出術や掻爬を治療法として報告していることが多いが、大きなものでは下顎骨辺縁切除術下顎骨区域切除術・上顎部分切除術といった顎骨切除行った例や、生検のみや経過観察行った例も報告されている。

※この「治療法」の解説は、「腺性歯原性嚢胞」の解説の一部です。
「治療法」を含む「腺性歯原性嚢胞」の記事については、「腺性歯原性嚢胞」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/03 14:59 UTC 版)

広節裂頭条虫」の記事における「治療法」の解説

広節裂頭条虫症の治療にはプラジカンテル投与駆虫有効である

※この「治療法」の解説は、「広節裂頭条虫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「広節裂頭条虫」の記事については、「広節裂頭条虫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/16 04:06 UTC 版)

唾石」の記事における「治療法」の解説

唾石症起こった場合は、基本的に唾石外科的に取り除く方法取られる唾石取り除き方は、石の大きさ形成された場所によって異なる。例えば、口腔内の粘膜切開して唾石だけを取り出す方法や、口腔ではなく皮膚切開して唾液腺ごと取り出す方法などがある。

※この「治療法」の解説は、「唾石」の解説の一部です。
「治療法」を含む「唾石」の記事については、「唾石」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/29 06:05 UTC 版)

低位舌」の記事における「治療法」の解説

近年画期的な機能的矯正装置開発された(ムーシールド)。今まで低位舌による乳歯列期反対咬合下顎前突経過観察一般的であったが、このムーシールド機能的矯正装置就寝中マウスピース矯正装置咥えるだけという簡便さのため、幼い子に対して負担小さく応用できる低位舌舌口唇圧バランス・筋機能正常化させ、咬合乱れ整える。1年間程度就寝時のみ装着で、症状改善はかられる

※この「治療法」の解説は、「低位舌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「低位舌」の記事については、「低位舌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 16:46 UTC 版)

無精子症」の記事における「治療法」の解説

非閉塞性無精子症の場合、従来不妊治療第三者精子を使うしかないとされてきたが、現在は前期精子細胞精巣から採取して体外受精安定的に成功させることができるようになった

※この「治療法」の解説は、「無精子症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「無精子症」の記事については、「無精子症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 00:48 UTC 版)

ライソゾーム病」の記事における「治療法」の解説

摂取制限治療ができるフェニルケトン尿症のような必須アミノ酸代謝異常異なりそれらの物質生体内で合成されるので治療困難であり、根治には遺伝子治療必要である現在の所、酵素補充療法臓器移植骨髄移植が行われる。しかし脳や神経の症状には酵素補充療法骨髄移植はほとんど効果がないようである

※この「治療法」の解説は、「ライソゾーム病」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ライソゾーム病」の記事については、「ライソゾーム病」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/04 06:45 UTC 版)

弾力繊維性仮性黄色腫」の記事における「治療法」の解説

対症療法のみで完治させる治療法はない。

※この「治療法」の解説は、「弾力繊維性仮性黄色腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「弾力繊維性仮性黄色腫」の記事については、「弾力繊維性仮性黄色腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/16 01:45 UTC 版)

毛細血管拡張性運動失調症」の記事における「治療法」の解説

根治療法はなく対症療法にとどまる。免疫グロブリン補充療法などを行う。

※この「治療法」の解説は、「毛細血管拡張性運動失調症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「毛細血管拡張性運動失調症」の記事については、「毛細血管拡張性運動失調症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/02 03:06 UTC 版)

舌小帯短縮症」の記事における「治療法」の解説

程度に応じて口腔外科小児科耳鼻科などで小帯切除術を行う。内容にもよるが、基本的に保険適用対象となる。

※この「治療法」の解説は、「舌小帯短縮症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「舌小帯短縮症」の記事については、「舌小帯短縮症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/24 15:43 UTC 版)

マラスムス」の記事における「治療法」の解説

マラスムス治療は、WHOの基準に従って進められる。この10ステップ治療基準は、マラスムスとこれに類似の栄養障害であるクワシオルコル両方適用される患者体温下降は、脂肪組織減少起きことによるものなので、体を温めることで対応できる体温管理されるべきである。 低血糖がたびたび起きるので、適切な間隔必要量グルコース経口ないし静注補給する多くの患者見せ脱水症状に対しては、経口補水塩一回分ずつ注意深く投与すべきである。この補水塩は、一般経口補水塩にくらべナトリウムの量は少なくカリウムの量は多く含まれている。栄養失調のために心臓の機能低下していることがあるので、この補給患者血液循環負担ならないように行うべきである。また患者には重要なビタミン微量元素投与する必要があるマラスムス患者では免疫系低下していることがあるので、感染症かかって一般的な症状発熱など)を呈しないことがあるそのため、疾病兆候見せていなくとも、広域スペクトル型抗生物質投与すべきであるマラリアに対する治療法も考慮に入れる必要がある電解質蓄積不足していることもありうるため、WHOの奨励する方式に従ってカリウムマグネシウム補給させるべきである。 患者肝機能通常低下しているため、患者急速に投与されタンパク質適切に代謝できないことありうる。これは最悪の場合にはアンモニア過剰な蓄積つながり尿素回路におけるアミノ酸合成分解問題及ぼすことにもなりうる。その結果命に関わる肝性昏睡になる可能性もある。 またこのほか飢餓による心理的社会的な結果に対して人間らしい援助をすることが勧められる治療の終了までには、栄養失調原因分析されているべきである。原因を、もし可能ならば排除することで、患者のともに暮らしている家族なり生活共同体なりの中で生活を営めるようになる

※この「治療法」の解説は、「マラスムス」の解説の一部です。
「治療法」を含む「マラスムス」の記事については、「マラスムス」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/20 01:40 UTC 版)

血栓性静脈炎」の記事における「治療法」の解説

感染症など原因がある場合は、原疾患の治療並行して行う。 抗凝固剤血栓溶解剤投与して血液凝塊出来るのを防ぐ。 痛みがある場合には対症療法として炎症鎮痛剤などを投与する症状が酷い場合のみ外科的手術による血液凝塊除去静脈抜去バイパス形成を行う。

※この「治療法」の解説は、「血栓性静脈炎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「血栓性静脈炎」の記事については、「血栓性静脈炎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/01 06:53 UTC 版)

乳房外ページェット病」の記事における「治療法」の解説

治療方法第一選択根治広範囲切除手術である。上皮内病巣限局している場合リンパ節転移報告みられないので、単純外陰切除が行われているが、本症では病巣周囲の肉眼的に正常にみえる皮膚にもPaget細胞浸潤していることが少なくないとされ、原則として皮疹境界から3cm離して拡大切除術が行われる。マッピングバイオプシーを併用し健常部との境界確認する事で切除範囲縮小図れる。深さ組織学的腫瘍細胞浸潤の程度、ことに皮膚付属器の上皮内深部進展していることから脂肪層中層から筋膜直上での切除が必要となる。リンパ節郭清原発浸潤癌で、かつリンパ節転移のある症例原則として適応となるが、予後影響しないとの報告もあり、定まっていない本症例は高齢者好発するので全身状態合併症浸潤度合発生部位などから根治治療行えない場合も多い。手術適応外および手術拒否症例などで保存的療法施行する場合には主に電子線照射中心に放射線療法が行われる。−般に放射線療法凍結手術などは、毛包汗腺組織内腫瘍細胞完全に除去できず再発率が高いと報告されているが種々の余病を持つ高齢者において保存的な治療として放射線療法有用と考えられる

※この「治療法」の解説は、「乳房外ページェット病」の解説の一部です。
「治療法」を含む「乳房外ページェット病」の記事については、「乳房外ページェット病」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/15 08:55 UTC 版)

鉄欠乏症 (植物)」の記事における「治療法」の解説

欠乏は、生育条件適した土壌選択することによって回避することができる。例えば、石灰質土壌において好酸植物の生育はすべきでないまた、よく腐熟させた堆肥またはコンポスト投入によっても回避できる欠乏クロロシス疑われる場合には、適切な検査キット器具用いて土壌pH確認することが推奨されている。表面および深部土壌サンプル採取するpHが7以上である場合には、6.5-7.0の範囲へとpH低下させる土壌改良検討する改良方法には次の方法がある: 堆肥コンポスト泥炭または類似の有機質肥料投入。ただし、有機質肥料中には石灰加えてpH7-8したものもある。 窒素肥料として硫酸アンモニウム利用する。これは、アンモニウムイオン分解による硝酸生成により土壌根圏酸性化する)。 土壌への硫黄分投入硫黄分酸化剤であり、数か月にわたって硫酸塩/亜硫酸塩生成しpH低くする。 なお、酸(硫酸塩酸クエン酸など)を直接土壌添加することは危険である。なぜなら、土壌粒子結合していた、植物にとって有毒な金属イオン植物吸収可能にするめである硫酸鉄またはキレート化合物用いると植物直ち利用可能鉄分供給することができる。キレート化合物としてはFe-EDTAとFe-EDDHAが一般的である。硫酸鉄とFe-EDTAはpH7.1下の土壌効果がある葉面散布なら、土壌pH関係なく使用することができる。Fe-EDDHAはpH9(高アルカリ)までの土壌有効であるが、光劣化避けるため、夕方以降使用しなければならない土壌中のEDTAは鉛を移動可能にすることができるが、EDDHAはしない

※この「治療法」の解説は、「鉄欠乏症 (植物)」の解説の一部です。
「治療法」を含む「鉄欠乏症 (植物)」の記事については、「鉄欠乏症 (植物)」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 04:48 UTC 版)

赤痢」の記事における「治療法」の解説

対症療法による全身状態改善抗菌薬による除菌など、内科的治療中心血便脱水症状重篤な合併症みられる場合入院治療となる。 下痢止め止瀉薬)は溶血性尿毒症症候群などの重篤な合併症起こすリスク高めるので、原則使用しない日本において、細菌性赤痢は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の三類感染症指定されており、感染確認された医師速やかに保健所報告する義務があるかつては二類感染症指定されており、拡散防止するために状況に応じて隔離入院させる必要があったが、2006年平成18年12月8日法改正と同時に三類感染症変更され強制隔離措置廃止された。

※この「治療法」の解説は、「赤痢」の解説の一部です。
「治療法」を含む「赤痢」の記事については、「赤痢」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/27 03:46 UTC 版)

ムコ多糖症」の記事における「治療法」の解説

遺伝的要因よるものなので根治治療難しい。現時点では胎児あるいは新生児時点、すなわちできる限り早期に診断するのが治療には重要と考えられている。もちろん、これら遺伝子診断倫理学的に解決しなければ問題が多いのも現実であるが、早期診断早期治療ムコ多糖症症状進行食い止めるには有効な手段である。なお、治療法については確立されていないものも含め下記のようなものがある対症療法 酵素補充療法Enzyme replacement therapy現在の医学水準では最も現実的で、かつ有効と考えられている治療法。ムコ多糖分解する酵素患者は、ムコ多糖分解する酵素先天的に欠損し、あるいは産生能が不足している)を製剤化し、点滴投与により補充する治療法。2010年8月現在、日本においてはI型1型)、II型2型)及びVI型(6型)の治療剤の製造販売承認されている。ただし、これら酵素血液脳関門越えられないため、I型II型における中枢神経症状には効能示さないとされている。なお、VI型については現在のところ中枢神経症状示さないとされているため、VI型については酵素補充療法他の病型に比べ有効度が高いものと見込まれている。 MPS IV-A型(4A型)は現在、米国BioMarin社が酵素製剤臨床試験実施中である。 骨髄移植 造血幹細胞移植 遺伝子治療

※この「治療法」の解説は、「ムコ多糖症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ムコ多糖症」の記事については、「ムコ多糖症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 22:33 UTC 版)

腺房細胞癌」の記事における「治療法」の解説

出典 様々な種類外科手術通常術後放射線治療併用する中性子線用いた放射線治療 放射線治療 化学療法

※この「治療法」の解説は、「腺房細胞癌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「腺房細胞癌」の記事については、「腺房細胞癌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 03:58 UTC 版)

胼胝」の記事における「治療法」の解説

足浴により角質柔らかくし、医療行為としてはコーンカッターやグラインダー削り取った後、尿素軟膏サリチル酸ワセリンなどで保湿を行う。重度のものは手術取り除く尋常性疣贅(疣)と間違えて処置を行うと症状悪化させることもあるため鑑別適切な治療必要である素人による治療リスクを伴う誤って傷をつける二次感染のおそれがあり、潰瘍の形成蜂窩織炎壊死性筋膜炎など重症化することもある。

※この「治療法」の解説は、「胼胝」の解説の一部です。
「治療法」を含む「胼胝」の記事については、「胼胝」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 16:45 UTC 版)

脊髄小脳変性症」の記事における「治療法」の解説

分子病態の解明にもかかわらず脊髄小脳変性症のほとんどの疾患根治的な治療法が確立されていない症状緩和していくつかの治療知られている

※この「治療法」の解説は、「脊髄小脳変性症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「脊髄小脳変性症」の記事については、「脊髄小脳変性症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 02:47 UTC 版)

カルシウム欠乏症 (植物)」の記事における「治療法」の解説

対象植物特異的に酸性土壌を好む場合を除きカルシウム欠乏症は、pH6.5となるように酸性土壌農業用石灰投入することで矯正することができる。土壌保水能力を向上させるために、土壌有機物加えること推奨される。 しかし、障害性質上(すなわち、低蒸散組織へのカルシウム輸送貧弱であること)、一般に根にカルシウム与えることによって問題は解決されないいくつかの種では、疾病可能性のある組織に塩カルシウムスプレー予防的に吹き付けることによって問題低減することができる。[要出典] カルシウム欠乏症による植物の損傷回復させることは困難である例えば、症状現れた際、直ち窒素200ppm分の硝酸カルシウム追加施用するべきとされている多くの場合カルシウム欠乏症は低い土壌pH関連しているため、土壌pH試験および、必要に応じてpH是正が必要となる。[要出典]

※この「治療法」の解説は、「カルシウム欠乏症 (植物)」の解説の一部です。
「治療法」を含む「カルシウム欠乏症 (植物)」の記事については、「カルシウム欠乏症 (植物)」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 17:55 UTC 版)

接触恐怖症」の記事における「治療法」の解説

一般的な恐怖症と同様認知行動療法、特にその中で実際に触れられても何も起きないことを確認していく曝露療法とられる抗うつ薬抗不安薬などの薬物使った治療同時に行われることもある。

※この「治療法」の解説は、「接触恐怖症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「接触恐怖症」の記事については、「接触恐怖症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 09:11 UTC 版)

肝性脳症」の記事における「治療法」の解説

ラクツロースなどの内服薬や、特殊アミノ酸製剤などの注射薬血液中アンモニア濃度低下させるそれとともにタンパク質摂取制限し繊維質豊富な食物摂取促すまた、血漿交換療法吸着血液浄化法が行われる。便秘の場合は排便適度に行われるようにする。

※この「治療法」の解説は、「肝性脳症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「肝性脳症」の記事については、「肝性脳症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 03:19 UTC 版)

血清反応陰性関節炎」の記事における「治療法」の解説

病態によっては(反応性関節炎などは特に)自然寛解ありえる一方強直性脊椎炎乾癬脊椎炎難治性で、関節リウマチ同等の関節破壊を伴う。関節リウマチと同様メトトレキサート中心とした治療をおこなうほか、最近ではインフリキシマブエタネルセプト用いたTNF-α療法効果示している

※この「治療法」の解説は、「血清反応陰性関節炎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「血清反応陰性関節炎」の記事については、「血清反応陰性関節炎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 06:06 UTC 版)

ウェルニッケ脳症」の記事における「治療法」の解説

早い段階でビタミンB1投与を行うことが良いとされる数日間ビタミンB11日1000ミリグラム (mg)ほど静脈注射し、その後150 mgほど内服補充する場合が多い。また、アルコール依存症伴っているケースが多いため、アルコール依存症に対するリハビリ末梢神経障害等、ビタミンB1欠乏していることにより引き起こされ得る障害に対するリハビリテーションが必要となる場合がある

※この「治療法」の解説は、「ウェルニッケ脳症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ウェルニッケ脳症」の記事については、「ウェルニッケ脳症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 18:06 UTC 版)

虫垂癌」の記事における「治療法」の解説

発見されているときにはすでに腹膜リンパ節転移していることが多い ことから外科手術により虫垂および転移箇所除去した上で化学療法を行う。しかし、他のガンとは異なり虫垂癌固有の標準術式確立されていない盲腸部切術後確定診断至った場合には、追加切除積極的に実施する

※この「治療法」の解説は、「虫垂癌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「虫垂癌」の記事については、「虫垂癌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 12:22 UTC 版)

煙突掃除人癌」の記事における「治療法」の解説

治療法は腫瘍切除手術行なう麻酔薬実用化される前は外科医にとっては簡単な手術だったが患者にとっては恐ろしいものだった砒素塗り薬を含む代替治療提案された。この癌の本当の原因は、1922年に煤に弱い発癌性物質含まれていることが発見されるまで未確認だった。そして、最も広く流布し理論まで、その煤の中に閉じ込められた陰嚢の、これは一般的な刺激引き起こした煙突掃除人身体清潔に保つこと知らず性器洗ったことはない想定されていた。 1790年にジェームズ・アール(ポット義理の息子)によって記録された最年少犠牲者8歳だった。

※この「治療法」の解説は、「煙突掃除人癌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「煙突掃除人癌」の記事については、「煙突掃除人癌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 17:56 UTC 版)

陰茎癌」の記事における「治療法」の解説

段階によって手術放射線治療化学療法免疫療法といった陰茎癌治療の選択肢があるが、手術が最も一般的である: 広範囲局所切除術 - 癌と周囲の健康な組織までを切除する顕微手術 - 顕微鏡用い健康な組織切除可能な限り少なくするレーザー手術 - レーザー癌細胞を焼くか切除する包皮切除 - 癌化した包皮切除する性器切断 - 陰茎一部または全体切除する周辺リンパ節を含む場合もある。よく行われ効果的である。 放射線治療通常再発リスク減らすために手術直前行われる早期段階では局所化学療法侵襲性の低い手術組み合わせる進行した段階では手術放射線治療化学療法組み合わせが必要となる。

※この「治療法」の解説は、「陰茎癌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「陰茎癌」の記事については、「陰茎癌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 17:55 UTC 版)

プラーガ」の記事における「治療法」の解説

プラーガ孵化する前の卵の状態ならば、専用除去が可能。投与後も体内効能残っているであれば、卵を注入されても除去可能であるプラーガ孵化した場合除去出来なくなるものの、同様のプラーガ成長一時的に抑えられその間特殊な放射線照射することにより、プラーガのみを死滅させられることがわかっている(これによりレオンアシュリープラーガ除去されている)。しかし、確実に除去できるの幼体のみであり、成体になったプラーガ死滅させれば宿主死亡するリスクを負う事になり、仮に成功したとしても重篤な後遺症が残る可能性示唆されている(寄生しプラーガ成長比例するものと思われ幼体でもある程度成長が進むと治療不可能になる)。また、幼体除去でも完全ではないとは言え中枢神経とは繋がり始めている状態となっているため、放射線照射際はかなりの苦痛を伴う事になるこれらの治療法は、プラーガの治療法というより、プラーガ寄生させられた者が自らプラーガ取り除けるか、取り除けなくするかという研究の中で発見されている。 『バイオハザード5』登場するプラーガ・タイプ2は成体の状態から寄生させるため、恐らく上記の治療法で取り除くことは不可能(侵食スピード異常に速いため治療する前に完全に侵食されきってしまう)。この作品内では救出イベントが無い事から治療法は言及されていない『バイオハザード ダムネーション』ではアレクサンドル・コザンチェンコ支配種プラーガをその身に入れていたが、脊髄ごと支配種プラーガ撃ち抜かれることで半身不随後遺症を残すも半ば強引に治療されている。

※この「治療法」の解説は、「プラーガ」の解説の一部です。
「治療法」を含む「プラーガ」の記事については、「プラーガ」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 08:05 UTC 版)

ペルテス病」の記事における「治療法」の解説

治療法は大きく分けて二つある[出典無効]。 装具着用による足の固定 手術による骨頭が常に臼蓋包み込まれている状況作る1.装具による治療法は、着脱容易で装具装着して早い段階で歩行可能になると言うメリットがあるが、足の動作制限が生じるなどのデメリットもある。時間をかけて治療していく治療方法のため完治するまでにかなりの時間を要する。また装具による治療方法では完治後に臼蓋形成不全発病し、再び痛み生じ可能性がある。 2. の手術による治療法は、1.装具による治療法と比べ比較早い段階で社会復帰できるメリットがあるが、約2か月入院必要である事や、手術痕ができるなどのデメリット存在するペルテス病大きく分けてこの2つの方法で治療が行われる。発病した際は担当医師と何度も相談したうえで決定し治療していくこと、患者への生活支援サポート重要である

※この「治療法」の解説は、「ペルテス病」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ペルテス病」の記事については、「ペルテス病」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 15:04 UTC 版)

致死性家族性不眠症」の記事における「治療法」の解説

異常プリオン生成する遺伝子異常治す方法がないため、治療法はない。

※この「治療法」の解説は、「致死性家族性不眠症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「致死性家族性不眠症」の記事については、「致死性家族性不眠症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 03:20 UTC 版)

コケイン症候群」の記事における「治療法」の解説

現状のところ根治療法はなく対症療法にとどまる。

※この「治療法」の解説は、「コケイン症候群」の解説の一部です。
「治療法」を含む「コケイン症候群」の記事については、「コケイン症候群」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 17:42 UTC 版)

高カリウム血症」の記事における「治療法」の解説

短時間で重篤な症状陥りやすいが、迅速に血中カリウム濃度下げる事は困難である高カリウム血症致命的なのは致死性不整脈発生である。大抵の場合一般生化学的検査では時間がかかりすぎてしまうので、アシドーシス評価含めて血液ガス分析(血清カリウム値が測れる機種が多い)で代用する心電図による不整脈監視は常に必要である不整脈予防 高カリウム血症致死的なのは不整脈なので、それさえ防げれば、しばらくは時間を稼ぐことができる。そのため治療としてカルシウム製剤投与を行う。血中カルシウム濃度上昇させることで心筋活動性抑制し不整脈抑制する処方としてはグルコン酸カルシウム(カルチコール)を10ml(850mgを溶解した液)を3 - 4分かけて静注する。 高カリウム血症改善 高カリウム血症では細胞内の水素イオン血清カリウムイオン交換されて、代謝性アシドーシスとなっていることが多い。血液ガス分析強度のアシドーシス認められる場合は、重曹メイロン®:炭酸水素ナトリウム)を投与してアシドーシス改善させる事で、一時的に血清カリウム値を改善させることができる。これは5分上かけ緩徐静注する。ちなみに代謝性アシドーシスに対する炭酸水素ナトリウム投与は、見かけ上代謝性アシドーシス改善するものの、最終的に細胞内水素イオン濃度の上昇を招き細胞内アシドーシス助長するため結果的に有害である、との見方がある。 G-I(グルコース・インスリン)療法は、ブドウ糖25gの水溶液50%液50cc10%250cc、5%液500ccのいずれか)に速効性インスリン5-10単位加えて持続投与するものであるインスリンブドウ糖細胞内に取込ませる際にカリウム一緒に細胞内移動させる作用利用している。 陽イオン交換樹脂を経直腸的に投与することで腸液カリウム除去する方法もある。一般的にはケイキサレート、カリメートといったイオン交換樹脂経口投与することが多い上記のいずれも一時的に血清カリウム値を低下させる作用しかないため、根本的に高カリウム血症改善させるためには血液透析必要である原疾患の治療 緊急的な状況上記の方法防げたら、原因調べてそれぞれの原因肝不全腎不全カリウム過剰摂取等)に見合った処置を行う。

※この「治療法」の解説は、「高カリウム血症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「高カリウム血症」の記事については、「高カリウム血症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 16:05 UTC 版)

腸管出血性大腸菌」の記事における「治療法」の解説

症状季節年齢など様々な要素考慮した診断を基にして、それに応じた対症療法が行われる。 下痢症状を有する場合安静水分補給及び年齢症状応じた消化しやすい食事摂取激し腹痛血便認められ経口摂取ほとんど不可能場合輸液を行う。腎機能障害発現注意する腸管運動抑制性の下痢止め止瀉薬)は、腸管内容物停滞時間延長しベロ毒素吸収助長する危険性があるので使用しない。 強い腹痛に対する鎮痛剤として、ペンタゾシン皮下注射または筋肉内注射スコポラミン系は腸管運動抑制するため避ける。 抗生物質投与小児 - ホスホマイシンノルフロキサシンカナマイシン 成人 - ニューキノロンホスホマイシン 合併症溶血性尿毒症症候群壊死性腸炎など)を起こした場合早急に入院する必要がある場合によっては人工透析手術必要なこともある。

※この「治療法」の解説は、「腸管出血性大腸菌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「腸管出血性大腸菌」の記事については、「腸管出血性大腸菌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 17:58 UTC 版)

ミトコンドリア病」の記事における「治療法」の解説

モデルマウスを用いた治療法の研究が行われてきたものの、現時点では根治法の無い難病であり、基本的に対症療法が行われる。 例えば、ミトコンドリア電子伝達系活性化するために、ユビキノンコハク酸投与を行う場合有る要するに、異常を起こしたミトコンドリア残されているATP産生能力を、最大限引き出そうという意図である。 また、日本でも2019年タウリンが、ミトコンドリア病病型1つである、MELAS症候群における脳卒中発作の抑制のための治療薬として認可された。 これに対して例えば、ミトコンドリアでのエネルギー産生関与するカルニチン欠乏させる副作用生ずる、バルプロ酸などの投与避ける事が望ましい。他にもミトコンドリア機能低下させる可能性のある薬物は、避ける事が望ましい。 ただし、これらの対処行っても、しばしば充分に症状抑えられない場合によっては心臓の機能低下などのために患者死亡する。なお、日本では難病法診断基準含めて指定されている。

※この「治療法」の解説は、「ミトコンドリア病」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ミトコンドリア病」の記事については、「ミトコンドリア病」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:37 UTC 版)

肥満」の記事における「治療法」の解説

肥満の治療方法としては、食事療法運動療法2つであると言われる短期的に減量できるが、減量した体重維持するのはなかなか難しく運動減食続けるように、と要求されることが多い。生活習慣の改善伴った長期的な減量成功率は、「2 - 20%」とされている食生活改善は、妊娠期における体重増加食い止め母子共々の健康を改善する

※この「治療法」の解説は、「肥満」の解説の一部です。
「治療法」を含む「肥満」の記事については、「肥満」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:38 UTC 版)

甲状腺機能亢進症」の記事における「治療法」の解説

一般的に適用されている甲状腺亢進症の治療方法最初に甲状腺刺激ホルモン抑制を行う使い後に手術放射線アイソトープ治療を行うことが多い。どの方法も甲状腺機能低下症起す可能性があり、その場合にはレボチロキシン(Levothyroxine) の投与簡単に管理できる

※この「治療法」の解説は、「甲状腺機能亢進症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「甲状腺機能亢進症」の記事については、「甲状腺機能亢進症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:39 UTC 版)

ブラキシズム」の記事における「治療法」の解説

ブラキシズムの治療法としては咬合調整薬物療法バイオフィードバック療法スプリント療法ストレスマネジメント療法(「ストレス管理」「ストレス#ストレス対処」も参照)、呼吸法などのリラクゼーション法、などがある。

※この「治療法」の解説は、「ブラキシズム」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ブラキシズム」の記事については、「ブラキシズム」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 15:13 UTC 版)

膣内射精障害」の記事における「治療法」の解説

一般的な性行為障害射精障害の場合、トフラニール塩酸イミプラミン交感神経刺激する薬剤)の処方ネオスチグミンワゴスチグミン副交感神経作用する薬剤)のくも膜下腔注入法、フィオスチグミンの皮下投与電気刺激による(強制的な射精などが考えられている。ただし2010年現在では男性体内から直接精子採取して体外受精が可能となっているため、「不妊症」として捉えた場合治療比較的容易となってきている。膣内射精障害独特の治療法としては、以下に述べるものが考えられている。 不適切なオナニー原因とされている場合においては適切なオナニー通常の手淫スラスト型とし、これが好ましいとされる)への改善が必要と考えられるこの際には適切なグリップ力も考慮して行われねばならず、マスターベーションリハビリカウンセリングが必要となる場合もある。小堀善友らの研究によればマスターベーション方法間違っている患者に対しては、マスターベーションエイドにて補正可能で膣内射精可能になるとされる。なお、適度な頻度オナニー重要であり極端な禁欲勃起不全誘発させかねないため注意が必要である。だが射精障害患者外来訪れることが少なく臨床的にまだまだ不明な点がいとされている。 福元メンズヘルスクリニック(鹿児島市院長福元和彦は、腟内射精障害患者に対してTENGAヘルスケア開発した『メンズトレーニングカップ(MTC)』を用いてその結果第29回日本性機能学会2018年9月13-16日)で報告した医療従事者向けのメディア記事によると、「腟内射精障害主な原因は、不適切なマスターベーションである。強すぎるグリップ、脚に力を入れる脚ピン、床に押し付けるオナなど、腟内とは大きく異なる強い刺激慣れてしまった男性多く見られる」と考察し、「こうした男性に対しては、適切なマスターベーションの方法を教え、弱い刺激射精できるよう導く"射精リハビリテーション"が必要であり、その射精リハビリ福元氏が活用しているのがMTCである」としている。

※この「治療法」の解説は、「膣内射精障害」の解説の一部です。
「治療法」を含む「膣内射精障害」の記事については、「膣内射精障害」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:48 UTC 版)

マールブルグ熱」の記事における「治療法」の解説

対症療法のみ。ワクチンはない。

※この「治療法」の解説は、「マールブルグ熱」の解説の一部です。
「治療法」を含む「マールブルグ熱」の記事については、「マールブルグ熱」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 18:31 UTC 版)

小児脳幹部グリオーマ」の記事における「治療法」の解説

予後悪く完治目指す治療法は現在も存在しない延命や一時的回復目的とした標準的な治療は、6週間放射線治療1.8グレイを週5回でトータル30回、最大54グレイ投与するもの。症状改善されることが多い。投与量30グレイ前後を超えたあたりで、症状改善見られるケースが多い。放射線治療後6から9か月後に腫瘍活動再開し再燃呼ばれている。)急速に症状が進む。一部病院では放射線の再照射が行われている。これは、初回の6週間54グレイにたいして、25グレイ前後の量を初回投与後8か月後などにて行われている。いずれも延命QOLの向上を目的しており根本治療とは言えない。放射線治療は、回転照射八方照射など、多角度からの照射が行われるが、角膜などへの後遺症避けるべく、台に固定するマスク作って慎重に行われる橋へ照射は、副作用少なと言われており、IQ低下などの後遺症起きない主な副作用として吐き気および照射箇所頭髪脱毛がある。また、放射線治療中に腫瘍腫れ脳圧上がり放射線治療継続支障をきたすことがあるこの場合デカドロンというステロイド剤脳圧調整することや、それ以外には、放射線治療時に減圧術という頭蓋骨一部除去し脳圧下げ手術があり東京女子医大などが行っている。外減圧術を行うと脳圧調整するステロイド減薬することが出来ステロイド副作用である肥満感情不安定などを避けることができるため、QOL上につながる。また、減圧術以外でダイアモックス処方にてボディダメージの大きステロイド頼らず脳圧コントロールする医師もいる。 ヒストンH3のK27M遺伝子変異認められているが、現在のところ有効な開発されていないまた、誤認性の低い病気にて、MRICT画像発症時の年齢でほぼ間違いなく診断されるため、生検メリット化学療法での有効性確立されていないことや後遺症が残るリスクがある為、極めて低い。たとえ生検しても治療法も予後変わらないイレギュラーな発症年齢患者保護者強く主張する場合生検を行うこともあるが、生検手術後寝たきりになるなどのケースもあるので、慎重な判断が必要。

※この「治療法」の解説は、「小児脳幹部グリオーマ」の解説の一部です。
「治療法」を含む「小児脳幹部グリオーマ」の記事については、「小児脳幹部グリオーマ」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 08:51 UTC 版)

水銀中毒」の記事における「治療法」の解説

水銀中毒標準的な治療法はキレーション療法である。通常アメリカではジメルカプトコハク酸 (DMSA) が、旧ソビエト連邦ヨーロッパで2,3-ジメルカプト-1-プロパンスルホン酸 (DMPS)、リポ酸用いられる代替医療ではビタミンCアスコルビン酸)、エチレンジアミン四酢酸 (EDTA)、あるいは「硫黄多く含む食品」などが使われる。しかし、EDTA無機水銀 (Hg2+) が結合することによって生成する錯体神経細胞骨格損傷する可能性があることが指摘されている。 ホメオパシー論者水銀中毒症状処することができると主張している。彼らは、ホメオパシー理論によって体が持つ治癒能力補助することができると考えているが、実際には人体水銀などの重金属を脳から排出することはできないとされている。[要出典]

※この「治療法」の解説は、「水銀中毒」の解説の一部です。
「治療法」を含む「水銀中毒」の記事については、「水銀中毒」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:31 UTC 版)

遠位型ミオパチー」の記事における「治療法」の解説

遺伝子疾患根本的治療極めて困難である。しかし、縁取り空胞型遠位型ミオパチーの場合には、シアル酸欠乏ミオパチー原因であることが明らとなってきており、シアル酸補充療法臨床応用目指した動き具体化している。 遠位型報告されている3つの病気原因全て違うため治療法は異なる。 シアル酸補充療法 縁取り空胞型遠位型ミオパチーの場合、GNEというシアル酸合成する酵素群の1つに異常がある。シアル酸はいくつかの化合物総称であるが、この場合はNeu5Ac(N-アセチルノイラミン酸)を指す。Neu5AcはUDP-N-アセチルグルコサミン4段階の酵素反応経て生合成されるが、GNE最初の2つ反応触媒する患者体内では生合成反応がUDP-N-アセチルグルコサミンから先に効率よく進めず、結果としてシアル酸慢性的に不足している考えられている。事実患者筋肉ではα-ジストログリカンNCAMといったタンパク質のシアリル化(糖タンパク質シアル酸含量)が低下していることがわかっている。したがって、シアル酸その類化合物投与することで、シアル酸の不足を補充しようという試みがなされている患者筋生検から培養細胞樹立し、その細胞シアル酸添加する表現型正常化したという報告がある。また、モデルマウスに対してGNE代謝産物であるManNAc、Neu5Ac、シアリル乳糖などを投与したところ、ミオパチー発症をほぼ完全に抑制できることが報告されている。この結果を基に2010年11月より東北大学神経内科において、シアル酸補充療法安全性代謝調べ医師主導第1相治験開始された。シアル酸食品にも含まれており、食品からのシアル酸摂取ある程度有効である可能性もあるが、どの程吸収されるのか、また、の程度のシアル酸摂取しなくてはならないのかなど不明の点が多く現時点で、その有効性議論できる段階にはない。ちなみにシアル酸多く含む食品としてはツバメの巣有名であるが、非常に高価であるシアル酸サプリメント市販されているが、ほとんどがツバメの巣由来であり、ツバメの巣自体高価であることを考えれば当然とも言えるが、シアル酸含有量極めて僅かである牛乳含めほ乳類ミルクにはシアル酸含まれていることが知られているヒト母乳には牛乳1001000倍のシアル酸含んでおり、シアル酸乳幼児の脳の発育重要であるという報告もある。卵のカラザにもシアル酸多く含まれる遺伝子治療 常染色体劣性遺伝する疾患に関しては、何らかの方法で正常な遺伝子導入することにより、ある程度治療効果期待できるかもしれない遺伝子導入法は、正常な遺伝子cDNA直接筋肉注射する方法ウイルスベクターを使う方法が有力と考えられている。前者遺伝子サイズ制約はないが、導入効率長期的な発現問題がある後者ウイルスの感染力利用するため、導入効率はいいが、安全性の問題とともにウイルスベクター挿入できるcDNAサイズには制約がある。 再生医療 近年iPS細胞開発されたことにより、再生医療進歩がいっそう加速したことは間違いないES細胞違い倫理的な問題拒絶反応問題一気解消されたためであるしかしながら実用化に向けてクリアされるべき問題まだまだたくさんあるのも事実である。骨格筋再生医療の場合、完全に脂肪化してしまった筋肉再生させることは本当に可能なのか、培養細胞レベル筋肉分化したとしても、生体内できちんと機能する筋肉なり得るのかなど不明な点は数多く残っている遺伝子疾患患者の場合はさらに問題がある患者から作製されiPS細胞遺伝子異常伴っているため、これを補わなければならないめである。現在、遺伝子疾患患者からiPS細胞作製するプロジェクトが既に始まっており、iPS細胞作製すること自体時間かければできるものと考えられる

※この「治療法」の解説は、「遠位型ミオパチー」の解説の一部です。
「治療法」を含む「遠位型ミオパチー」の記事については、「遠位型ミオパチー」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 01:25 UTC 版)

シアン化カリウム」の記事における「治療法」の解説

塩類摂取による中毒は、シアン化水素ガス吸入よるものに対し進行遅く救命できる可能性が高い。ただし、口同士触れ人工呼吸厳禁である。 拮抗剤としては、亜硝酸アミル亜硝酸ナトリウムチオ硫酸ナトリウム(米国ではこれらのキット)があるが、国内では亜硝酸ナトリウム製品はなく、院内調製となる。亜硝酸メトヘモグロビン形成させ、これにCN結合させることにより、cytochrome oxidaseへの結合競合させ、チオ硫酸CN結合して尿中排泄可能なチオシアン酸形成させることにより、CN排泄促進させるシアン化物#シアン化合物の解毒剤参照のこと。

※この「治療法」の解説は、「シアン化カリウム」の解説の一部です。
「治療法」を含む「シアン化カリウム」の記事については、「シアン化カリウム」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:51 UTC 版)

インスリン抵抗性」の記事における「治療法」の解説

インスリン抵抗性原因は、相対的なエネルギー過剰態であるから治療低カロリー食と運動である。体重減少治療効果指標として有用であるインスリン抵抗性改善にはPPAR-γペルオキシソーム増殖応答性受容体γ)作働ビグアナイド系BG)がある。

※この「治療法」の解説は、「インスリン抵抗性」の解説の一部です。
「治療法」を含む「インスリン抵抗性」の記事については、「インスリン抵抗性」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 09:59 UTC 版)

悪性リンパ腫」の記事における「治療法」の解説

治療法は抗がん剤化学療法放射線療法支持療法単独でもしくは組み合わせて行う。造血幹細胞移植を行うこともある。疾患毎に病期予後因子等によって推奨される治療法は異なるので、詳細は各疾患治療の目を参照されたい。

※この「治療法」の解説は、「悪性リンパ腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「悪性リンパ腫」の記事については、「悪性リンパ腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 21:20 UTC 版)

シアン化金(I)カリウム」の記事における「治療法」の解説

塩類摂取による中毒は、シアン化水素ガス吸入よるものに対し進行遅く救命できる可能性が高い。 まず医療機関に連絡する。シアンによる中毒であることを忘れずに伝える。救助者が患者呼気吸わないように対策行ってから開始する。当然、マウストゥマウスの人工呼吸厳禁摂取量少なく患者意識があるなら、吐かせ胃洗浄繰り返す。用意があるなら、酸素吸入亜硝酸アミル吸入15秒嗅がせ、15空気または酸素吸入させる措置を、5回繰り返す)を行う。または亜硝酸ナトリウム静脈注射するが、これは原則として医師処置による(シアン化合物を扱う事業所では、小型酸素吸入器亜硝酸アミル試薬用意しておくべきかもしれない)。シアン化合物の解毒剤参照のこと。

※この「治療法」の解説は、「シアン化金(I)カリウム」の解説の一部です。
「治療法」を含む「シアン化金(I)カリウム」の記事については、「シアン化金(I)カリウム」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 01:32 UTC 版)

上顎洞癌」の記事における「治療法」の解説

かつては上顎眼球を含む眼窩内容物摘出する手術療法のみだったが、最近では手術療法放射線治療化学療法併用した三者併用療法主流となり、機能温存図られている。 上顎洞癌慢性副鼻腔炎長期間にわたって放置する発生する危険性があるので、鼻の異常を感じたら受診し治療することが肝要である副鼻腔炎治療発生危険性大幅に軽減される可能性高まる。

※この「治療法」の解説は、「上顎洞癌」の解説の一部です。
「治療法」を含む「上顎洞癌」の記事については、「上顎洞癌」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 19:17 UTC 版)

アーノルド・キアリ奇形」の記事における「治療法」の解説

治療法は症状に合わせた薬物療法のほか、症状の進行予防および改善目的大後頭孔減圧術(拡大術とも)などの外科手術が行われる。しかし、対症的治療あるため病気根本的な解決にはつながらず、再手術となるケース少なくない

※この「治療法」の解説は、「アーノルド・キアリ奇形」の解説の一部です。
「治療法」を含む「アーノルド・キアリ奇形」の記事については、「アーノルド・キアリ奇形」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 15:44 UTC 版)

神経線維腫症1型」の記事における「治療法」の解説

治療法はない。

※この「治療法」の解説は、「神経線維腫症1型」の解説の一部です。
「治療法」を含む「神経線維腫症1型」の記事については、「神経線維腫症1型」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 15:00 UTC 版)

痙性斜頸」の記事における「治療法」の解説

原因不明のため、現状では下記のような対症療法しかない

※この「治療法」の解説は、「痙性斜頸」の解説の一部です。
「治療法」を含む「痙性斜頸」の記事については、「痙性斜頸」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 18:14 UTC 版)

言語障害」の記事における「治療法」の解説

言語障害に対するリハビリテーションは、医療機関等で言語聴覚士によって行われている。訪問リハビリテーション実施されている。幼児児童生徒に対しては、幼児療育施設や、小学校中学校言語障害通級指導教室特別支援学級言語障害学級)での言語指導が、言語聴覚士のほか、保育士教員等によっても行われている。

※この「治療法」の解説は、「言語障害」の解説の一部です。
「治療法」を含む「言語障害」の記事については、「言語障害」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 17:20 UTC 版)

D型肝炎」の記事における「治療法」の解説

治療法は、B型肝炎の治療準じるが、B型肝炎有効なラミブジン効果はない。

※この「治療法」の解説は、「D型肝炎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「D型肝炎」の記事については、「D型肝炎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 14:44 UTC 版)

しもやけ」の記事における「治療法」の解説

治療法には、40位のお湯と5位の冷水患部交互に付ける(必ず、よりお湯につける時間長くし、お湯から始めてお湯終わるように行う)方法や、患部温めながら優しくほぐす程度マッサージを行う方法余りにも強すぎる力でのマッサージ患部付近毛細血管破裂させる原因となり、逆に症状が一層悪化場合がある)、トコフェロールビタミンE)を服用する方法などがある。 初期の軽いものなら、ビタミンE多く含む食品食べることにより、1週間程で治ることもある。 ジルチアゼムニフェジピンなどの血管拡張薬使用されるdl-カンフルメントールベンジルアルコールユーカリ油Eucalyptus oil)が配合され塗り薬例えメンタームメンソレータムなど)が、しもやけクリームとして使用される

※この「治療法」の解説は、「しもやけ」の解説の一部です。
「治療法」を含む「しもやけ」の記事については、「しもやけ」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:34 UTC 版)

構音障害」の記事における「治療法」の解説

器質性運動障害性・ 聴覚性の構音障害については医学的原因除去補助具装着リハビリ訓練を行う。 機能性構音障害については音声学的構音指導よる。治療の効果大きく成人後であっても完治することが多いので、この種類のものを「障害と呼ぶのはふさわしくないという学説[要出典]もある。

※この「治療法」の解説は、「構音障害」の解説の一部です。
「治療法」を含む「構音障害」の記事については、「構音障害」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 16:54 UTC 版)

血管脂肪腫」の記事における「治療法」の解説

血管脂肪腫も、普通の脂肪腫と同様手術によって摘出することが通例である。

※この「治療法」の解説は、「血管脂肪腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「血管脂肪腫」の記事については、「血管脂肪腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/24 08:14 UTC 版)

スカイス」の記事における「治療法」の解説

処置するに対しエッチングボンディング光照射行いボンディング剤にてスカイス固定後、再度光照射を行う。

※この「治療法」の解説は、「スカイス」の解説の一部です。
「治療法」を含む「スカイス」の記事については、「スカイス」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 04:45 UTC 版)

霊術」の記事における「治療法」の解説

井村は、霊術家が使う治療術として次のものを挙げている。祈祷手当てなどの信仰療法心霊療法手技どの物理療法を併用して治療することが少なくなかった霊術38%(気合術、霊動術、精神統一法、危険術祈祷交霊など) 療術21%(お手あて、プラーナ療法カイロ整体などの手技、紅療法など) 精神療法23%(暗示催眠精神療法など) 心霊霊術:7%(心霊治療超能力治療など) その他の療法2%精神道徳運動背景にした健康法断食体操など)

※この「治療法」の解説は、「霊術」の解説の一部です。
「治療法」を含む「霊術」の記事については、「霊術」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 15:21 UTC 版)

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」の記事における「治療法」の解説

年齢が幼いほど予後良い成人型での致死率3040パーセントと高い。原則として入院全身管理輸液を行う。 抗生物質全身投与抗生物質感受性を知るため初期に原因菌培養眼脂皮膚咽頭などから行い、黄色ブドウ球菌感受性のある薬剤点滴静注する。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSA)が起因の場合には注意が必要熱傷処置と同様局所処置を行う。 解熱したらシャワー入浴などで皮膚清潔にする。 この項目は、医学関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:医学Portal:医学医療)。

※この「治療法」の解説は、「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」の記事については、「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 20:35 UTC 版)

脊髄空洞症」の記事における「治療法」の解説

キアリ奇形原因のものであれば大後頭孔減圧術が第一選択となる。 キアリ奇形原因であっても、大後頭孔減圧術が無効な症例では空洞-くも膜下腔シャント術 (syrinx-subarachnoid shunt; S-S shunt) を考慮する外傷感染後癒着くも膜炎が原因の場合は、癒着範囲広くなければ癒着剥離術空洞-くも膜下腔シャント術考慮する一般的に癒着くも膜炎が原因の脊髄空洞症は、難治であることが多い。 外科的手術適応乏しいと判断される場合は、しびれや痛みに対する内服薬などの対症療法選択されることが多い。 近年脊髄空洞症キアリ奇形治療として、脊髄下端部の終糸を切離する終糸切離術が有効との見方注目されている

※この「治療法」の解説は、「脊髄空洞症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「脊髄空洞症」の記事については、「脊髄空洞症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 15:14 UTC 版)

脂肪腫」の記事における「治療法」の解説

発生した部位良く、特に問題起こしていない小さな脂肪腫であれば積極的な治療行わず経過観察に留めることもある。しかしながら大きな脂肪腫は、美容上の問題出てくることもあるため摘出試みることもある。脂肪腫紛らわし悪性腫瘍である脂肪肉腫可能性疑って治療を行う場合もある。また、大きさはさほどでなくとも、発生した部位悪く問題起こしている場合も、摘出試みられる。いずれにしても脂肪腫取り除くことにした場合は、手術行って完全に切除することが一般的である。摘出手術際は脂肪腫被膜損傷しないよう注意払いつつ、脂肪腫全体一気摘出するように心がける。なお、脂肪腫液体貯留してできているものではないため、注射器などを用いて中身抜き取るといった方法は、基本的に不可能である。ただし、一般的な方法ではないものの巨大な脂肪腫の場合は脂肪吸引試みられることもある。

※この「治療法」の解説は、「脂肪腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「脂肪腫」の記事については、「脂肪腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 15:06 UTC 版)

横川吸虫」の記事における「治療法」の解説

横川吸虫症治療には早朝空腹時プラジカンテル投与し、約2時間後に下剤与えて排泄促すの駆虫有効である

※この「治療法」の解説は、「横川吸虫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「横川吸虫」の記事については、「横川吸虫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 14:30 UTC 版)

三叉神経痛」の記事における「治療法」の解説

三叉神経痛の治療法としては、主に薬物療法神経ブロック手術療法などがあり、これらの治療法のいずれかまたはこれらを組み合わせた方法がある。 薬物療法 - 主に抗てんかん剤カルバマゼピンなど)が使われるが、その他筋弛緩剤鎮痛剤(アセトアミノフェントラマドール)などが使用される処方例カルバマゼピン200mg 分2 神経ブロック - 麻酔薬患部関連する神経に注射する方法などがある。 手術療法 - 神経血管減圧術という、三叉神経圧迫している血管から神経への圧迫除去する手術が行われる。 定位放射線治療 - 特に特発性三叉神経痛に対してガンマナイフサイバーナイフなどにより、三叉神経根の脳幹進入部より2~3mm末梢側あたりを目標点とし、70~80Gy程度一度照射する定位放射線治療が行われる。神経に対する作用についての考察諸説があるが、知覚低下起こさず疼痛のみを軽減する機序についての説明確立されていない2013年時点で定位放射線治療として保険適用がないため、治療費自費となり、治療施設によって異なる

※この「治療法」の解説は、「三叉神経痛」の解説の一部です。
「治療法」を含む「三叉神経痛」の記事については、「三叉神経痛」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 14:44 UTC 版)

ホスゲン」の記事における「治療法」の解説

解毒剤存在しない治療は主に肺水腫への対処を行うことになる。目の角膜損傷する危険がある場合洗浄を行う。肺炎などの感染症への予防措置を取る。防護措置としては、吸入をしないためにガスマスク用いられる第一次世界大戦毒ガスとして用いられ時には拡散して低濃度になったホスゲン長時間曝露し兵士20 - 80時間後に突然症状悪化して死亡する事例多数あった。このため曝露し場合低濃度であっても3日程度経過観察を行う必要がある

※この「治療法」の解説は、「ホスゲン」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ホスゲン」の記事については、「ホスゲン」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 14:55 UTC 版)

特発性正常圧水頭症」の記事における「治療法」の解説

脳脊髄液脳室クモ膜下腔から排出し腹腔心房内に導くチューブ植え込む手術であり、髄液シャント術が治療法である。チューブ起点と終点選び方により、脳室-腹腔シャント(ventriculo-peritoneal;VP shunt)、脳室-心房シャント(ventriculo-atrial;VA shunt)、腰椎-腹腔シャント(lumbo-atrial;LP shunt)の3つの術式が主に行われている。また第三脳室開窓術(ETV)も行われる

※この「治療法」の解説は、「特発性正常圧水頭症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「特発性正常圧水頭症」の記事については、「特発性正常圧水頭症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 21:09 UTC 版)

前立腺肥大症」の記事における「治療法」の解説

症状自覚して日常で不便がなければ治療要しない日常生活支障する場合は、体力社会生活などに応じて日帰り手術など様々な治療法が選択される外科的治療尿道閉塞解消した後も、約3割症例症状解消しない。 内服薬交感神経α1遮断薬:タムスロシン(ハルナール®)、ナフトピジル(アビショット®・フリバス®)、ウラピジルエブランチル®)、シロドシン(ユリーフ®)、プラゾシンテラゾシン 5α還元酵素阻害剤ジヒドロテストステロン生成阻害剤):デュタステリドフィナステリド 黄体ホルモン剤(抗アンドロゲン剤):クロルマジノン(プロスタール®)、アリルエストレノール(パーセリン®) PDE-5阻害剤;タダラフィル日本・米FDA承認済) 植物エキス製剤(エビプロスタット配合DB®、エビプロスタット配合SG®、セルニルトン®) 漢方八味地黄丸猪苓湯牛車腎気丸六味丸、五淋散、桂枝茯苓丸など) 注射薬黄体ホルモン剤(抗アンドロゲン剤):カプロン酸ゲストノロンデポスタット®) 高温度治療 レーザー光線治療ILCP(前立腺組織内凝固術) VLAPビデオ直視下前立腺蒸散術電気メス治療経尿道的前立腺切除術 (TUR-P) 開腹手術 民間療法:ノコギリヤシ

※この「治療法」の解説は、「前立腺肥大症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「前立腺肥大症」の記事については、「前立腺肥大症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 03:13 UTC 版)

鎌状赤血球症」の記事における「治療法」の解説

主に発作抑えることが主体となる。脱水症状細菌感染を防ぐことが第一発作時は、生理食塩水大量点滴輸血酸素投与が行われる。また、ヒドロキシ尿素は、胎児型ヘモグロビン産生増加させるので、これが投与されることもある。ヒドロキシ尿素疼痛発作入院輸血頻度減らすことが示されているが、実際に処方を受けている患者少ないことが指摘されている。骨髄移植などが行われることもあるが、免疫抑制剤生涯にわたり飲まなければいけなくなるのでリスクファクターもある。現在は遺伝子治療研究が行われている。

※この「治療法」の解説は、「鎌状赤血球症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「鎌状赤血球症」の記事については、「鎌状赤血球症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 14:10 UTC 版)

眼瞼下垂」の記事における「治療法」の解説

眼瞼下垂症状名であり、その治療原因疾患によって異なる自己免疫疾患結果として生じた眼瞼下垂に対しては、原因疾患に対する薬物療法が十分行われた上で、まだ残存する下がり幅については手術追加される事がある。より一般的な加齢に伴う変化や、ハードコンタクトレンズ長期使用等から発生した眼瞼下垂には手術有効である一部眼科形成外科または美容外科において手術が行われている。 手術方法として、瞼の表の皮膚側から切開を行う経皮法と、瞼の裏結膜側から手術を行う経結膜法が存在するが、日本の保険診療においては大多数病院皮膚の切開を伴う手術法行なっており、経結膜法を実施している保険医療機関きわめて少ない。美容外科においては皮膚切開法と、切らない眼瞼下垂手術として結膜側から縫合糸埋没させる手術法が行われているが、後者近年行われはじめた方法であり、長期的な挙上効果切開法同等にあるかは不明眼瞼下垂ある患者の場合、埋没法作成した二重瞼早い時期に消失する可能性注意が必要とされている皮膚切開法では重瞼形成術同じく上眼瞼上の皮膚切開し上眼瞼挙筋levator palpebrae superioris)から続いている眼瞼挙筋腱膜levator aponeurosis)を眼瞼瞼板(tarsal plate)に縫合したり、ミュラー筋(Muller's muscle)(場合により結膜も)を短縮する手術を行うことにより、治療できる。ただし、この方法を、眼瞼挙筋挙上力が著しく弱い症例適応した場合兎眼生じことがあるその場合、ベル現象認められない症例では角膜障害はより重度となる。 一日の中で症状強さ変動するケースでは、術後兎眼ならないようにする調整難しく眼瞼手術精通した術者によって手術が行われている。 治療法としては最近整容見地重視する患者増え挙筋前転術やNILT法(Non incisional levator tacking technique)を選ぶ患者増えているが、先天性眼瞼下垂でしばしば見られる挙筋機能ほとんどない患者には、自己の筋膜ゴアテックス人工素材用いた前頭筋吊り上げ術を要することがある高齢皮膚の余剰が多いことから挙筋ミュラー筋の前転のみでは瞼の皮膚かぶさり視野妨げ場合は、上瞼皮膚切除が行われる事もある皮膚切除の方法として近年、眉毛下の皮膚切除する眉毛下皮切除術徐々に普及している。これは美容外科では眉下切開・上眼瞼リフトなどとも呼ばれる手術以外の対処法としては、テープ貼付で瞼を引き上げたりクラッチ眼鏡使用することで、短時間なら視野確保できる

※この「治療法」の解説は、「眼瞼下垂」の解説の一部です。
「治療法」を含む「眼瞼下垂」の記事については、「眼瞼下垂」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 20:27 UTC 版)

多発性嚢胞腎」の記事における「治療法」の解説

現在、根本的治療法は無い。腎機能保護目的とした保存的治療進行抑制する選択的競合的バソプレシン受容体拮抗薬のサムスカ(トルバプタン)の投与人工透析腎移植腎動脈塞栓療法TAE)が一般的である。

※この「治療法」の解説は、「多発性嚢胞腎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「多発性嚢胞腎」の記事については、「多発性嚢胞腎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 15:41 UTC 版)

粉瘤腫」の記事における「治療法」の解説

受診適しているのは皮膚科形成外科外科等。 粉瘤自体良性の疾患であり、もっぱら感染時の抗菌薬投与による炎症抑止重点置かれ、特に緊急性もないため生活上支障を来たなければ切除の是非は本人意志委ねられることが多い。体質上できやすい人もおり、炎症起きない限り気づか放置している患者も多い一方で再発煩わしさ避けるため進んで切除求め患者もいる。 根本的解決には、局所麻酔施しメス切開して袋ごと切除する手術が行われるのが一般的である。腫瘤小さ場合は、円筒メス電気メスなどで数mmほどの穴を開口し、溜まった老廃物圧迫することで外に掻き出し袋を取り出すくりぬき法(へそ抜き法)と呼ばれる施術を行うことがある。低侵襲施術時間短く切開手術に比べ完治後の痕が残りにくいが、完治までの時間長くなることや、足の裏には適さないといった欠点がある。袋の除去完全であれば、ほぼ再発しない。 すでに感染症起こしている場合には、局所麻酔または全身麻酔施しメス切開行い、袋の中の老廃物排出し洗浄する処置や、抗菌薬投薬等を行う(一方のみの場合や、併用する場合もある)。患部の炎症落ち着いた後に袋の切除試みられる。

※この「治療法」の解説は、「粉瘤腫」の解説の一部です。
「治療法」を含む「粉瘤腫」の記事については、「粉瘤腫」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:10 UTC 版)

ジュベール症候群」の記事における「治療法」の解説

現在のところ根本的な治療法はないとされているが、腎不全が進むと、腹膜透析人工透析腎移植などが行われる場合が多い。また運動知的な発達が遅れるので、それに対してリハビリテーションや、早期からの療育を行う。

※この「治療法」の解説は、「ジュベール症候群」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ジュベール症候群」の記事については、「ジュベール症候群」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 20:11 UTC 版)

ペスト医師」の記事における「治療法」の解説

ペスト医師は主に瀉血中心に腫れたリンパ節あてがうなどの「体液均衡取り戻す」治療法を標準的な手順としてこなした患者病気がうつる可能性もあり、仕事の性質上、彼らは普段から一般社会とは関わらずにいたが、場合によっては隔離対象となることもあった。

※この「治療法」の解説は、「ペスト医師」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ペスト医師」の記事については、「ペスト医師」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 07:20 UTC 版)

ニパウイルス感染症」の記事における「治療法」の解説

特異的な治療法はなく、対症療法が主となる。

※この「治療法」の解説は、「ニパウイルス感染症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ニパウイルス感染症」の記事については、「ニパウイルス感染症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 09:02 UTC 版)

ビジュアルスノウ」の記事における「治療法」の解説

ビジュアルスノウの治療法は確立されていない治療ビジュアルスノウ完治することは困難だが、治療により症状軽減し改善することは可能である個々のケースでは、 抗痙攣薬 (例: B.ラモトリギン)が効果的である 。また、色付きメガネ着用することが勧められている。 治療使用できる薬物は、 ラモトリギンアセタゾラミド、またはベラパミル含まれるが常に症状改善することはできない

※この「治療法」の解説は、「ビジュアルスノウ」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ビジュアルスノウ」の記事については、「ビジュアルスノウ」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 16:17 UTC 版)

鶏眼」の記事における「治療法」の解説

表皮部分的切除では完治せず、刺激により拡大増殖助長することもある。よって、皮膚科医師による治療好ましい。 足浴により角質柔らかくし、医療行為としてはコーンカッターやグラインダー角質塊である芯の除去には皮膚キュレット)で削り取った後、尿素軟膏サリチル酸ワセリンなどで保湿を行う。 尋常性疣贅(疣)と間違えて処置を行うと症状悪化させることもあるため鑑別適切な治療必要である小型の足底疣贅皮下の奥の方にできる為、外見上鶏眼区別が付かない事も多いが、こちらはウイルス原因であり本質的に別のものである

※この「治療法」の解説は、「鶏眼」の解説の一部です。
「治療法」を含む「鶏眼」の記事については、「鶏眼」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 04:53 UTC 版)

アメーバ赤痢」の記事における「治療法」の解説

アメーバなどを投与する放置する慢性化再発しやすくなる

※この「治療法」の解説は、「アメーバ赤痢」の解説の一部です。
「治療法」を含む「アメーバ赤痢」の記事については、「アメーバ赤痢」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 05:54 UTC 版)

ゴーシェ病」の記事における「治療法」の解説

下のような治療法が研究確立されているが、いずれも対症療法であり、疾患そのもの根治は大変困難である

※この「治療法」の解説は、「ゴーシェ病」の解説の一部です。
「治療法」を含む「ゴーシェ病」の記事については、「ゴーシェ病」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 02:11 UTC 版)

陰茎折症」の記事における「治療法」の解説

外科手術による修復が可能。切開して縫合する早急に対応しないと有痛性勃起勃起不全などの後遺症が残る可能性もある。また、尿道断裂に至るなど重度なものは予後はよくなく、陰茎形成術尿道形成術などを要する

※この「治療法」の解説は、「陰茎折症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「陰茎折症」の記事については、「陰茎折症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 09:42 UTC 版)

人間不信」の記事における「治療法」の解説

根本的な治療法が確立されているわけではないが、一般的に治療の際は精神科心療内科医師心理カウンセラーに通院し、過去問題トラウマ立ち向かい(「トラウマ#治療」・「心的外傷後ストレス障害#治療」も参照)、克服する方法が行われる。 なお、「人は互い理解し合おうとする存在である」ということ気づけるようサポートし人間不信克服支援した事例紹介している研究もある。

※この「治療法」の解説は、「人間不信」の解説の一部です。
「治療法」を含む「人間不信」の記事については、「人間不信」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 13:44 UTC 版)

自臭症」の記事における「治療法」の解説

精神的な面に原因あるため基本面接療法となる。自身から発せられる口臭体臭などが決し他人に迷惑をかけているわけではないことを自覚させることが重要である自身の実際の臭いと、自身悩んでいる事の食い違い修正するのが必要であるその点で認知療法選択肢のひとつにある。また、敢えて人ごみ会話など恐怖を抱く場所に、身を置き徐々に恐怖取り除く方法暴露療法一定の効果がある。 元々は、根底完璧思考の人が陥り易い症状であり、強迫神経症気質の人が陥り易い症状でもある多少の臭いは生物である以上当然であるという、許容心を持つ事が大切であるその点で神経症広く応用されている森田療法も、効能として期待できる森田療法絡み、「流れる心」を持つ事は非常に大切である多少欠点受け流す心が必要。これは、強迫神経症醜形恐怖症を含む神経全般に共通する事である。対人恐怖症とも深い関連があるので、臭いに対する精神支援に加え対人コミュニケーションにおける精神療法思考改革効果が期待できるまた、本人実際にはくさくなく、他者決してくさいと感じていないという事実に気づけるよう、治療者サポートを行うことも大切である具体的には、本人家族看護師などに「私、何かにおわない?」と尋ねることができるようサポートし、「におわない」という回答を次々に得てもらうことが有効である同時に治療者が、病院など人がいる所で本人くさがる者がいないという事実を繰り返し説明し本人気づきサポートするともできる。なお実際に本人いろいろな人たちとの共同生活行った際、他者決してくさいと感じていないということ気づき自信をつけたという事例も報告されている。

※この「治療法」の解説は、「自臭症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「自臭症」の記事については、「自臭症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 15:29 UTC 版)

象牙質知覚過敏症」の記事における「治療法」の解説

動水力学説に基づき象牙質表面被覆する方法や、象牙細管閉塞させることにより、刺激遮断することが処置基本方針となる。 薬物塗布塩化亜鉛硝酸銀アンモニア銀、フッ化ジアミン銀、フッ化ナトリウム、タンニン・フッ化物塩化ストロンチウムパラホルムアルデヒド等) イオン導入法亜鉛イオンフッ素イオン)) 象牙質被覆グラスアイオノマーセメントレジン高分子被膜バーニッシュなどにより、露出象牙質被覆するレーザーによる神経の鈍麻や、象牙質溶解組織液凝固など。 抜髄処置他の手段症状消失しない場合

※この「治療法」の解説は、「象牙質知覚過敏症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「象牙質知覚過敏症」の記事については、「象牙質知覚過敏症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 12:12 UTC 版)

嘔吐恐怖症」の記事における「治療法」の解説

外出できない場合行動療法有効だと言われる。たとえば一駅ずつ電車に乗る範囲広げ大丈夫だったという体験等を積み重ねることである。嘔吐感軽減する投与としてドンペリドン使われることがある行動療法の中で嘔吐恐怖症に対する治療効果実証されているのは認知行動療法である。

※この「治療法」の解説は、「嘔吐恐怖症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「嘔吐恐怖症」の記事については、「嘔吐恐怖症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 14:59 UTC 版)

レジオネラ症」の記事における「治療法」の解説

レジオネラ症に対してワクチンはない。細胞内寄生菌あるため細胞内への浸透性の悪い薬剤効きが弱い。またβ-ラクタマーゼ産生するものが多いため、ペニシリンセフェム系抗菌薬効かない食細胞内に移行性の高いマクロライド系ニューキノロン系リファンピシンテトラサイクリン系抗菌薬投与する

※この「治療法」の解説は、「レジオネラ症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「レジオネラ症」の記事については、「レジオネラ症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 14:59 UTC 版)

雷恐怖症」の記事における「治療法」の解説

最も広く一般に知られており、可能な範囲の中での最も効果的な治療法として、雷雲に身をさらし、最終的には耐性をつける方法がある[要出典]。認知行動療法もまた雷恐怖症治療よく用られている。なお、恐怖症患者雷雲過ぎ去るまでの間に取り乱さいために何らかの言葉繰り返し口に出すよう指導されることが多い。

※この「治療法」の解説は、「雷恐怖症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「雷恐怖症」の記事については、「雷恐怖症」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:42 UTC 版)

歯内療法学」の記事における「治療法」の解説

主に生活歯髄への治療法である歯髄保存療法歯髄除去療法根管感染に伴う根尖病変の治療法である感染根管治療外科的歯内療法などが治療法として挙げられる歯髄細菌感染有無によって処置大きく分けられる細菌感染引き起こしていない歯髄腔に対する処置としては、歯髄を覆う健全象牙質が薄い場合に行う間接覆髄法、う蝕象牙質除去行った際に露髄のおそれがある場合に行う暫間的間接覆髄法、全くの健全歯髄露出に対して行う直接覆髄法などがある。感染炎症一部とどまっている場合には断髄法を、広がっている場合抜髄法を行うことになる。そして根尖周囲組織炎症存在する場合には感染根管処置を行う。 辺縁歯周炎血行からの細菌感染より歯髄疾患上行歯髄炎)を引き起こすこともある。 歯髄腔に対する処置を行う時、歯牙解剖学的形態によっても処置方法異なってくる。歯牙形成永久歯乳歯を問わず出生後にも継続的に行われており、完成歯ばかりではなく未完成の歯牙に対する処置に対して施術法考案されている。また、彎曲狭窄扁平状、側枝、異常分岐などの根管形態異常に対す施術法についても研究なされている歯内療法において、根管拡大と形成・そ後の充填重要なものであり、その方法として、下記のような方法がある。 根管拡大法クラウンダウン法 ステップバック法 スタンダライズド法 根管充填法糊剤根管充填単一ポイント充填法(single cone technique多数ポイント充填法(multiple cone technique側方加圧充填法(lateral condensation method) 垂直加圧充填法(vertical condensation method

※この「治療法」の解説は、「歯内療法学」の解説の一部です。
「治療法」を含む「歯内療法学」の記事については、「歯内療法学」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 23:15 UTC 版)

しゃっくり」の記事における「治療法」の解説

しゃっくり多く数分から数十分で止まるが、疾患原因である場合止まりにくく、衰弱してしまうこともある。長期間にわたって続くものに対しては、投薬などの治療必要になる医師による投薬治療では、クロルプロマジンメトクロプラミド用いられることがあるしゃっくりに対して数多く民間療法があるが、紙袋を口に当てて呼吸するといった方法は血中二酸化炭素濃度高めることでしゃっくり止めようとするものである腹式呼吸吸える限り吸い横隔膜一杯まで縮めた態で保持したあとゆっくり吐く方法もある。また、酢を飲む、驚かせる水を飲む、舌を引っ張る、目をこする砂糖スプーン一杯飲む、動かないといった行為で迷走神経刺激することも効果があるまた、両方の指を耳の穴入れて両方強め30秒から60秒ほど押さえ続けると止まる場合がある。耳の奥には、脳からお腹臓器繋が迷走神経があり、この迷走神経間接的に刺激を与えると、しゃっくり止まる効果が期待できる

※この「治療法」の解説は、「しゃっくり」の解説の一部です。
「治療法」を含む「しゃっくり」の記事については、「しゃっくり」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 09:09 UTC 版)

屈腱炎」の記事における「治療法」の解説

症状重度の場合には触診でも判別することができるが、軽度の場合超音波検査によって診断する屈腱炎認められた場合患部冷却して炎症抑え症状進行している場合には抗炎症剤投与を行う。また、鬱血漿液排出するために穿刺手術を行う例もある。 2000年代以降は患部以外から採取した幹細胞培養し患部注入して再生促す幹細胞移植」という治療法の研究技術開発進み成果上げつつある。ただし、幹細胞移植による治療法を用いて復帰するまでに年単位長い時間必要とすることや、その間飼葉代ほかの飼育費に多くの金額がかかることは変わらないため(幹細胞移植自体費用25万円前後とされるが、復帰までの長期間の飼育費が数百万以上はかかってしまう)、実際に施術が行われるのは大レースでの好走実績を持つなど、復帰後にもかなり高い期待持てる馬にほぼ限られている医療技術未熟な時代には、患部焼きごてなどを当てる焼烙療法が行われたが、技術向上と共にレーザー治療超音波治療切り替わっている。また、かつては症状慢性化した場合強力な発泡剤塗布し対抗的に炎症を起こすブリスター療法見られたが、効果疑問視されて以降は行われなくなった

※この「治療法」の解説は、「屈腱炎」の解説の一部です。
「治療法」を含む「屈腱炎」の記事については、「屈腱炎」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 20:53 UTC 版)

農薬中毒」の記事における「治療法」の解説

農薬種類摂取方法によりさまざまである下記のようなことが多い。 経口摂取の場合、催吐胃洗浄腸洗浄など 呼吸障害の場合、人工呼吸酸素吸入など 活性炭投与 強心剤投与 人工透析交換輸血 解毒剤投与有機リン化合物#有機リン中毒の解毒剤参照

※この「治療法」の解説は、「農薬中毒」の解説の一部です。
「治療法」を含む「農薬中毒」の記事については、「農薬中毒」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 01:09 UTC 版)

2014年の西アフリカエボラ出血熱流行」の記事における「治療法」の解説

現在エボラ出血熱に対する効果的な治療薬ワクチンはともにない。 2014年8月6日中央アフリカ感染拡大しているエボラ出血熱医療チーム感染したアメリカ人2人に対して投与され実験用抗体治療剤「ZMapp」の効果があったことから、この未承認薬エボラ出血熱患者への投与承認求め申請がWHOになされた2014年8月7日アメリカ国防総省当局者富士フイルムホールディングス傘下企業富山化学工業開発したインフルエンザ治療薬ファビピラビル』を、富士フイルムアメリカで提携相手であるメディベクターがエボラ出血熱感染者治療使えるよう申請する意向で、FDA協議していると述べた承認されれば、エボラ出血熱感染者治療アメリカ当局承認する初の医薬品一つとなる見通し2014年8月7日新薬TKMエボラ」を開発しているカナダのテクミラ・ファーマシューティカルズ社が、臨床試験差し止めていたFDA措置変更され患者への部分的な利用可能になったと発表2014年8月12日、WHO専門家委員会は、西アフリカ感染拡大するエボラ出血熱をめぐり、開発段階治療薬ワクチン使用することの是非について議論した結果使用倫理的との認識で一致した

※この「治療法」の解説は、「2014年の西アフリカエボラ出血熱流行」の解説の一部です。
「治療法」を含む「2014年の西アフリカエボラ出血熱流行」の記事については、「2014年の西アフリカエボラ出血熱流行」の概要を参照ください。


治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 09:18 UTC 版)

メチルマロン酸血症」の記事における「治療法」の解説

医師による診断確定するまでは、必要によりブドウ糖輸液実施する診断確定後の治療以下の通りである。 ビタミンB12一種であるヒドロキソコバラミンもしくはシアノコバラミン服用するタンパク摂取制限を行う。

※この「治療法」の解説は、「メチルマロン酸血症」の解説の一部です。
「治療法」を含む「メチルマロン酸血症」の記事については、「メチルマロン酸血症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「治療法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「治療法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



治療法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

治療法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



治療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの周術期管理 (改訂履歴)、骨折 (改訂履歴)、結節性紅斑 (改訂履歴)、球状上顎嚢胞 (改訂履歴)、骨肉腫 (改訂履歴)、歯髄疾患 (改訂履歴)、膝蓋前滑液包炎 (改訂履歴)、下顎骨骨折 (改訂履歴)、子宮肉腫 (改訂履歴)、腺性歯原性嚢胞 (改訂履歴)、広節裂頭条虫 (改訂履歴)、唾石 (改訂履歴)、低位舌 (改訂履歴)、無精子症 (改訂履歴)、ライソゾーム病 (改訂履歴)、弾力繊維性仮性黄色腫 (改訂履歴)、毛細血管拡張性運動失調症 (改訂履歴)、舌小帯短縮症 (改訂履歴)、マラスムス (改訂履歴)、血栓性静脈炎 (改訂履歴)、乳房外ページェット病 (改訂履歴)、鉄欠乏症 (植物) (改訂履歴)、赤痢 (改訂履歴)、ムコ多糖症 (改訂履歴)、腺房細胞癌 (改訂履歴)、胼胝 (改訂履歴)、脊髄小脳変性症 (改訂履歴)、カルシウム欠乏症 (植物) (改訂履歴)、接触恐怖症 (改訂履歴)、肝性脳症 (改訂履歴)、血清反応陰性関節炎 (改訂履歴)、ウェルニッケ脳症 (改訂履歴)、虫垂癌 (改訂履歴)、煙突掃除人癌 (改訂履歴)、陰茎癌 (改訂履歴)、プラーガ (改訂履歴)、ペルテス病 (改訂履歴)、致死性家族性不眠症 (改訂履歴)、コケイン症候群 (改訂履歴)、高カリウム血症 (改訂履歴)、腸管出血性大腸菌 (改訂履歴)、ミトコンドリア病 (改訂履歴)、肥満 (改訂履歴)、甲状腺機能亢進症 (改訂履歴)、ブラキシズム (改訂履歴)、膣内射精障害 (改訂履歴)、マールブルグ熱 (改訂履歴)、小児脳幹部グリオーマ (改訂履歴)、水銀中毒 (改訂履歴)、遠位型ミオパチー (改訂履歴)、シアン化カリウム (改訂履歴)、インスリン抵抗性 (改訂履歴)、悪性リンパ腫 (改訂履歴)、シアン化金(I)カリウム (改訂履歴)、上顎洞癌 (改訂履歴)、アーノルド・キアリ奇形 (改訂履歴)、神経線維腫症1型 (改訂履歴)、痙性斜頸 (改訂履歴)、言語障害 (改訂履歴)、D型肝炎 (改訂履歴)、しもやけ (改訂履歴)、構音障害 (改訂履歴)、血管脂肪腫 (改訂履歴)、スカイス (改訂履歴)、霊術 (改訂履歴)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 (改訂履歴)、脊髄空洞症 (改訂履歴)、脂肪腫 (改訂履歴)、横川吸虫 (改訂履歴)、三叉神経痛 (改訂履歴)、ホスゲン (改訂履歴)、特発性正常圧水頭症 (改訂履歴)、前立腺肥大症 (改訂履歴)、鎌状赤血球症 (改訂履歴)、眼瞼下垂 (改訂履歴)、多発性嚢胞腎 (改訂履歴)、粉瘤腫 (改訂履歴)、ジュベール症候群 (改訂履歴)、ペスト医師 (改訂履歴)、ニパウイルス感染症 (改訂履歴)、ビジュアルスノウ (改訂履歴)、鶏眼 (改訂履歴)、アメーバ赤痢 (改訂履歴)、ゴーシェ病 (改訂履歴)、陰茎折症 (改訂履歴)、人間不信 (改訂履歴)、自臭症 (改訂履歴)、象牙質知覚過敏症 (改訂履歴)、嘔吐恐怖症 (改訂履歴)、レジオネラ症 (改訂履歴)、雷恐怖症 (改訂履歴)、歯内療法学 (改訂履歴)、しゃっくり (改訂履歴)、屈腱炎 (改訂履歴)、農薬中毒 (改訂履歴)、2014年の西アフリカエボラ出血熱流行 (改訂履歴)、メチルマロン酸血症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS