風邪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 風邪 > 風邪の意味・解説 

かぜ【風】

読み方:かぜ

【一】[名]

空気のほぼ水平方向運動風向風速動きを表す。山谷風海陸風のような小規模のものから、中規模季節風大規模な偏西風貿易風などがある。「—が吹く」「涼しい—に当たる」「テントが—をはらむ」

その身に感じられる人々のようす。また、世の中の動きありさま。「浮世の—は冷たい」「娑婆(しゃば)の—」「野党に—が吹く」

寄席芸人用語で、扇子のこと。

多く「風邪」と書く)鼻・のど・気管などのカタル性炎症くしゃみ・鼻水鼻詰まり・のどの痛み・咳(せき)・痰(たん)や発熱頭痛倦怠感(けんたいかん)などの症状がみられ、かぜ症候群ともいう。感冒ふうじゃ。「—をひく」《 冬》「縁談や巷(ちまた)に—の猛(たけ)りつつ/草田男

風習習わし

久方の月の桂も折るばかり家の—をも吹かせてしかな」〈拾遺・雑上〉

【二】接尾名詞に付いて、そぶり、ようす、わざとらしい態度などの意を表す。「先輩—を吹かす」「臆病—に吹かれる

[補説] 書名別項。→風

風の画像

ふう‐じゃ【風邪】

読み方:ふうじゃ

かぜ。感冒。《 冬》

「風邪」に似た言葉

風邪

読み方:カゼkaze

薄着したりして、鼻水がでたり喉が痛くなったりする症状


かぜ 【風邪・感冒】

種々の原因でおこる呼吸器系炎症総称日本では昔、「咳病」といった。江戸時代には「流行風」の語が出てき、社会出来事関連して考えようになった。名力士谷風風邪を引くと、その頃の風邪を「谷風」といい、琉球から使節来た頃の風邪を「琉球風」といった。風邪は風邪の神仕業考えられ入り口大蒜下げたりし(風邪の神臭気を嫌う)、人形流して風邪の神送りなどをした。

風邪

作者秋元康

収載図書君らしくないね
出版社マガジンハウス
刊行年月1989.5
シリーズ名アンアンの本


風邪

作者

収載図書老中医の診察室中医臨床小説
出版社東洋学出版社
刊行年月1999.7


風邪

作者矢橋

収載図書あなたに贈る「安全運転」―交通安全ショートショート
出版社モビリティ文化出版
刊行年月2005.10

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


風邪

作者椰月美智子

収載図書枝付き干し葡萄とワイングラス―超短編を含む短編集
出版社講談社
刊行年月2008.10


風邪

読み方:カゼkaze

頭痛発熱・のどの痛み鼻水くしゃみせき・たんなどの症状全部一部かを呈する病気総称

季節

分類 人事


風邪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 11:58 UTC 版)

風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、原因の80 - 90 %ウイルス上気道感染症であり、主な影響はに現れる[1][2]咽喉副鼻腔喉頭も影響を受ける可能性がある[3]症状はたいてい感染後2日以内に発生する[3]。症状としては、咽頭痛くしゃみ鼻水、鼻閉、頭痛発熱嗄声などが現れる[4][5]。患者の多くは回復まで大抵7 - 10日間を要し[4]、一部の症状は3週間まで継続しうる[6]。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある[4]


注釈

  1. ^ 原文:「Antibiotics should not be used for the treatment of cold symptoms in children or adults.」

出典

  1. ^ a b c d PubMedHealth - Common colds: Overview (Report). アメリカ国立医学図書館. (2014-04-23). http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0072727/. 
  2. ^ a b c Arroll, B (March 2011). “Common cold”. Clinical evidence 2011 (3): 1510. PMC 3275147. PMID 21406124. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3275147/. "Common colds are defined as upper respiratory tract infections that affect the predominantly nasal part of the respiratory mucosa" 
  3. ^ a b c Allan, GM; Arroll, B (18 February 2014). “Prevention and treatment of the common cold: making sense of the evidence.”. CMAJ : Canadian Medical Association 186 (3): 190-9. doi:10.1503/cmaj.121442. PMC 3928210. PMID 24468694. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3928210/. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Common Colds: Protect Yourself and Others”. アメリカ疾病予防管理センター (2015年10月6日). 2016年2月4日閲覧。
  5. ^ a b Eccles R (November 2005). “Understanding the symptoms of the common cold and influenza”. Lancet Infect Dis 5 (11): 718-25. doi:10.1016/S1473-3099(05)70270-X. PMID 16253889. 
  6. ^ Heikkinen T, Järvinen A (January 2003). “The common cold”. Lancet 361 (9351): 51-9. doi:10.1016/S0140-6736(03)12162-9. PMID 12517470. 
  7. ^ a b c 加地正郎 2003, p. 43.
  8. ^ 加地正郎 1985, p. 296.
  9. ^ Eccles 2009, p. 209.
  10. ^ 横浜市衛生研究所:ライノウイルスについて” (日本語). www.city.yokohama.lg.jp. 2018年11月21日閲覧。
  11. ^ Kim, SY; Chang, YJ; Cho, HM; Hwang, YW; Moon, YS (21 September 2015). “Non-steroidal anti-inflammatory drugs for the common cold.”. The Cochrane database of systematic reviews 9: CD006362. doi:10.1002/14651858.CD006362.pub4. PMID 26387658. 
  12. ^ a b c d e f g h i Fashner J, Ericson K, Werner S (2012). “Treatment of the common cold in children and adults”. Am Fam Physician 86 (2): 153-9. PMID 22962927. http://www.aafp.org/afp/2012/0715/p153.html. 
  13. ^ Harris, AM; Hicks, LA; Qaseem, A; High Value Care Task Force of the American College of Physicians and for the Centers for Disease Control and, Prevention (19 January 2016). “Appropriate Antibiotic Use for Acute Respiratory Tract Infection in Adults: Advice for High-Value Care From the American College of Physicians and the Centers for Disease Control and Prevention.”. Annals of Internal Medicine. doi:10.7326/M15-1840. PMID 26785402. 
  14. ^ a b 順天堂大学医学部 2006, p. 49.
  15. ^ a b c d e f Is It a Cold or the Flu? (Report). アメリカ国立アレルギー感染症研究所. (2015-04). https://www.niaid.nih.gov/media/it-cold-or-flu. 
  16. ^ 松永貞一 2007, p. 65.
  17. ^ ジェニファー・アッカーマン 2011, p. 23.
  18. ^ a b Ran L, Zhao W, Wang J, et al. (2018). “Extra Dose of Vitamin C Based on a Daily Supplementation Shortens the Common Cold: A Meta-Analysis of 9 Randomized Controlled Trials”. Biomed Res Int: 1837634. doi:10.1155/2018/1837634. PMC 6057395. PMID 30069463. https://doi.org/10.1155/2018/1837634. 
  19. ^ Palmenberg AC, Spiro D, Kuzmickas R, Wang S, Djikeng A, Rathe JA, Fraser-Liggett CM, Liggett SB (2009). “Sequencing and Analyses of All Known Human Rhinovirus Genomes Reveals Structure and Evolution”. Science 324 (5923): 55-9. doi:10.1126/science.1165557. PMC 3923423. PMID 19213880. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3923423/. 
  20. ^ Eccles 2009, p. 77.
  21. ^ 中込治・神谷茂 共著『標準微生物学』医学書院、2016年1月15日 第12版 第2刷、441ページ
  22. ^ Pelczar (2010). Microbiology: Application Based Approach. p. 656. ISBN 978-0-07-015147-5. https://books.google.com/books?id=xnClBCuo71IC&pg=PA656 
  23. ^ medicine, s cecil. Goldman (24th ed.). Philadelphia: Elsevier Saunders. p. 2103. ISBN 978-1-4377-2788-3. https://books.google.com/books?id=Qd-vvNh0ee0C&pg=PA2103 
  24. ^ a b Rhinovirus Infection”. Medscape Reference (2013年9月13日). 2013年3月19日閲覧。
  25. ^ 中込治・神谷茂 共著『標準微生物学』医学書院、2016年1月15日 第12版 第2刷、469ページ、
  26. ^ 岡部信彦 2008, p. 2.
  27. ^ 『国民百科事典2』平凡社、p70、1961年4月30日初版
  28. ^ a b 加地正郎 2003, p. 194.
  29. ^ Publishing, Harvard Health. “Vitamins A, E, and D tied to fewer colds, lung disorders”. Harvard Health. 2020年12月31日閲覧。
  30. ^ a b c d Allan GM, Arroll B (February 2014). “Prevention and treatment of the common cold: making sense of the evidence”. CMAJ (3): 190-9. doi:10.1503/cmaj.121442. PMC 3928210. PMID 24468694. https://doi.org/10.1503%2Fcmaj.121442. 
  31. ^ 岡部信彦 2008, p. 47.
  32. ^ 松永貞一 2007, p. 72.
  33. ^ a b Hemilä H, Chalker E (January 2013). “Vitamin C for preventing and treating the common cold”. Cochrane Database Syst Re (1): CD000980. doi:10.1002/14651858.CD000980.pub4. PMID 23440782.  ビタミンCによる風邪の予防および治療
  34. ^ Lissiman E, Bhasale AL, Cohen M (November 2014). “Garlic for the common cold”. Cochrane Database Syst Re (11): CD006206. doi:10.1002/14651858.CD006206.pub4. PMID 25386977.  風邪に対するガーリック
  35. ^ Johnston CS, Barkyoumb GM, Schumacher SS (July 2014). “Vitamin C supplementation slightly improves physical activity levels and reduces cold incidence in men with marginal vitamin C status: a randomized controlled trial”. Nutrients (7): 2572-83. doi:10.3390/nu6072572. PMC 4113757. PMID 25010554. https://doi.org/10.3390/nu6072572. 
  36. ^ Cohen S, Doyle WJ, Alper CM, Janicki-Deverts D, Turner RB (January 2009). “Sleep habits and susceptibility to the common cold”. Arch. Intern. Med. (1): 62-7. doi:10.1001/archinternmed.2008.505. PMC 2629403. PMID 19139325. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2629403/. 
  37. ^ Prather AA, Janicki-Deverts D, Hall MH, Cohen S (September 2015). “Behaviorally Assessed Sleep and Susceptibility to the Common Cold”. Sleep (9): 1353-9. doi:10.5665/sleep.4968. PMC 4531403. PMID 26118561. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4531403/. 
  38. ^ Wilder-Smith A, Mustafa FB, Earnest A, Gen L, Macary PA (October 2013). “Impact of partial sleep deprivation on immune markers”. Sleep Med. (10): 1031-4. doi:10.1016/j.sleep.2013.07.001. PMID 23993876. 
  39. ^ Cohen S, Doyle WJ, Turner R, Alper CM, Skoner DP (September 2003). “Sociability and susceptibility to the common cold”. Psychol Sci (5): 389-95. doi:10.1111/1467-9280.01452. PMID 12930466. 
  40. ^ Cohen S, Janicki-Deverts D, Doyle WJ (2015). “Self-Rated Health in Healthy Adults and Susceptibility to the Common Cold”. Psychosom Med (9): 959-68. doi:10.1097/PSY.0000000000000232. PMC 4643389. PMID 26397938. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/26397938/. 
  41. ^ a b ジェニファー・アッカーマン 2011, p. 149.
  42. ^ Sneed RS, Cohen S, Turner RB, Doyle WJ (2012). “Parenthood and host resistance to the common cold”. Psychosom Med (6): 567-73. doi:10.1097/PSY.0b013e31825941ff. PMC 3746028. PMID 22773866. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3746028/. 
  43. ^ Cohen S, Alper CM, Doyle WJ, Treanor JJ, Turner RB (2006). “Positive emotional style predicts resistance to illness after experimental exposure to rhinovirus or influenza a virus”. Psychosom Med (6): 809-15. doi:10.1097/01.psy.0000245867.92364.3c. PMID 17101814. 
  44. ^ ジェニファー・アッカーマン 2011, p. 167.
  45. ^ a b c d e f g h i j an Driel ML, Scheire S, Deckx L, Gevaert P, De Sutter A (October 2018). “What treatments are effective for common cold in adults and children?”. BMJ: k3786. PMID 30305295.  Figure 1に図形式で鼻症状のまとめ。
  46. ^ Rakel DP, Hoeft TJ, Barrett BP, Chewning BA, Craig BM, Niu M (2009). “Practitioner empathy and the duration of the common cold”. Fam Med (7): 494-501. PMC 2720820. PMID 19582635. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/19582635/. 
  47. ^ Rakel D, Barrett B, Zhang Z, et al. (December 2011). “Perception of empathy in the therapeutic encounter: effects on the common cold”. Patient Educ Couns (3): 390-7. doi:10.1016/j.pec.2011.01.009. PMC 3107395. PMID 21300514. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/21300514/. 
  48. ^ 加地正郎 2003, p. 120.
  49. ^ a b c d e f g h i 日本医師会 『漢方治療のABC』医学書院〈生涯教育シリーズ28〉、1992年。ISBN 4260175076 
  50. ^ a b 大塚恭男 1996, p. 176.
  51. ^ 大塚恭男 1996, p. 158.
  52. ^ a b 大塚恭男 1996, p. 159.
  53. ^ a b c 大塚恭男 1996, p. 160.
  54. ^ Publishing, Harvard Health. “Common ways to fight the common cold”. Harvard Health. 2020年11月3日閲覧。
  55. ^ Arroll B, Kenealy T (2005). Arroll, Bruce. ed. “Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis”. Cochrane Database Syst Rev (3): CD000247. doi:10.1002/14651858.CD000247.pub2. PMID 16034850. 
  56. ^ 忽那賢志、かぜに抗菌薬の投与はやっぱり不要 日経メディカルオンライン 記事:2018年5月2日
  57. ^ 抗微生物〜手引き 第一版(ダイジェスト版) 厚生労働省
  58. ^ CG69: Respiratory tract infections (self-limiting): prescribing antibiotics (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2008-07). https://www.nice.org.uk/guidance/cg69/. 
  59. ^ 松永貞一 2007, p. 149.
  60. ^ Simasek M, Blandino DA (2007). “Treatment of the common cold”. American Family Physician 75 (4): 515-20. PMID 17323712. http://www.aafp.org/afp/20070215/515.html. 
  61. ^ Eccles 2009, p. 218.
  62. ^ a b c 加地正郎 2003, p. 115.
  63. ^ 岡部信彦 2008, p. 38.
  64. ^ Goto M, Kawamura T, Shimbo T, Takahashi O, Ando M, Miyaki K, Nohara T, Watanabe H, Suzuki I, Aono M (2007). “Influence of loxoprofen use on recovery from naturally acquired upper respiratory tract infections: a randomized controlled trial”. Intern. Med. 46 (15): 1179-86. PMID 17675766. 
  65. ^ 松永貞一 2007, p. 56.
  66. ^ 松永貞一 2007, p. 166.
  67. ^ “「風邪による咳に効く薬はない」米学会が見解”. CareNet. (2017年12月8日). https://www.carenet.com/news/general/hdn/45060 2018年6月1日閲覧。 
  68. ^ Maggini S, Beveridge S, Suter M (2012). “A combination of high-dose vitamin C plus zinc for the common cold”. J. Int. Med. Res. (1): 28-42. doi:10.1177/147323001204000104. PMID 22429343. 
  69. ^ Singh M, Singh M, Jaiswal N, Chauhan A (August 2017). “Heated, humidified air for the common cold”. Cochrane Database Syst Re: CD001728. doi:10.1002/14651858.CD001728.pub6. PMID 28849871. https://www.cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD001728.pub5/full. 
  70. ^ a b 野口晴哉 1987, p. 135.
  71. ^ 本山荻舟『飲食事典』平凡社、p124、昭和33年12月25日発行
  72. ^ 「病気を治す医学事典」p351 主婦の生活社 1999年12月6日1刷
  73. ^ 『最新 家庭の医学百科』p405 主婦と生活社、2003年
  74. ^ 野口晴哉 1987, p. 94-101.
  75. ^ 野口晴哉 1987, p. 28-33.
  76. ^ 野口晴哉 1987, p. 135-145.
  77. ^ 順天堂大学医学部 2006, p. 48.
  78. ^ 加地正郎 2003, p. 151.
  79. ^ 新型コロナウイルスを防ぐには (PDF)”. 厚生労働省. 2020年8月2日閲覧。



風邪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 10:22 UTC 版)

摩訶摩訶」の記事における「風邪」の解説

時々攻撃できなくなる。

※この「風邪」の解説は、「摩訶摩訶」の解説の一部です。
「風邪」を含む「摩訶摩訶」の記事については、「摩訶摩訶」の概要を参照ください。


風邪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 02:36 UTC 版)

松本亨の株式必勝学II」の記事における「風邪」の解説

自分および妻と子発生。「風邪を引いた」と訴える。この場合、街の病院へ行く必要があり、行かないHPがどんどん下がってしまう。妻と子の場合は連れ出して病院へ行く必要がある

※この「風邪」の解説は、「松本亨の株式必勝学II」の解説の一部です。
「風邪」を含む「松本亨の株式必勝学II」の記事については、「松本亨の株式必勝学II」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「風邪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風邪

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:56 UTC 版)

名詞

ふうじゃ、かぜ)

  1. かぜ病名「かぜ」の漢字表記、熟字訓
  2. ふうじゃかぜのやまい感冒

「風邪」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



風邪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

風邪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風邪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風邪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの摩訶摩訶 (改訂履歴)、松本亨の株式必勝学II (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風邪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS