発熱とは?

はつ ねつ [0] 【発熱】

( 名 ) スル
熱を発散または発生すること。 「 -体」
体温が異常に高くなること。 「風邪で-する」
「発熱」に似た言葉
  熱発


発熱

【仮名】はつねつ
原文fever

体温正常値摂氏37度)を超えて上昇することで、通常疾患原因である。

発熱

【英】:Pyrexia

手で触れ時の感覚で、明らかに体表温度が高いと認められるもの。
血管拡張による皮膚、尾、舌、耳、足蹠結膜嚢の紅潮自律神経中枢神経系の異常、肺・心不全心拍出量および呼吸数増加などにより起こる。
マウスラットウサギイヌサル  程度

発熱

作者

収載図書老中医の診察室中医臨床小説
出版社東洋学出版社
刊行年月1999.7


発熱

作者米山公啓

収載図書隠された病歴
出版社双葉社
刊行年月2000.4

収載図書病魔棲む
出版社双葉社
刊行年月2003.1
シリーズ名双葉文庫


発熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 04:44 UTC 版)

発熱(はつねつ、fever)とは、病気疾患に伴う症状の一つ。医療の場などにおいてはしばしば熱発(ねっぱつ)とも呼ばれる。


  1. ^ a b c An introduction to clinical emergency medicine (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. (2012). p. 5. ISBN 9780521747769. 
  2. ^ a b c “Temperature management in acute neurologic disorders”. Neurol. Clin. 26 (2): 585–603, xi. (May 2008). doi:10.1016/j.ncl.2008.02.005. PMID 18514828. 
  3. ^ a b c d Section on Clinical Pharmacology and, Therapeutics; Committee on, Drugs; Sullivan, JE; Farrar, HC (March 2011). “Fever and antipyretic use in children.”. Pediatrics 127 (3): 580–7. doi:10.1542/peds.2010-3852. PMID 21357332. 
  4. ^ a b c d Richardson, M; Purssell, E (September 2015). “Who's afraid of fever?”. Archives of Disease in Childhood 100 (9): 818–20. doi:10.1136/archdischild-2014-307483. PMID 25977564. 
  5. ^ An introduction to clinical emergency medicine (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. (2012). p. 401. ISBN 9780521747769. 
  6. ^ Fever”. MedlinePlus (2014年8月30日). 2009年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月閲覧。
  7. ^ Kiekkas, P; Aretha, D; Bakalis, N; Karpouhtsi, I; Marneras, C; Baltopoulos, GI (August 2013). “Fever effects and treatment in critical care: literature review.”. Australian Critical Care 26 (3): 130–5. doi:10.1016/j.aucc.2012.10.004. PMID 23199670. 
  8. ^ Schaffner, A (March 2006). “[Fever--useful or noxious symptom that should be treated?].”. Therapeutische Umschau. Revue therapeutique 63 (3): 185–8. doi:10.1024/0040-5930.63.3.185. PMID 16613288. 
  9. ^ Niven, DJ; Stelfox, HT; Laupland, KB (June 2013). “Antipyretic therapy in febrile critically ill adults: A systematic review and meta-analysis.”. Journal of critical care 28 (3): 303–10. doi:10.1016/j.jcrc.2012.09.009. PMID 23159136. 
  10. ^ Marx, John (2006). Rosen's emergency medicine: concepts and clinical practice. Mosby/Elsevier. p. 2239. ISBN 978-0-323-02845-5. 
  11. ^ “Hypothermia therapy after traumatic brain injury in children”. N. Engl. J. Med. 359 (11): 1179–80. (September 2008). doi:10.1056/NEJMc081418. PMID 18788094. 
  12. ^ a b Laupland KB (July 2009). “Fever in the critically ill medical patient”. Crit. Care Med. 37 (7 Suppl): S273–8. doi:10.1097/CCM.0b013e3181aa6117. PMID 19535958. 
  13. ^ “Dantrolene in the treatment of MDMA-related hyperpyrexia: a systematic review”. CJEM 12 (5): 435–442. (September 2010). PMID 20880437. "Dantrolene may also be associated with improved survival and reduced complications, especially in patients with extreme (≥ 42°C) or severe (≥ 40°C) hyperpyrexia" 
  14. ^ Sharma HS, ed (2007). Neurobiology of Hyperthermia (1st ed.). Elsevier. pp. 175–177, 485. ISBN 9780080549996. https://books.google.com/books?id=Vk1UTlmEwrQC&pg=485#v=onepage&q=hyperpyrexia%20core%20temperature&f=false 2016年11月19日閲覧. "Despite the myriad of complications associated with heat illness, an elevation of core temperature above 41.0°C (often referred to as fever or hyperpyrexia) is the most widely recognized symptom of this syndrome." 
  15. ^ Matsumura et al., J. Neurosci. 18:6279-6289 (1998).
  16. ^ Nakamura et al., J. Neurosci. 22:4600-4610 (2002).
  17. ^ Nakamura et al., Eur. J. Neurosci. 22:3137-3146 (2005).
  18. ^ Nagashima et al., Auton. Neurosci. 85:18-25 (2000).
  19. ^ 成人の発熱 MSDマニュアル家庭版
  20. ^ a b Fever”. Medline Plus Medical Encyclopedia. U.S. National Library of Medicine. 2009年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月20日閲覧。
  21. ^ What To Do If You Get Sick: 2009 H1N1 and Seasonal Flu”. Centers for Disease Control and Prevention (2009年5月7日). 2009年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月1日閲覧。
  22. ^ Drewry, Anne M.; Ablordeppey, Enyo A.; Murray, Ellen T.; Stoll, Carolyn R. T.; Izadi, Sonya R.; Dalton, Catherine M.; Hardi, Angela C.; Fowler, Susan A. et al. (February 2017). “Antipyretic Therapy in Critically Ill Septic Patients”. Critical Care Medicine: 1. doi:10.1097/CCM.0000000000002285. PMC: 5389594. PMID 28221185. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5389594/. 
  23. ^ a b “Efficacy and safety of acetaminophen vs ibuprofen for treating children's pain or fever: a meta-analysis”. Arch Pediatr Adolesc Med 158 (6): 521–6. (June 2004). doi:10.1001/archpedi.158.6.521. PMID 15184213. 
  24. ^ “Paracetamol and ibuprofen for the treatment of fever in children: the PITCH randomised controlled trial”. Health Technol Assess 13 (27): iii–iv, ix–x, 1–163. (May 2009). doi:10.3310/hta13270. PMID 19454182. 
  25. ^ “Systematic review and meta-analysis of the clinical safety and tolerability of ibuprofen compared with paracetamol in paediatric pain and fever”. Curr Med Res Opin 25 (9): 2207–22. (September 2009). doi:10.1185/03007990903116255. PMID 19606950. 


「発熱」の続きの解説一覧

発熱

出典:『Wiktionary』 (2011/04/15 04:58 UTC 版)

名詞

はつねつ

  1. 物体する反応
  2. 病気などで体温上がること。

発音

は↗つねつ

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
発熱-する



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発熱」の関連用語

発熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2019 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS