自然治癒力とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 自然治癒力の意味・解説 

自然治癒力

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

自然治癒力

作者米山公啓

収載図書幻想病院
出版社双葉社
刊行年月2001.1
シリーズ名双葉文庫


自然治癒力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 02:11 UTC 版)

自然治癒力(しぜんちゆりょく、ラテン語 vis medicatrix naturae、英語: spontaneous remission)とは、人間動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のこと。「自己治癒力」とも呼ばれる。


  1. ^ Grube, C. M. A (1954) “Greek medicine and the Greek genius” Phonix 8 123-135 JSTOR
  2. ^ Neuburger, M. (1944) "An Historical Survey of the Concept of Nature from a Medical Viewpoint" Isis 35 (1): 16–28 JSTOR
  3. ^ a b c 中川美典 著『自然治癒力の不思議』メディア総合研究所、2002年、243頁
  4. ^ a b 『自然治癒力の不思議』、244頁
  5. ^ 米山公啓『自然治癒力のミステリー』p.10
  6. ^ 一般社団法人日本呼吸器学会 かぜ症候群 [1]
  7. ^ 『自然治癒力のミステリー』p.11
  8. ^ Wired
  9. ^ 『自然治癒力のミステリー』p.186-188
  10. ^ 中川美典『自然治癒力の不思議』、31頁
  11. ^ 『自然治癒力の不思議』、31-32頁
  12. ^ 『自然治癒力の不思議』、32頁
  13. ^ 『自然治癒力の不思議』、202頁
  14. ^ a b c d e f g 中川美典 著『自然治癒力の不思議』メディア総合研究所、2002年、95頁
  15. ^ (『自然治癒力の不思議』、95頁)
  16. ^ 昔から壊血病の人は、負傷した際に未治癒になってしまう人が多いこと、また壊血病はビタミンC欠乏が原因であることが知られていた。これらの因果関係については1926年にウォルバックによって証明された。(『自然治癒力の不思議』、98頁)
  1. ^ 米山公啓の『自然治癒力のミステリー』が書かれたのは1998年のことであり、この当時、この書物に書かれていたとおりのことが、実際に日本の医療現場では横行していた。日本では、抗生物質の過剰処方を自身が行ってしまっていることに気付いていない医師が多かった。その後、幾名もの善意の勇気ある医師によって抗生物質の過剰処方に関する厳しい指摘が続いた。そうした指摘が続いたおかげで、ようやく、日本の医師会もそうした不適切な行為が横行している状態について反省せざるを得なくなり、放置できなくなった。(ようやく、遅まきながらのことであるが)その後、かぜ症候群と鑑別されて抗生物質が安易に投与されることは減少しており、投与される薬は高熱の場合の対症療法としての解熱鎮痛剤が大半である、と日本呼吸器学会はサイトで主張し。[6](自分が属する集団について反省を行い、厳しい指摘をした米山公啓らとは異なり、呼吸器学会は、過去の自分たちの過ちについてはっきり記述せず、都合の良い記述だけを書く、という医療界にありがちなパターンの記述でお茶を濁した。)


「自然治癒力」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自然治癒力」の関連用語

自然治癒力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自然治癒力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然治癒力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS