マクロファージとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > マクロファージ > マクロファージの意味・解説 

マクロファージ【macrophage】


抗原提示マクロファージ

同義/類義語:大食細胞, マクロファージ, 抗原提示細胞
英訳・(英)同義/類義語:antigen-presenting macrophage, macrophage

白血球の中の単球から分化した細胞で、強い食作用をもち体内異物や死細胞除去する。また、取り込んだ異物一部抗原としてMHCタンパク結合した状態で細胞膜外に提示し、これを認識したT細胞活性化する

抗原提示細胞

同義/類義語:マクロファージ, 樹状細胞
英訳・(英)同義/類義語:antigen-presenting cell, Dendritic cells

白血球の中の単球から分化したマクロファージや樹状細胞で、体内異物や死細胞除去する。また、取り込んだ異物一部抗原としてMHCタンパク結合した状態で細胞膜外に提示し、これを認識したT細胞活性化する

マクロファージ

Macrophage

【概要】 日本語では大食細胞体内侵入してきた異物に対して最初に反応して駆けつけ、処理する細胞パックリ飲み込むように取りこんでしまうのでこの名前がついた。かみ砕いた侵入物の情報抗原としてリンパ球知らせる(抗原提示細胞)。 

【詳しく】 警察例えれば駐在所警官似ている。もともとは骨髄生まれ白血球の中の単球局所に住み着いたもの表面にはCD4抗原少量もっており、HIV感染する。HIV初感染場合HIVCD4リンパ球よりもマクロファージの方が初期には好きなようだ。ただHIVが増えてもマクロファージは死なないので、HIV製造所貯蔵庫になってしまう。

《参照》 ヘルパーT細胞単球免疫抗原提示細胞


マクロファージ

【仮名】まくろふぁーじ
原文macrophage

白血球一種で、微生物取り込んで殺傷する、死んだ細胞除去する、他の免疫系細胞刺激する、などの働き担っている

マクロファージ(Macrophage)

貪食能をもつ巨大白血球細菌などの微生物炎症によって生じた組織遺残物などを取り込んで処理する。

マクロファージ

免疫担当細胞一つ大型分葉しない持ち多く骨髄から由来する。末梢血中(単球)、リンパ組織肺胞腹腔皮膚ランゲルハンス細胞)、肝臓クッパー細胞)、骨(破骨細胞)、神経神経膠細胞)などに分布する。外来から侵入した異物老廃化した組織細胞内に取り込み処理する。抗原提示細胞としても重要な役割を果たすIL-1IL-6IL-12、などのサイトカインプロスタグランジンE2などを産生する。

マクロファージ [Macrophage]


マクロファージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 12:08 UTC 版)

マクロファージ(Macrophage, MΦ)は白血球の1種。生体内をアメーバ様運動する遊走性[1]食細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物捕食して消化し、清掃屋の役割を果たす[1]。とくに、外傷炎症の際に活発である[1]。また抗原提示細胞でもある。免疫系の一部を担い、免疫機能の中心的役割を担っている。 名称は、ミクロファージ(小食細胞)に対する対語(マクロミクロ)として命名されたが、ミクロファージは後に様々な機能を持つリンパ球などとして再分類されたため、こちらのみその名称として残った。大食細胞大食胞組織球ともいう[1]




  1. ^ a b c d e 新井康允 「マクロファージ」日本大百科全書小学館https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B8-135969#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.292019年7月30日閲覧 
  2. ^ 食細胞”. マイペディア日立ソリューションズ. コトバンク (2010年5月). 2013年3月1日閲覧。
  3. ^ http://www.tmd.ac.jp/mri/koushimi/shimin/ooteki.pdf 市民公開講座_20180223 からだをまもる免疫の研究
  4. ^ 宮坂昌之ほか『標準免疫学』、医学書院、第3版、2016年2月1日 第3版 第2刷、343ページ
  5. ^ 宮坂昌之ほか『標準免疫学』、医学書院、第3版、2016年2月1日 第3版 第2刷、343ページ


「マクロファージ」の続きの解説一覧



マクロファージと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マクロファージ」の関連用語

マクロファージのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マクロファージのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2021 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2021 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマクロファージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS