誘引とは? わかりやすく解説

ゆう‐いん〔イウ‐〕【誘引】

読み方:ゆういん

[名](スル)誘い入れること。「観光客を—する」


誘引

バルブ花茎ステム)が倒れるのを防ぐために、支柱ビニタイなどで目的位置まで導くこと。
※「誘因」と誤記され場合があるので、注意を要する

誘引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 07:40 UTC 版)

送粉者」の記事における「誘引」の解説

花の色形状香りなどによって、離れた場所にいる送粉者働きかけて呼び寄せる

※この「誘引」の解説は、「送粉者」の解説の一部です。
「誘引」を含む「送粉者」の記事については、「送粉者」の概要を参照ください。


誘引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 14:45 UTC 版)

生物発光」の記事における「誘引」の解説

生物発光は、獲物を誘うルアーとして、チョウチンアンコウなどの深海魚使用されている魚の頭部から伸びた誘引突起背鰭変形したもの)を揺らすことで、小魚甲殻類攻撃範囲内に引きつけるのである。ただし、ルアー発光しない場合もある。 ダルマザメ生物発光擬態使用しているが、下腹部一部のみを暗いままに残してあり、大型の捕食に対し小さな魚の影に見せかけている可能性がある。それらが「小さな魚」を捕食しようと近寄ってきたとき、ダルマザメ体の一部分を食べられるのである渦鞭毛藻類は、生物発光ひねった使い方をしている。捕食者であるプランクトン水流により感知したとき、渦鞭毛藻発光する。これは、さらに大き捕食者引きつけ渦鞭毛藻天敵捕食するように仕向けるのである生物発光は、交配相手誘引する機能も持つ。これはホタル行動見られ断続的な発光腹部から発せられ、交配相手引きつける行動繁殖期見られる海中では、甲殻類貝虫亜綱行動のみが詳しく記録されている。これは、長距離の伝達にはフェロモン使用し短距離においては発光によって目標表していると思われている。

※この「誘引」の解説は、「生物発光」の解説の一部です。
「誘引」を含む「生物発光」の記事については、「生物発光」の概要を参照ください。


誘引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 07:54 UTC 版)

ラクトースオペロン」の記事における「誘引」の解説

ラクトースオペロンアクチベーターであるサイクリックAMP cyclic-AMPcAMPガラクトースアラニンなど、他のオペロンでも正の制御をおこなう。この効果はほかのタンパク質複合体結合することで発揮される。このタンパク質一つはカタボライト活性化タンパク質 catabolite activator proteinCAP (サイクリック-AMP受容体タンパク質 cyclic-AMP receptor proteinCRP とも呼ばれる)。 CAPcAMPどのようにラクトースオペロン活性化させるだろうか。これらは、プロモーターの-35ボックスすぐ上流にあるアクチベーター結合部位 activator-binding site であるCAP結合部位にCAP-cAMP複合体結合することで、転写実行するRNAポリメラーゼプロモーター引き寄せる。これを誘引 recruitment という。ラクトースガラクトース、およびアラニンオペロンのアクチベーター結合部位全てTGTGA配列を含む。硫酸ジメチルにさらす実験で、結合したCAP-cAMP複合体グアニンメチル化から保護するためこの重要性うかがえる。すなわち、特に配列中のグアニン強く結合するのだ。 誘引には次の2つ段階がある。(1)閉鎖型複合体形成補助(2)開放型複合体への移行補助。ウィリアム・マクルーア William McClure はこの過程を以下の式にまとめた。 R + P ⇆ R P cR P 0 {\displaystyle R+P\leftrightarrows RP_{c}\longrightarrow RP_{0}} RはRNAポリメラーゼ、PはプロモーターRPc閉鎖型複合体、RP0は開放型複合体である。前反応平衡定数KB、後反応反応速度定数k2だ。マクルーア各反応速度識別する測定法開発し結果、CAP-cAMP複合体KB増大させることを確認した。 誘引の際、CAP-cAMP複合体RNAポリメラーゼ結合する直接の連結部位はCAP活性化領域I activation region I:ARIRNAポリメラーゼαサブユニットカルボキシ末端ドメイン αCTD だ。転写開始する段のRNAポリメラーゼ(ホロ酵素)はαサブユニットを2分子含むが、一つはDNAにのみ、もう一つDNACAP両方結合する前者をαCTDDNAと、後者をαCTDCAP,DNAと書き表す。CAP-cAMP複合体は(単独でも)DNAを約100°折り曲げる。おそらく、タンパク質DNAとの最適な相互作用欠かせないのだろう。 誘引の開始大腸菌においてグルコース濃度低下決まるが、グルコース細胞内輸送するホスホエノールピルビン酸依存性糖リン酸転移酵素系の酵素IIIがその命令を下す。不足時にこの酵素ホスホエノールピルビン酸由来リン酸基転移させる受け取ったアデニル酸シクラーゼアデノシン三リン酸cAMP変換しCAP複合体を成すようその細胞内濃度高める。真核生物ではこれと似たシグナル伝達機構アデニル酸シクラーゼシグナル伝達経路を持つ。そこではcAMPなどがセカンドメッセンジャーとして活躍する。 CAP-cAMP複合体正の制御を行うことを証明したのはアイラ・パスタンだった。複合体解離定数を1~2×10-6 Mと測定したが、この実験cAMPへの結合が約10分の1であるCAP変異体単離した。この変異体細胞cAMP与えた結果では、βガラクトシダーゼ産生野生型に比べ明らかに劣っている。しかし、この変異体抽出物野生型CAP添加してところ、約3倍促進されたため正の制御機能断定された。 CAPおよびcAMPが働くオペロンでは一般にプロモーターは非常に弱い。-35ボックス共通配列に似ていなく、ほとんどは共通配列として認識できない。これは活性化因子役割維持するためで、もし強いプロモーターがあるなら十分なグルコース存在下でも無意味な転写引き起こすだろう。そのような変異体実際にあり(例えラクトースUV5プロモーター)、負の制御無視する

※この「誘引」の解説は、「ラクトースオペロン」の解説の一部です。
「誘引」を含む「ラクトースオペロン」の記事については、「ラクトースオペロン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誘引」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「誘引」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

誘引のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誘引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの送粉者 (改訂履歴)、生物発光 (改訂履歴)、ラクトースオペロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS