薬剤とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 薬剤 > 薬剤の意味・解説 

やく‐ざい【薬剤】

読み方:やくざい

薬品薬物。くすり。特に、使用目的に合わせて薬物調製したもの。「害虫駆除のため―を散布する


薬品

(薬剤 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 09:14 UTC 版)

(やくひん)とは、精製あるいは配合されて何らかの用途に利用可能な状態とした化学物質のこと。特に剤形が整えられた場合は(やくざい)という。




「薬品」の続きの解説一覧

薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 04:48 UTC 版)

慢性静脈不全」の記事における「薬剤」の解説

Oxerutin - ルチン誘導体海外販売名はParovenやRelvène、Venorutonがある。一部症状改善効果があるとされる英国でのParovenの適応浮腫となっている。 ドベシル酸カルシウム英語版

※この「薬剤」の解説は、「慢性静脈不全」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「慢性静脈不全」の記事については、「慢性静脈不全」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 01:23 UTC 版)

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の記事における「薬剤」の解説

一般名商品名)という形式列挙するミルナシプラントレドミン)、適応うつ病・うつ状態デュロキセチンサインバルタ)、適応は、うつ病・うつ状態に加え糖尿病性神経障害線維筋痛症慢性腰痛症に伴う疼痛ベンラファキシンイフェクサー)、適応うつ病・うつ状態日本国外 ネファゾドン英語版)(サーゾーン)

※この「薬剤」の解説は、「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の記事については、「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 03:58 UTC 版)

フェノプロフェン」の記事における「薬剤」の解説

フェノプロフェン医薬品として利用されることもある。フェノプロフェンプロピオン酸系NSAIDs1種であり、他の一般的なNSAIDsと同様に、ヒトなどの生体内シクロオキシゲナーゼCOX1とCOX2両方)を阻害するこのためプロスタグランディン類の合成阻害され炎症抑え、また解熱作用も持つ。ただし、このため他の一般的なNSAIDsと同様胃腸障害などの副作用発生し得る。また、これは当然ながら過量フェノプロフェン使用した場合は、さらなる有害な作用出現し、それは使用後数時間以内現れてくる。その他、個体によっては過剰投与でなくとも本剤への過敏症などによる症状起こり得る無論本剤過敏症を示す者への投与禁忌である。

※この「薬剤」の解説は、「フェノプロフェン」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「フェノプロフェン」の記事については、「フェノプロフェン」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 01:09 UTC 版)

ドーパミン」の記事における「薬剤」の解説

ドーパミン関係する薬剤には以下のようなものがある抗精神病薬は、主にドーパミンD2受容体遮断することで効果発現する抗パーキンソン病薬ほとんどはドーパミン前駆体であったりドーパミン受容体刺激したりすることでドーパミン作動性に働くことで効果発現する末梢において作用するもの ドーパミンイノバン、カタボン):急性循環不全治療薬 ドーパミン作動薬アゴニストL-ドーパ(ドパストン)、L-ドパ・カルビドパ配合剤(ネオドパストン)、カベルゴリン(カバサール)、ブロモクリプチンパーロデル)、ケタミンケタラール)、メマンチンメマリー)、アマンタジンシンメトレル)、メチルフェニデートリタリンコンサータ)、アンフェタミンAdderall)、メタンフェタミンコカインジゾシルピンMK-801)など。 ドーパミン部分作動薬パーシャルアゴニストアリピプラゾールエビリファイ)、フェンサイクリジンPCP)など。 ドーパミン拮抗剤アンタゴニスト抗精神病薬クロルプロマジンハロペリドールオランザピンなど) ドーパミン放出阻害剤 ミノサイクリンミノマイシン) その他 スルピリド

※この「薬剤」の解説は、「ドーパミン」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「ドーパミン」の記事については、「ドーパミン」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 15:21 UTC 版)

第二世代抗ヒスタミン薬」の記事における「薬剤」の解説

以下は日本において「抗ヒスタミン剤」に分類される成分名横に処方箋医薬品続いて一般用医薬品のみの例も挙げるメキタジン商品名ゼスラン、ニポラジン)(1983年発売) - 単剤のストナリニ・ガード(第2類医薬品佐藤製薬)、後は配合剤に以下がある。ポジナールM錠(第2類医薬品廣昌堂)、アルガード鼻炎(同、ロート製薬)、パブロンAG錠(同、大正製薬以下は日本において「その他のアレルギー」に分類される発売日(世界)は、日本に限らず販売開始された年。添付文書情報確認発売日(世界)発売日(日本)一般名処方箋医薬品(先発医薬品)一般用医薬品 1983年 ケトチフェン ザジテン ザジテンALグラクソ・スミスクライン1986年 アゼラスチン アゼプチン スルーロンAL協和薬品1987年 オキサトミド セルテクト 1990年(2001年販売終了) テルフェナジン トリルダン 1993年 1993年 エメダスチン ダレン、レミカット なし 1994年 1994年 エピナスチン アレジオン アレジオンエスエス製薬1996年 エバスチン エバステル エバステルAL興和1986年 1998年 セチリジン ジルテック コンタック鼻炎Z(グラクソ・スミスクライン)、ストナリニZ(佐藤製薬2000年 2000年 ベポタスチン タリオン タリオンR(田辺三菱製薬1996年 2000年 フェキソフェナジン アレグラ アレグラFX久光製薬)、ノスポール鼻炎FX協和薬品)ほか 1996年 2001年 オロパタジン アレロック、パタノール なし 1987年 2002年 ロラタジン クラリチン クラリチンEX大正製薬2001年1月 2010年12月 レボセチリジン ザイザル 2000年9月 2016年11月 デスロラタジン デザレックス 2010年9月 2016年11月 ビラスチン ビラノア 2017年11月 ルパタジン ルパフィン フェキソフェナジンセチリジンロラタジンなど、眠気副作用が特にあらわれにくい薬剤を「第三世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれることもある。2013年版鼻アレルギー診療ガイドライン』では、第二世代までの記載であり、第三世代といった言及はない。 また、ケトチフェンエメダスチンオロパタジンは、第二世代抗ヒスタミン薬だが、眠気は強い。

※この「薬剤」の解説は、「第二世代抗ヒスタミン薬」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「第二世代抗ヒスタミン薬」の記事については、「第二世代抗ヒスタミン薬」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:29 UTC 版)

薬物」の記事における「薬剤」の解説

詳細は「医薬品」および「薬物分類英語版)」を参照 「薬剤」や「」とは、病気医学的症状治療した改善したするために服用する薬物のことである。また、将来的な効果見込まれる予防医学としての使用もあるが、既存既往病気または症状治療するものではない。薬剤の調合は、政府によって3つのカテゴリー分けて規制されることが多く薬局スーパー特別な制限なく購入できる一般用医薬品」、医師処方箋を必要とせずに薬剤師調合する要指導医薬品」、および資格のある医療従事者通常医師処方箋必要な処方箋医薬品」に分けられるイギリスでは、市販医薬品薬局販売医薬品英語版)と呼ばれ薬剤師または薬剤師監督のもと、登録され薬局でのみ販売することができる。これらの薬剤は、ラベルに文字 P で示されている。 処方箋なしで入手できる範囲は国によって異なる医薬品通常製薬会社によって製造され開発者製造する独占的権利を与えるために特許取得していることが多い。特許取得していない(または特許有効期間切れている)ものは、特許権者からの制限ライセンスなしに他社生産できるため、ジェネリック医薬品呼ばれる

※この「薬剤」の解説は、「薬物」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「薬物」の記事については、「薬物」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/21 02:48 UTC 版)

硬膜外麻酔」の記事における「薬剤」の解説

リドカインメピバカインロピバカインブピバカインなどの局所麻酔薬フェンタニルなどの麻薬また、硬膜外麻酔には局所麻酔薬のほか、オピオイド投与するともできる手術後の硬膜外鎮痛局所麻酔薬併用される。モルヒネ効果発現40分後と遅いが、持続1220時間と長いフェンタニル投与5分効果発現するが、持続は約2時間と短い。どちらも副作用として呼吸抑制悪心・嘔吐掻痒感がある。

※この「薬剤」の解説は、「硬膜外麻酔」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「硬膜外麻酔」の記事については、「硬膜外麻酔」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/22 14:02 UTC 版)

オウルマン (DCコミックス)」の記事における「薬剤」の解説

これにより能力を向上させていると思われる描写がある。

※この「薬剤」の解説は、「オウルマン (DCコミックス)」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「オウルマン (DCコミックス)」の記事については、「オウルマン (DCコミックス)」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 23:42 UTC 版)

オーラルフレイル」の記事における「薬剤」の解説

口腔内に有害事象発生させる薬剤は多い。 抗うつ剤抗不安薬その他精神科薬剤等が引き起こすことの有る口腔乾燥味覚障害などはオーラルフレイルにつながる。

※この「薬剤」の解説は、「オーラルフレイル」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「オーラルフレイル」の記事については、「オーラルフレイル」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 14:29 UTC 版)

挿し木」の記事における「薬剤」の解説

発根促進させる薬剤としては下に挙げるようなものが知られる。 オキシベロン(インドール酪酸) ホルモナイト Hormo-Knight (糖原アミノ酸 Glucogenic amino acid, インドール酢酸誘導体インドール酪酸誘導体)※主に接ぎ木際に使用する薬剤だが挿し木でも有効 ルートン(α-ナフチルアセトアミド)※食用作物には使用しないようにといった旨が取扱説明書にありメーカー自ら注意喚起している。 メネデール二価鉄イオン化合物これらの薬剤は単に発根促進する効果他に挿し穂切り口に膜を張り保護し腐りにくくするなどの効果もあり、特に挿し木難易度が高い植物では相応の効果が期待できる。 管挿しの場合、上部切り取られている挿し穂を使うが、この場合上部切断面トップジンMなどの薬剤を使用することで、切断面からの水分蒸散切り口腐敗などを抑える効果得られる挿し穂下部地面挿す部分)は水平ではなく斜めにカットするV字型にカットする方が良いとされている。これは、挿し穂切断面断面積大きくなるからである根が無い挿し穂切り花のように切断面から水分などを吸い上げることになるが断面積大きくなることで、より効率よく用土から水分吸い上げることが出来挿し木成功率高め効果得られる挿し木使用する用土は、一般に肥料分を含まない用土使用する肥料分を含む用土使用すると、養分補給できてしまうので、今のまま問題ない植物反応してしまい、結果発根妨げになるとされている。ただし発根後は相応の肥料分を与えてやる必要がある

※この「薬剤」の解説は、「挿し木」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「挿し木」の記事については、「挿し木」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:37 UTC 版)

カルシウム拮抗剤」の記事における「薬剤」の解説

カナダ研究者により、マクロライド系抗生物質エリスロマイシンクラリスロマイシンとの併用血中濃度高まりグレープフルーツ果汁と同様低血圧危険なレベルショック引き起こす可能性指摘されている。

※この「薬剤」の解説は、「カルシウム拮抗剤」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「カルシウム拮抗剤」の記事については、「カルシウム拮抗剤」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/17 21:22 UTC 版)

化膿性汗腺炎」の記事における「薬剤」の解説

抗生物質経口投与の場合、感染症治療するためではなく抗炎特性のために使用される。最も効果的なのは、リファンピシンクリンダマイシン組み合わせを 2か月から3か月同時に投与すること。いくつかの一般的な抗生物質には、テトラサイクリンミノサイクリン、およびクリンダマイシン含まれる。す。クリンダマイシン塗布は、二重盲検プラセボ対照試験効果があることが示されている 。 コルチコステロイド注射病巣ステロイドとしても知られていて、洞からの薬物漏出を防ぐことができる場合限局性疾患に特に有用抗アンドロゲン療法スピロノラクトンフルタミド酢酸シプロテロンエチニルエストラジオールフィナステリドデュタステリド、およびメトホルミンなどの抗アンドロゲン薬によるホルモン療法は、臨床研究有効であることがわかっている。ただし、利用可能エビデンスの質低く、現在、堅牢なエビデンス基づ推奨事項考慮していない。 インフリキシマブエタネルセプトなどの抗炎症(抗TNF-α静脈内または皮下注射これらの薬物使用は、現在アメリカ食品医薬品局FDA)によって承認されておらず、やや議論の余地があるため、保険カバーされない場合があるTNF阻害剤研究により、さまざまなTNF阻害剤HS病変良い影響を与えること裏付けられている 。特に、週間隔でのアダリムマブ有用イソトレチノイン塗布通常HS患者には効果がなく、尋常性座瘡治療薬としてより一般的に知られているイソトレチノイン治療反応したHS罹患した個人は、より軽度の症状を示す傾向があった 。

※この「薬剤」の解説は、「化膿性汗腺炎」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「化膿性汗腺炎」の記事については、「化膿性汗腺炎」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 15:41 UTC 版)

チャラカ・サンヒター」の記事における「薬剤」の解説

ドーシャ不均衡は、理(ユクティ, 適正)に基づ薬物、つまり増悪増大したドーシャ反対の性質持った薬剤によって鎮静する述べられている。各ドーシャ性質は、ヴァータ(体風素)は「乾、冷、軽、微、動(チャラ)、清、荒」、ピッタ胆汁素)は「潤、温、激、流動、酸、液(サラ)、辛」、カパ粘液素)は「重、冷、柔、潤、甘、固、粘」であるので、その反対の性質持った薬剤を、適当な場所、量、時間用いると、病気を防ぐことができるとされた。薬剤には3種類あり、ドーシャ鎮静するもの、ダートゥ(体組織, ドーシャ同意語としてのダートゥとは別)を阻害するもの、健康の維持によいものがあり、さらに動物性植物性鉱物性3種類がある。 薬剤の性質としてラサがあり、これは味覚対象である。「甘・酸・鹹(塩辛い)・辛・苦・渋」の6種類で、甘・酸・鹹はヴァータを、渋・甘・苦ピッタを、辛・苦・渋はカパ制圧する激し毒物でも、使い方によっては最良のになり、逆にであっても誤って使うと毒になると注意されている。 『チャラカ・サンヒター』には約1,100種の薬用植物名が見られるが、同義語多く含まれるため、植物の種類自体はこれを大きく下回っている。

※この「薬剤」の解説は、「チャラカ・サンヒター」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「チャラカ・サンヒター」の記事については、「チャラカ・サンヒター」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/27 03:39 UTC 版)

口腔乾燥症」の記事における「薬剤」の解説

口腔乾燥原因の最も一般的なものであり、一般的に処方される薬剤のおよそ80%が口腔乾燥引き起こす考えられている。通常は薬剤の服用中止すれば回復するが、まれに回復しない場合もある。

※この「薬剤」の解説は、「口腔乾燥症」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「口腔乾燥症」の記事については、「口腔乾燥症」の概要を参照ください。


薬剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 20:26 UTC 版)

ユナニ医学」の記事における「薬剤」の解説

アラビア医学代表する医師イブン・スィーナーは、古代ローマ医師ディオスコリデス本草書薬物誌』を基に『医学典範』薬物に関する巻を著し、約811種の生薬収録された。ユナニ医学薬物学は、ギリシャ・ローマ薬物学受け継いで発展しインド医学薬物多く取り入れている。アラビア薬物書に載せられ薬物は、初めは数百種類であったが、最も充実していると言われるイブン・アルバイタール(1188-1248)の本草書には、2,324生薬記載されているユナニ医学使われる生薬80%は植物性であり、動物性鉱物性生薬もある。生薬単体用いられる単純薬剤(Mufradat)と、ガレノス製剤と同様に、数種生薬混ぜた複合薬剤(Murakkabat)がある 。 イブン・ズフルen:Avenzoar, 1091-1162頃)は、調剤医師ではなく薬剤師が行うべきだと考えアラブ世界一般的だった医薬分業強調した12世紀アラビア世界では調剤業務に関する規則定められ薬局監督官置かれるなど、薬局制度基礎確立された医学薬学法律上地位同等とする考え広まり薬学研究進んだ生薬製剤としては、錠剤トローチ剤麝香入り製剤丸剤、ミロバラン練り薬消化剤健胃剤バラスミレ保存剤点眼剤、カルシウムコーティング剤、練り薬一種口中徐々に溶解させる練り薬蜂蜜入り練り薬軟膏剤興奮剤保存剤解毒剤水薬座薬歯磨きなどがある。また、錬金術発達蒸留などの化学技術進んだため、精油芳香蒸留水作られ治療利用された。 性質は、その身体の気質及ぼ作用によって決められ患者投与され時の反応から判断された。「緩和性、熱性寒性湿性乾性これらの増強型である強熱性、強寒性混合型である熱乾性、寒乾性」の9種に分けられている。 緩和性の薬剤を除いた「熱、寒、湿、乾、強熱、強寒、熱乾、寒乾」の性質のものは、体の状況性質影響を与える緩和性を除いた8種類性質は、強さによって4度分けられる第1度 効果感じられない程度おだやかで副作用はない。カモミール熱性第1度)、スペインカンゾウ乾性第1度)、スミミザクラ湿性第1度)、ニオイスミレ寒性第1度)など。 第2度 効果体で感じられる程度にあり、副作用はない。サフラン熱性第2度)、ショウガ乾性第2度)、ヨザキスイレン湿性第2度)、レタス寒性第2度)など。 第3度 第2度より強い効果があり、副作用があっても致死的ではない。カミメボウキ熱性第3度)、スベリヒユ寒性第3度)、ブラッククミン(乾性第3度)、ダイダイ湿性第3度)など。 第4度 第3度より強い効果があり、有毒なものもある。ニンニク熱性第4度)、ケシ寒性第4度)、ホオズキ寒性第4度)、チョウセンアサガオ乾性第4度)など。 このような生薬性質分類は、アラビア世界外でも、中世ヨーロッパ養生書、近世ヨーロッパ本草書見られ現在の欧米ハーブ療法でも一部利用されている。

※この「薬剤」の解説は、「ユナニ医学」の解説の一部です。
「薬剤」を含む「ユナニ医学」の記事については、「ユナニ医学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薬剤」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「薬剤」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



薬剤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤」の関連用語

薬剤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薬剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの慢性静脈不全 (改訂履歴)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 (改訂履歴)、フェノプロフェン (改訂履歴)、ドーパミン (改訂履歴)、第二世代抗ヒスタミン薬 (改訂履歴)、薬物 (改訂履歴)、硬膜外麻酔 (改訂履歴)、オウルマン (DCコミックス) (改訂履歴)、オーラルフレイル (改訂履歴)、挿し木 (改訂履歴)、カルシウム拮抗剤 (改訂履歴)、化膿性汗腺炎 (改訂履歴)、チャラカ・サンヒター (改訂履歴)、口腔乾燥症 (改訂履歴)、ユナニ医学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS