麝香とは?

じゃ‐こう〔‐カウ〕【×麝香】

香料の一。ジャコウジカ分泌物乾燥したもの。漢方では興奮・強心・鎮痙(ちんけい)などに用いる。マスクムスク四味臭


ざ‐こう ‥カウ 【麝香】

〔名〕 麝香鹿(じゃこうじか)の麝香嚢から作った香料じゃこう

宇津保(970‐999頃)内侍督「いろいろの香(かう)は、色をつくして、ざかう・ぢん・丁字


じゃ‐こう ‥カウ 【麝香】

〔名〕

ジャコウジカの雄の下腹部にある鶏卵大の包皮腺香嚢)から得られる香料。紫褐色顆粒芳香きわめて強く強心剤気つけ薬など種々の薬料としても用いられる。四味臭(しみしゅう)。じゃ。紫麝麝香のへそ。ざこう。

大安寺伽藍縁起并流記資財帳天平一九年(747)「合麝香壱斉又壱筒」

今昔1120頃か)二七「麝香の香に染返たり」〔王建‐宮詞一百首・一六

② 「じゃこうじか麝香鹿)」の略。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔後漢書西南夷伝〕

③ 「じゃこうねこ麝香猫)」の略。

蔭凉軒日録永享八年(1436)五月三〇日「毛益麝香絵四幅海門和尚私被進上

[補注]①は、中国古くから医薬仙薬として用いられ、日本にも早くに伝わった。


麝香

読み方:ジャコウ(jakou)

香料一種


麝香(ジャコウ)

麝香
原産地中国ネパール
ヒマラヤ山地帯周辺より、中国シベリア地方広く分布する偶蹄目ジャコウジカ科の雄の分泌物で、下腹部にある香嚢より採取する。縄張りマークや雌を引きつける為の匂いで、そのままでは良い香りとはいえないが、極度薄めると見違える様な香りになる。数少ない動物性香料で、香水その他に幅広く使われ、重要かつ非常に高価強心剤として、六神丸など漢方薬にも多く使われ、特殊な用途としては催淫剤として使われる事もある。一つ香嚢より約30gの麝香がとれるが、これを1kg集めるのに約100頭の麝香鹿を殺さねばならず(罠で雄・雌幼獣無差別捕獲する為)年間頭をも必要とする。当然、絶滅危機に瀕し、近年ワシントン条約により輸入禁止になった。

麝香

作者村松友視

収載図書再会セッション―街の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1996.11


麝香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 08:02 UTC 版)

麝香(じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料生薬の一種である。ムスク: musk)とも呼ばれる。


  1. ^ a b c d e f 林輝明「薬になる動植物:第42回麝香(じゃこう)」『漢方医薬新聞』2010年1月15日、3面。
  2. ^ a b c d 木村孟淳「中国の生薬62:麝香」『月刊漢方療法』第12巻第3号、2008年、 p.p.200-202。
  3. ^ ジャコウジカ保護考えて YOMIURI ONLINE 2013年8月23日
  4. ^ 『救心』処方変更してリニューアルのお知らせ
  5. ^ a b c 北川勲、三川潮ほか『生薬学』廣川書店、1988年10月25日(原著1980年4月10日)、第3版、p.p.324-325。


「麝香」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「麝香」の関連用語

麝香のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麝香のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
香雅堂香雅堂
Copyright (c) 2022Kogado lnc All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麝香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS